阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.12

th_IMG_0080_20161204230851190.jpg


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)は、阿倍野再開に伴いあべの筋の近鉄百貨店前(近鉄前交差点)からあべのベルタ前の阪神高速付近(阿倍野交差点)までの区間の幅員を現在の24mから40mに拡幅する道路改良工事です。また、尼崎平野線近鉄前交差点~旭町1丁目付近(大阪市立大学医学部付属病院西詰)までの区間の各幅工事も進んでいます。




【過去記事】

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10 ~新しい天王寺駅前停留所~

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~軌道の芝生化の準備工事が本格的に始まる!
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~新しい天王寺駅前停留所が姿を現す!

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.08
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.07
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.06
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.05
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.04
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.03
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.01
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.11
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.09
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.07
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.03
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.01
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 14.10
阿倍野筋拡幅工事計画 14.08
阿倍野筋拡幅工事計画 14.07
阿倍野筋拡幅工事計画 14.06
阿倍野筋拡幅工事計画 14.05
阿倍野筋拡幅工事計画 14.04
阿倍野筋拡幅工事計画 14.01
阿倍野筋拡幅工事計画 13.07
阿倍野筋拡幅工事計画 13.04
■追跡取材リスト



※路面電車の軌道敷の緑化とセンターポール化についてはこちらの記事を参考にしてください。
路面電車の軌道敷緑化とセンターポール化


























004_201507271231228d7.jpg



工事区間の配置図です。北側は阿倍野歩道橋から阿倍野交差点を超えたあたりまでとなっています。交差点部分はコンクリート製の軌道敷、専用軌道部は芝生による緑化が行われます。
















003_20150727123120411.jpg



工事区間の断面図です。阪堺電車の線路が西側に移設され、架線柱のセンターポール化も行われます。















th_IMG_0048_20161204230849bbc.jpg


現地の様子です。長らく工事が行われてきた阪堺電気軌道上町線移設工事ですが、2016年12月03日から新線に切り替えられ、芝生化された近代的な軌道敷を路面電車が行き交う、新しい風景が誕生しました!














th_IMG_0054_20161204230848e3d.jpg


センターポール化と軌道敷の芝生化の視覚的な効果は絶大で、近代的なイメージに生まれ変わりました。旧線路の撤去や道路の拡幅工事などの残工事が進むに連れて、より一層スッキリとした感じに変わって行くと思います。















th_IMG_0022_20161204230853b33.jpg


キューズモールから阿倍野筋を見下ろした様子です。北行の車線も1車線拡幅される予定ですが、こちらの工事もかなり進んでいる様に見えました。














th_IMG_0047_20161204230904339.jpg


縦アングルで見た様子です。センターポールの頂部にある白い器具は夜間になると電球色に輝くLED照明でした。














th_IMG_0014_201612042309032f6.jpg


撮影していると、堺トラム(阪堺電気軌道1001形電車)が入線してきました。堺市と国の補助により合計3編成導入された、阪堺電気軌道では初の超低床型車両です。堺トラムは、
富山地方鉄道T100形電車-SANTRAM(サントラム)と同じアルナ車両が開発したリトルダンサーシリーズの派生車両です。












th_IMG_0071_201612042309011a1.jpg


ついに新線に切り替えられた阪堺電気軌道上町線、阿倍野〜天王寺駅前電停区間。近畿圏初となる軌道敷芝生化、センターポール化は視覚的に与えるインパクトが大きく、同エリアのイメージアップに大きく貢献してくれそうです。また、芝生自体もこれから更に成長してさらに緑が深くなり青々としたイメージは一層強くなる事でしょう。残る旧軌道・架線の撤去、道路の拡幅・改良工事が進むとさらに阿倍野のイメージは変わる事でしょう。これからの変化がさらに楽しみになってきました。
関連記事
[ 2016/12/05 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(6)

役割を終えた、旧天王寺駅前停留所と旧線の様子 16.12

th_IMG_0094_201612042252251a0.jpg


2016年12月03日(土)の初発から新しい天王寺駅前電停と、近畿圏初となる軌道敷の芝生化がおなわれた新線への切り替えが行われた阪堺電車。そんな新しい駅舎の側で、人気の無い旧駅舎が目に止まりました。
















th_IMG_0058_20161204225224bf9.jpg


役割を終えた旧線の様子です。こうやってみると、よくこの古い軌道が一昨日まで使われていたなぁ・・・。としみじみと感じました。行き交う電車の騒音や揺れも相当大きかった気がします。














th_IMG_0068_20161204225221823.jpg


この旧軌道はこれから撤去工事が始まり、頭上の架線も撤去されます。その後、阿倍野筋の南行きの車道が拡幅、改良が行われます。














th_IMG_0004_20161204225219da6.jpg



役割を終えひっそりと佇む旧天王寺駅前停留所。落書きだらけの老朽化した駅舎は早晩撤去され、過去帳入りとなる事でしょう。変貌著しい天王寺阿倍野地区の新しいイメージを決定付ける事になる阿倍野筋の拡大改良工事は、ついに終盤戦に突入といった所でしょうか。長い時間を要していますが着実に変化は続いています。
関連記事
[ 2016/12/05 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(2)