桜橋御幸ビルの建設状況 17.01

th_001_20170130235841ed4.jpg


桜橋御幸ビルは、大阪市北区梅田2丁目のブリーゼタワーの近く、桜橋交差点北西角で建設中のオフィスビルです。地上14階、高さ59.91m、延床面積9,577.91㎡の比較的小規模なビルですが、桜橋交差点に面する立地からかなり目立つビルになりそうです。


【出典元】
桜橋御幸ビル(PDF)


※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!









th_IMG_0611_201701302358396dc.jpg

【スペック】
名称:桜橋御幸ビル
所在地大阪市北区梅田2-1-24
階数:地上14階(1.2階店舗)
高さ:59.91m
構造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎
主用途:事務所・店舗
総戸数:------
敷地面積:863.29㎡
建築面積:737.4
延床面積:9,577.91
建築主御幸ビルディング
設計者日建設計
施工者大林組
着工:2016年05月
竣工2017年09月(予定)















th_IMG_0617_20170130235838c27.jpg 


現地の様子です。ブリーゼタワーと絡めたカットです。














th_IMG_0625_201701302358375fb.jpg 


北側から見た様子です。近すぎてよく解りませんね(笑)















th_002_20170130235835667.jpg 

桜橋御幸ビルですが、シャープな「ひさし」が設置された彫りの深い陰影のある外観で、完成後は地域のランドマークとして存在感を発揮する事になりそうです。



関連記事
[ 2017/02/05 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

北陸新幹線―黒部宇奈月温泉駅(ホーム、改札内コンコース編)

th_IMG_0666_2017012222300834b.jpg


黒部宇奈月温泉駅は、富山県黒部市若栗に立地する、JR西日本ー北陸新幹線の駅です。2015314日の北陸新幹線の長野駅 - 金沢駅間延伸開業と同時に開業しました。黒部市の中心部東側約3kmの地点に位置しており、所在地の黒部市では駅前広場など駅周辺の環境整備を進めています北陸新幹線の定期列車のうち、速達タイプの「かがやき」は通過しますが、停車タイプの「はくたか」計15往復(東京 - 金沢間14往復、長野 - 金沢間1往復)の全列車が停車します(通過する臨時列車もあり)。



【過去記事】
北陸新幹線―黒部宇奈月温泉駅(ホーム、改札内コンコース編)
北陸新幹線―黒部宇奈月温泉駅(駅舎外観・駅前広場編)
富山地方鉄道―新黒部駅


富山駅付近連続立体交差事業ーついに開業した北陸新幹線富山駅!
富山駅付近連続立体交差事業ー高架化された「あいの風とやま鉄道線」上り線とJR高山本線の状況 
富山駅付近連続立体交差事業ー南口駅前広場の状況 17.01


北陸新幹線-金沢駅 15.09(開業後)
大規模リニューアルが完成した金沢駅中央コンコースの様子

「えちぜん鉄道」が期間限定で北陸新幹線高架を走行中!仮設駅に切り替えられた「えちぜん鉄道」福井駅の状況 1605


北陸新幹線ーE7系・W7系電車(外観編)
北陸新幹線ーE7系・W7系電車(普通車の車内編)
北陸新幹線ーE7系・W7系電車(グリーン車の車内編)


【関連記事】
九州新幹線-博多駅
九州新幹線-新鳥栖駅
九州新幹線-久留米駅
九州新幹線-熊本駅
九州新幹線-鹿児島中央駅
→JR九州800系新幹線電車














th_IMG_0662.jpg

黒部宇奈月温泉駅は相対式ホーム22線を有するシンプルな高架駅で、2階の新幹線ホームには通過線は無く、両ホームにはホームドア(可動式安全柵)が設置されています。出札窓口、改札口、みどりの窓口、待合室などの駅機能は1階に設置されています。















th_IMG_0943_2017012222300987c.jpg


金沢方面から、東京行きの「かがやき」がやってきました。


















th_IMG_0663_20170122223011d0a.jpg


ホームの端から真ん中に向かってあるいて行きます。可動式ホーム柵が通過電車の風圧を考えて、レールから離れて設置されている事もあり、ホーム幅は狭めになっています。
















th_IMG_0680_201701222230139db.jpg



対岸のホーム上を見た様子です。待合室、駅名標、エレベーターなどが規則的に配置されています。















th_IMG_0689_201701222230275c6.jpg




ホーム上の喫煙所の様子です。















th_IMG_0683_20170122223025186.jpg


こちらはホーム上の待合室内部の様子です。














th_IMG_0701_20170122223023229.jpg



発車標です。3色LEDの4段表示となっています。















th_IMG_0686_20170122223022c86.jpg


エレベーターの様子です。登り、下りでエレベーターBOXの色が異なっており、御乗車を防ぐ工夫がされていました。
















th_IMG_0675_20170122223021b9b.jpg


ホーム階につながる階段付近の様子です。















th_IMG_0678_20170122223151607.jpg



階段を見下ろした様子です。結構距離があるので、エスカレーターかEVを使いたくなりますね。















th_IMG_0692_2017012222314914c.jpg


エスカレーター付近の様子です。当然ですが、上下方向共に設置されています。
















th_IMG_0706_20170122223148630.jpg


エスカレーターを下って改札階に向かいます。






















th_IMG_0719_20170122223205b20.jpg


エスカレーターを降りました。ホーム階を見てゆきましょう!



















th_IMG_0709_201701222231474f1.jpg


広々とした空間、シンプルで都会的な配色。案内サイン類は、JR西日本の最新タイプをベースにしていますが、北陸新幹線向けに若干アレンジしている様に見えました。エレベーターは上りが緑、下りが青になっています。JR東と西のコーポレートカラー?














th_IMG_0712_201701222231454b0.jpg



改札内コンコース真ん中にある階段の様子です。階段左手にトイレ、右手に待合室があります。木目調おパネルを、ふんだんに使った無いそうは高級感があります。















th_IMG_0715_201701222232084c2.jpg


トイレ側の様子です。















th_IMG_0717_20170122223206e14.jpg



待合室側の様子です。

















th_IMG_0722_201701222232049b4.jpg



待合室内部の様子です。壁面の素材がラグジュアリーホテルのロビーの様な高級感のある素材でビックリしました。お金かかってますね~。














th_IMG_0724_20170122223202d9b.jpg


待合ベンチも天然木をふんだんに使った高級な物でした。
















th_IMG_0881_20170122223246bff.jpg


待合室を出て、改札口に向かいます。こちらは改札口入ってすぐの所にある発車標の様子です。3色LED5段✕2面の大型タイプでした。











th_IMG_0878_201701222232456d7.jpg


自動改札機は3通路。有人改札が1通路。高い天井の木目調パネルをよく見ると、立山の山並みを模したと思われる少しとんがった形状になっていました。















th_IMG_0694_20170122223247d9a.jpg



初めて降り立った、北陸新幹線―黒部宇奈月温泉駅。ホーム施設は、2面2線のシンプルな構造で、他の小駅とおそらく規格化された機能的な作りとなっていました。その基本構造をベースに黒部の地元の特色を盛り込んだ高級感のある駅舎にしあがっています。次回は、駅前ロータリーや駅舎外観など、駅周辺の様子をご紹介して行きます。


それにしても、金沢駅から、各駅停車のかがやきに乗ってわずか35分での到着。もうあまりの速さに距離感覚が狂いまくりで驚きました。やはり新幹線は魔法の乗り物です。これを体感してしまうと、京阪神大都市圏の重要なヒンターランド(後背地)である北陸ブロックが東京圏に吸い寄せられる事が本当に心配になりました。フル規格新幹線の吸引力は驚くほど強力です。北陸新幹線の大阪方面への延伸は絶対に必要だ、と実際に北陸新幹線に乗車して確信しました。




関連記事
[ 2017/02/05 00:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(1)