(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画の状況 17.01

th_IMG_1143_201702052140193ad.jpg

(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画は、新大阪駅北西側の高層ビルがた並ぶビジネスエリア、大阪市淀川区宮原三丁目に計画されている超高層ホテル計画です。新しいビルは地上24階建て、高さ97m、延床約18,000㎡の規模。建築主は佐川急便を中核とするSGホールディングスグループの1つSGリアルティ、設計・施工は清水建設が担当。客室数は現在の所未定となっています。













th_IMG_1147.jpg


現地の様子です。撮影は2017年1月2日の夕刻ですが、なんと取引先のメーカーの方に声を掛けられビックリ!正月の2日、しかも夕刻にこんな場所で偶然に撮影中の姿を目撃されるとは・・・。偶然ってあるんですね〜。














th_IMG_1150_20170205214016954.jpg

【スペック】
名称:(仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画
所在地大阪市淀川区宮原三丁目3番9、3番10、3番11、3番12
階数:地上24階、塔屋1階、地下2階
高さ:97.00m
構造鉄骨造
杭・基礎
主用途:ホテル
客室数:------
敷地面積:2,080.24㎡
建築面積:1,200㎡
延床面積:18,500㎡(容積対象面積16,000㎡)
建築主SGリアルティ 
設計者清水建設
施工者清水建設
着工:2017年05月(予定)
竣工2019年05月(予定)
















th_IMG_1153_20170205214015e12.jpg


建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。新大阪付近は伊丹空港に近く高さ規制が特に厳しいエリアですが、本計画のビルは高さが97mと100m近くあります。周辺には同じく高さ100m前後のビルが林立しているので、新ビルの高さのイメージは直ぐに想像できました。













th_IMG_1155_20170205214013dfd.jpg


同じく建築計画のお知らせに掲載されていた配置図です。















th_IMG_1162_201702052140294a5.jpg



計画地を北側から見た様子です。















th_IMG_1145_2017020521402885d.jpg



最後は計画地周辺のビル群の様子です。新大阪駅北西エリアは大規模な高層オフィスが林立するビジネスセンターとなっており、大手企業の大阪支店も結構入居しています。特に目立つのがIT系企業でしょうか。新大阪は東京のIT系企業の大阪の拠点が目立つ他、駅の南部、西中島南方駅周辺はITベンチャー企業が集積しており、ITベンチャーの西日本の拠点として機能しています。淀川より北側である事から、大阪都心部に比べるとオフィス賃料が比較的安く、その割に新大阪駅があり、伊丹空港にも近いのでコストパフォーマンスが良い為でしょうか。

SGリアルティが計画中の新ホテルのブランド名など、詳細は不明ですが、新大阪エリアでは久々の大規模なビルの建設計画なので結構期待しています。南側が開けた立地なので、梅田方面の夜景も期待できそうです。また、新幹線や宮原車両基地を見下ろす立地なのでレールビューホテルとしても売り出せそうですね。


関連記事
[ 2017/02/12 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(2)

(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事の状況 17.01

 th_IMG_0600_201702052222052ab.jpg

(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事は、大阪市北区曽根崎新地一丁目の大阪駅前第3ビルの南側で建設中のホテル計画です。計画地は2009年3月末に閉館した「ホテルモントレ グラスミアハウス」の跡地で、閉館後は駐車場として使われていました。今回の計画により、「モントレの跡地」に「モントレがバーションアップして復活」する事になります。
















th_IMG_0592_2017020522220354d.jpg



【スペック】
名称:(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事
所在地大阪市北区曽根崎新地一丁目13-9他(地名地番)
階数:地上17階
高さ:64.5m
構造S造
杭・基礎
主用途:ホテル
客室数-----
敷地面積:1,326.92㎡
建築面積:1,019.24㎡
延床面積:13,746.88㎡(容積対象面積12,699.13㎡)
建築主マルイト
設計者鹿島建設
施工者鹿島建設
着工:2016年12月
竣工2018年08月(予定)













th_IMG_0597_201702052222078c6.jpg



ホテルモントレの建物のデザインやインテリアは、ヨーロッパの伝統や生活洋式をテーマとしているのが特徴で、それぞれのホテルにモデルとする都市があり、その都市の歴史や風土を参考に、外観・内装や客室内のインテリアがデザインされています。また、教会や披露宴会場もホテル同様テーマに合わせたこだわりのデザインになっており、個性に合わせて利用できます。ホテルモントレ梅田の外観デザインがどうなるのか?も楽しみの1つです。












th_IMG_0591_20170205222209d49.jpg



北西側から見た現地の様子です。ちなみにホテルモントレの名称「Monterey」は、スペイン語でmonte(モント)が「山」、rey(レ、レー)が「王」を意味しており、初出店の地が東京都大田区山王だったことに由来するそうです。












th_IMG_0605_201702052222093d4.jpg


最後は計画地の前を通る曽根崎通りの様子です。
関連記事
[ 2017/02/12 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)