近鉄が2020年頃を目途に、70両程度を省エネルギー車両に更新すると発表!特急車か通勤車かは不明

th_IMG_1003.jpg


近鉄ホールディングス株式会社の
CSRの中に気になる記述がありました。鉄道事業の環境取組みの中の近畿日本鉄道㈱環境方針>中期環境目標(2016年度~2020年度)において、2020年頃を目途に、70両程度を省エネルギー車両に更新します。との事です。



【出典元】
近鉄ホールディングス株式会社>CSR>環境のために>鉄道事業の環境取組み


近畿日本鉄道㈱中期環境目標

1.2020年頃を目途に、70両程度を省エネルギー車両に更新します。

2.2020年度において、駅のLED照明導入率を50%以上にします。

3.2020年度において、車内灯のLED照明導入率を30%以上にします。

4.2020年度において、本社のOA用紙の使用量を2015年度より10%削減します。





【過去記事】
近鉄が約460両ある特急用車両の4割超(約200両)を、数年かけて新型に置き換え!

近鉄ー22600系電車-Ace(エース)
近鉄ー21000系電車(アーバンライナーplus)
近鉄ー26000系電車(リニューアル車)レギュラーカー
近鉄ー26000系電車(リニューアル車)デラックスカー・喫煙ルーム
近鉄ー12400系電車(サニーカー)
近鉄ー16000系電車
近鉄ー青の交響曲(シンフォニー) Blue Symphony ~外観編~
近鉄ー青の交響曲(シンフォニー) Blue Symphony ~車内編~
近鉄ー青の交響曲(シンフォニー) Blue Symphony ~ラウンジ編~
近鉄ー観光列車つどい
近鉄ー5200系電車



※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!





th_IMG_4244.jpg



この70両程度の省エネルギー車両への更新が、以前、報道された近鉄が約460両ある特急用車両の4割超(約200両)を、数年かけて新型に置き換えとどう関連するのか?はたまた、特急車に新車を70両程度入れるのか、全く不明ですが、新しい情報ソースとして妄想は膨らむばかりです。















th_IMG_0337_201702122348059e9.jpg


最近の近鉄の車両動向ですが、特急車は22000系のリニューアル実施、新塗装化の実施、次期アーバンライナーの開発(の噂)など比較的動きがありますが、一般通勤車は阪神なんば線の開業に伴い、奈良線に新車が大量導入されて以来、ここ8年ぐらい新車の導入がなく寂しい感じでした。大阪線と奈良線の車両面での格差は物凄いものがあります・・・。














th_IMG_4378.jpg


今回のCSR内の記述「2020年頃を目途に、70両程度を省エネルギー車両に更新する」ですが、個人的には、車齢が40年程度に達している大阪線の2410系・2430系の置き換えに充ててほしいと思いました。案外、この70両が次期アーバンライナーの事を指しており、玉突きでスナックカーなど特急車の置き換えに充てられ通勤車はさらに放置状態が続くかも・・・。

関連記事
[ 2017/02/13 00:20 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)

大阪市立愛珠幼稚園の耐震改修工事が「ほぼ」完了!歴史ある外観が復活。

th_IMG_0895_20170205225526b3a.jpg


大阪市立愛珠幼稚園(おおさかしりつ あいしゅようちえん)は、大阪市中央区今橋三丁目にある公立幼稚園で188061日に開園しました。現存する幼稚園としては大阪府内では最も古い歴史をもち、現存する木造の幼稚園園舎としては日本最古、また民間の手によって建てられた幼稚園としても日本最古となっています。大阪市立愛珠幼稚園は、淀屋橋の南方、船場のオフィス街の中に位置し、適塾跡に隣接しています。園の敷地は江戸時代の銅座の跡地で、その記念碑が立っています。













th_IMG_0918_20170205225528d2d.jpg

大阪市立愛珠幼稚園の園舎は199911月に大阪市指定有形文化財に指定されました。大阪市の有形文化財指定制度はこの年に始まったため、「指定第1号」のひとつとなっています。その後2007年には、岡山県岡山市の岡山市立旭東幼稚園旧園舎(1908年建築・1979年解体・1999年復元保存)とともに、幼稚園の園舎として日本で初めて国の重要文化財に指定されました。















th_IMG_0891_20170205225528d55.jpg


重要文化財に指定された大阪市立愛珠幼稚園ですが、ここ数年間は耐震改修工事が行われていた為、その姿を見る事が出来ませんでした。しかし、耐震改修工事が完成に近づき、外を覆っていた防護ネットが取り払われその風格ある姿が蘇りました!













th_IMG_0905_20170205225530d53.jpg


南西角側から見た大阪市立愛珠幼稚園の様子です。周辺部の道路の電柱電線が地中化された為、建物本来の美しさが際立っています。















th_IMG_0911_201702052255310ed.jpg


近くで見た様子です。淀屋橋のビジネス街のど真ん中にある木造の幼稚園が「現役」である事が凄いです。














th_IMG_0909_20170205225541e0f.jpg


園舎北側の様子です。















th_IMG_0902_20170205225539023.jpg


屋根の様子です。鬼瓦などに耐震改修工事が施された感じが出ていますね。

















th_IMG_0898_20170205225542a29.jpg


耐震改修工事が概ね完成し、歴史ある外観が復活した大阪市立愛珠幼稚園。重要文化財に指定された木造園舎がいつまでも現役で使い続けられてほしいと思いました。



関連記事