関西国際空港の2016年、暦年航空旅客数は2523万人で過去最高を記録!総発着回数も17.1万回で過去最高

th_IMG_7489_2017020123124307a.jpg


関西エアポートは2017年1月25日発表のニュースリリースで関西国際空港の航空旅客人数が、前年比9%増の25232279人と過去最高を記録したと発表しました!国際線は外国人が増加し、同15%増の18756086人を記録。国際線利用客数だけで2000万人目前まで迫る伸びを示しました。国内線は同7%減の6476193人となりました。

航空機発着回数は、前年比8%増の177109回と過去最高を記録、国際線が旅客便などが伸びて同15%増の129210回と、開港以来初めて12万回を上回り過去最高になりました。国内線は7%減の47899回と前年を割り込む結果となりました。また、貨物取扱量は同1%増の729085トンでした。


【出典元】
関西エアポートプレスリリース>関西国際空港・大阪国際空港2016 年(平成 28 年)12 月利用状況(速報値)(PDF)
成田国際空港株式会社>成田空港運用状況(PDF)




【過去記事】
関⻄国際空港の2015年度の総旅客数は2,405万人・国際線旅客数は1,727 万人、総発着回数は16.9万回で、いずれも過去最高を記録!
関西国際空港の2015年、暦年航空旅客数は2,321万人で過去最高を記録!総発着回数も16.4 万回で過去最高
関西空港の年間航空旅客数が14年ぶりに 2,000 万人を突破、発着回数、外国人旅客数ともに過去最高を記録 !








th_IMG_0056_201702012312407c6.jpg

試しに関西空港と成田空港、両空港の数字を拾って比較してみました。さすがに成田空港の国際線利用客数は多く3200万人(内通過旅客482万人)を超えています。日本人旅客数がダブルスコアとなっている他、通過旅客数が全く比較にならないほど成田が多いです。ただ、外国人旅客数は成田にグングン迫っており、数年後には逆転する可能性があります。これは一昔前の閑古鳥が泣いていた関西空港の惨状から思うと考えられないほどの成長と言えます。あとは、減少傾向の国内線旅客数をなんとか増やさないと・・・。ついに国内線旅客数は成田に逆転されてしまいました。


<関西国際空港:2016年暦年実績>



■航空旅客数()(対前年比)

25,232,279(109%)



■国 際 線 

18,756,086(115%)


・日本人:
6,376,888(105%)
・外国人:12,166,984(121%)
・通過旅客:212,214(129%)



■国 内 線

6,476,193(93%)




<成田国際空港:2016年暦年実績>



■航空旅客数()(対前年比)

39,053,652(105%)



■国 際 線 

32,049,076(105%)

・日本人:
13,300,606(102%)
・外国人:13,920,866(111%)
・通過旅客:4,827,604(96%)



■国 内 線

7,004,576(104%)







th_IMG_7509_201702012312444b2.jpg


外国人旅客数の急増に支えられている関西国際空港。前回の第2ターミナルビル増床の記事でも書きましたが、国内線ネットワークの充実と地元の日本人利用客を関西空港に呼びこむ施策が必要だと、数字を比較して痛感しました。


利用者数の話に戻りますが、暦年と年度では数値が異なってくる(年度の方が多くなる)ので、関西国際空港の2016年度では2600万人を超えてくると思います。3000万人/年がいよいよ射程距離に入ってきました!

関連記事
[ 2017/02/02 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(4)

野村不動産と大林新星和不動産が北浜で計画中のタワーマンション(仮称)大阪市中央区・高麗橋2丁目計画の状況 17.01

th_IMG_0840_2017012921593650a.jpg


(仮称)大阪市中央区・高麗橋2丁目計画
は、大阪市中央区高麗橋2丁目で計画されているタワーマンションを主体とした再開発計画です。

以前の計画名は(仮称)中央区高麗橋2丁目集合住宅新築工事で、野村不動産と大林新星和不動産が大阪・北浜の駐車場跡地に34階建て高さ114.32mの超高層タワーマンションを計画していました。2015年8月末に解体を終え、9月初旬に新築工事に着手、2018年3月下旬の完成を予定となっていましたが、その後再びコインパーキングがオープンし、計画が凍結されていました。

それから約10ヶ月たった2016年07月、再び現地が仮囲いに覆われ新しい建築計画のお知らせが掲示され、再開発計画が再始動しました。新しい計画名は
仮称)大阪市中央区・高麗橋2丁目計画で、隣接する「高麗新ビル」
を買収し敷地面積が広がり建物規模も大幅に拡大されました。
















th_P_20160721_164235.jpg


【スペック】
名称:(仮称)大阪市中央区・高麗橋2丁目計画
所在地大阪市中央区高麗橋2丁目16番1外6筆
階数:地上42階、塔屋1階、地下1階
高さ:140m
構造鉄筋コンクリート造
杭・基礎 
主用途:分譲共同住宅
総戸数:358戸
敷地面積:2,069.10m2
建築面積:1,066.07m2
延床面積:28,768.52m2 ※容積対象面積:19,864.94㎡
建築主野村不動産、大林新星和不動産
設計者大林組
施工者大林組
着工:2017年03月(予定)
竣工2020年02月(予定)











th_IMG_0843_201701292159335fe.jpg



現地の様子です。建築計画のお知らせには2017年03月着工予定と記載されている為、現在は更地のままで静かな状態となっていました。













th_IMG_0838_20170129215932b2a.jpg


南西側ら見た現地の様子です。3月になり着工されれば、工事車両が慌ただしく出入りする事になりそうです。












th_IMG_0836_20170129215931657.jpg



最後は北西から見た現地の様子です。かつては株の街として栄えた北浜エリアですが、時代と共にその役割を変え、現在はタワーマンション計画が林立するステータス性の高い都心居住エリアに変貌しつつあります。

関連記事