北陸新幹線延伸ルートは「小浜―京都案」に決定!

th_001_201612152154053ce.jpg


【出典元】→http://www.yomiuri.co.jp/economy/20161207-OYT1T50122.html 



北陸新幹線の未着工区間である敦賀~大阪間のルート選定を巡り、与党の検討委員会は2016年12月14日、JR西日本が主張してきた「小浜京都ルート」が適切との中間報告を纏めました。小浜~京都ルートの概要は、距離140km、建設費2兆700億円、工期15年、所要時間43分(敦賀~新大阪間)、敦賀~新大阪の料金は5380円(予想)となります。また、京都-新大阪間は判断を先送りし、山間部を通る「北回り」か京都府南部を経由する「南回り」にするかを年度内に決める方針との事です。


【過去記事】
「えちぜん鉄道」が期間限定で北陸新幹線高架を走行中!仮設駅に切り替えられた「えちぜん鉄道」福井駅の状況 
北陸新幹線の大阪延伸に向け、JR西日本が小浜駅と京都駅を通る独自案「小浜・京都ルート」を提案!
富山駅付近連続立体交差事業ーついに開業した北陸新幹線富山駅!
北陸新幹線-金沢駅 15.09(開業後)












th_IMG_0375_2016121522101936e.jpg



北陸新幹線は現在、2022年度の開業を目指し福井〜敦賀間で工事が行われていますが、大阪に至るルートは米原ルート、湖西ルート、小浜ルート、舞鶴ルートと複数のルートが提唱され決まっていませんでした。この宙ぶらりんな状態に非常に危機感を持っていましたが、JR西日本が打ち出した、小浜〜京都〜新大阪ルートにようやく決まりました。
















th_IMG_1248_20161215221017506.jpg


北陸新幹線の敦賀〜新大阪間については、現在のサンダーバードが全国の在来線特急の中でも最大級の輸送量となっており、収益的に見ても、すぐにでも新幹線を建設すべき状態にあります。





【出典元】
東洋経済オンライン>西日本で新たに新幹線が走るのはここだ!

並行する北陸線系統を行く特急列車の本数、総連結両数は敦賀-福井間が78本、606両、福井-金沢間が86本、648本と、両区間とも輸送力はほぼ限界といってよいほどの数値を示した。この区間への北陸新幹線の建設に異論はない。

沿線の自治体などでは北陸新幹線の敦賀-大阪市間の早期着工を訴える。並行する北陸線系統の大阪-敦賀間の特急列車はというと、本数は46本、総連結両数は414両と敦賀-福井-金沢間と比べれば少ないものの、依然として高い数値を示す。北陸新幹線が京阪神圏と福井・石川・富山の各県との間を結ぶことで生じる利便性を考えれば、着工も妥当と思われる。















th_IMG_0393_20161215221021139.jpg



ついに延伸ルートが固まった北陸新幹線の敦賀〜京都間。京都〜新大阪間はまだ結論が先送りされていますが、京都までのルートが決まった事は大変大きな前進だと思います。米原ルートは建設距離、費用面で有利でしたが、東海道新幹線の高密度ダイヤに北陸新幹線が割り込む余地はなく、さらにJR西日本のドル箱である北陸特急の収益がJR東海に移転してしまう事になり、JR西日本としては「無し」の選択だったのでしょう。また、京阪神大都市圏の一大ターミナルである京都をスルーする事も考えられないので、JR西日本は「敦賀〜小浜〜京都ルート」という独自案を出し、結果的にその案に落ち着きました。あとは、新大阪までのルート決定と、ルート詳細、建設期間などの続報が待たれる所です。
関連記事
[ 2016/12/15 22:36 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(33)

IR法案 参院本会議で可決、いよいよカジノを含むIR=統合型リゾート施設整備に道筋が付くか

th_IMG_0069_20161214225407de6.jpg


カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案についての論議が終盤戦を迎えています。政治的な事は書きませんが、いよいよ日本にもカジノを含むIR=統合型リゾート施設が誕生する事になりそうです。IR法案の動向について注視して行きたいと思います。




【出典元】
IR法案 参院本会議で可決 自民は衆院で採決 野党は阻止へ(NHK)
国会は会期末の14日、参議院本会議でカジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案の採決が行われ、自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、衆議院に送り返されました。自民党は国会の会期を再び延長したうえで、衆議院本会議でも法案を採決し、成立させる方針なのに対し、民進党など野党4党は法案の成立を阻止するため、安倍内閣に対する不信任決議案などを提出する方針を示していて、最終盤の与野党の攻防が続いています。
















th_IMG_0073_20161214225409dd8.jpg



大阪府・市は、夢洲を軸とした大阪市内ベイエリアを候補地としてカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を行っており、東京五輪が開催される2020年までの一部開業を目指しています。大阪府・市が考えているIR(統合型リゾート)とは、全体面積の3~5%に過ぎないカジノなどのゲーミング部門が事業全体の50~80%の収益を上げ全体収益の核となることで、劇場やアリーナ、美術館、博物館、国際会議場、展示会といった採算性が不安定なエンターテインメント部門とコンベンション部門(MICE)を支える仕組みの事です。IRの代表的な成功例は、シンガポールのマリーナベイ・サンズが有名で、大阪府・市は大阪ベイエリアにマリーナ・ベイ・サンズに匹敵する巨大IRの誘致が期待されています。


 


関連記事
[ 2016/12/15 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(52)