JR西日本が京都駅前に2ブランド計900室の新規ホテルを計画、開業は2019年春頃を予定!

 th_003_201702022303401f0.jpg


ジェイアール西日本ホテル開発とジェイアール西日本デイリーサービスネットは、JR京都駅前に合計で約900室規模のホテルを出店すると発表しました!今回の計画は、JR京都駅八条口から徒歩2分という抜群のロケーションに、ジェイアール西日本ホテル開発の運営するハイクラス宿泊特化型ホテル(新規ブランド)と、ジェイアール西日本デイリーサービスネットの100%出資子会社であるJR西日本ヴィアインが運営する宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」の2棟が並んで誕生する事になり、2019年春ごろの開業を予定しています。



【出典元】
JR西日本ニュースリリース>JR京都駅前に2ブランド計900室の新規ホテルを開業(2019年春ごろ)



※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!













th_001_20170202230338b8c.jpg


東側敷地

運営者:㈱ジェイアール西日本ホテル開発
所在地:京都市南区東九条上殿田町42番地(京都駅八条口徒歩2分)
土地面積:3,148㎡
用途:ハイクラス宿泊特化型ホテル「新規ブランド名(未定)」
建物概要:地上9階
客室数:約430室
開業:2019年春頃(予定)


西側敷地

運営者:㈱JR西日本ヴィアイン
所在地:京都市南区東九条上殿田町42番地(京都駅八条口徒歩2分)
土地面積:2,800㎡
用途:宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」
建物概要:地上10階
客室数:約470室
開業:2019年春頃(予定)













th_002_201702022303406a0.jpg


JR西日本は、この計画により世界有数の観光都市「京都」の玄関口であるJR京都駅周辺において、京都駅ビル内にある既存のホテルグランヴィア京都に加え、八条口側にハイクラス宿泊特化型ホテルの新規ブランドと宿泊特化型ホテルのヴィアインの3つのブランドの異なるホテルを展開する事となり、これにより様々なニーズの宿泊者に対応する体制が整い、同社の収益性向上に寄与する事になりそうです。

関連記事
[ 2017/02/03 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(3)

JR四国の新型2600 系特急形気動車は“Neo Japonisme (ネオジャポニスム)” をコンセプトにしたグッドデザイン!

th_001_201702022329047d6.jpg


JR四国は、2017年01月30日付けのニュースリリースで、予讃線、土讃線、高徳線で使用している 2000 系特急形気動車の老朽取替のため、新製していた 2600 系特急形気動車が完成し、2 15 日に高松運転所に到着すると発表しました!完成両数は4 両(2 両編成×2)です。

※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!








th_004_201702022329074f3.jpg



デザインコンセプト

“Neo Japonisme (ネオジャポニスム)をコンセプトに、日本の伝統意匠を現代風に アレンジしたデザインで、安らぎと先進性をあわせ持たせた特急車両としました。 


エクステリアデザイン
四国の豊かな自然「青と緑」に映えるディープレッドを基調としたカラーリングとし、吉 兆の伝統配色「赤と金」で次世代の特急列車を彩っています。 ディープレッドのラインを筆の流れにみたて、紅墨汁のにじみのごとく、赤い色彩がステ ンレスボディに染み入る様をゴールドの縁取りで表現しています。











th_002_20170202232906e4c.jpg


 インテリアデザイン 

和柄をモチーフとした装飾を、ドアやシートのアクセントデザインに用いて、伝統と先進 性をそれぞれ対比・強調させるデザインとしています。 客室は、車両毎に「臙脂(えんじ)」と「紺」のシートモケットで彩り、それぞれ味わい の違いを楽しめる車内空間を演出しています。












th_003_2017020223290834b.jpg


客室設備 

・腰掛は、8600 系特急形直流電車の普通車と同タイプを採用しました。 背もたれと連動して座面が前方にスライドするリクライニング機構を採用し、座り心地の 向上を図っています。 各座席にはコンセント・可動式枕・ドリンクホルダー・コートフック等を設置した他、モ バイルパソコン等のご利用を考慮し、テーブルの大型化を図っています。 


バリアフリー整備ガイドラインを考慮した車内設備とし、車いす対応多機能トイレを設置 しています。多機能トイレには、オストメイト対応設備、ウォシュレット、小さなお子様 連れのお客様を考慮したベビーベッド、ベビーキープの他に、フィッティングボード等を 設置しています。


客室照明には LED 照明を採用し、消費電力の削減とメンテナンスの軽減を図っています。お客様に安心してご利用いただけるよう、車内に非常通報装置(SOS ボタン)、防犯カメ ラを設置しています。









th_005_201702022329098ea.jpg

連結部に描かれたグラフィックデザインもカッコイイ。JR四国の新型特急ですが、以前にご紹介した
JR四国8600系につづいてカッコイイデザインの特急車が登場する事になりました。四国には仕事で高松・徳島にはクルマで行く事があるのですが、当ブログではまだ一度も四国の記事を上げた事がありません。今年はぜひ一度四国を訪れ、高松などにある高層ビルや、JR四国の魅力的な新型特急をレポートしたいと強く思いました!

関連記事
[ 2017/02/03 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(5)