阪神鳴尾駅の高架化が上下線とも完成!阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅の状況 17.03 (ホーム・軌道編)

th_IMG_0718_201703182253018b7.jpg


阪神電鉄 鳴尾工区連続立体交差事業は、阪神本線の武庫川駅〜甲子園駅の間、1,870mを高架化する連続立体化事業で、2003年3月の都市計画決定後、2009年5月に工事着手し、2011年7月に仮上り線路切替え、2012年10月に仮下り線路切替えが行われました。その後の工事の進捗に伴い、2015年3月14日(土)の始発列車から、甲子園駅~武庫川駅間の下り線(神戸三宮方面行き)が、高架線に切り替えられました。その後さらに工事が進められ、本日2017年03月18日から上り線(大阪梅田・難波方面行き)が高架化され、共用が始まりました!


今回の効果切替えにより、6か所の踏切の除却される事となり、周辺道路の交通渋滞が緩和されるとともに、列車運行の安全性が向上しました。


【過去記事】
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 16.01 (地上改階) 
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 16.01 (ホーム・軌道)

阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 16.01(地上・改札階)
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 16.01(ホーム~軌道)

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)

阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 15.06
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 15.06

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 11.03











th_IMG_0799_2017031821245249a.jpg


【事業内容】
事業箇所:西宮市甲子園浦風町から西宮市小松南町1丁目 
事業区間:甲子園駅~武庫川駅間 約1.87km
高架になる駅:1駅(鳴尾駅)
除去する踏切:6か所
整備する道路:交差道路 9路線(競馬場線、小曽根線など) 側道 5路線(付属街路鳴尾1号線など)
総事業費:約297億円











th_IMG_0828_20170318225300187.jpg


鳴尾駅・上り線高架化完成レポート、2回目の今回はホーム、軌道の様子をご紹介して行きます。













th_IMG_0720.jpg


こちらが高架化された鳴尾駅上り線(梅田方面)行きホームの様子です!先に高架化された下り線と同じく、かなり気合のい入った造りになっています。












th_IMG_0722_20170318225258d6f.jpg
















th_IMG_0758_201703182252564b2.jpg
















th_IMG_0727_2017031822531917e.jpg


待合室付近の様子です。













th_IMG_0730_20170318225318d7c.jpg


待合室内部の様子です。ベンチのデザインが中々いい感じです。鳴尾駅ですが、鳴尾浜の形をモチーフにしたと思われる曲線を使用したデザインが各所に見られます。このベンチからも波のイメージを感じました。













th_IMG_0724_2017031822531711c.jpg


改札階と繋がるエレベーター付近の様子です。













th_IMG_0760_201703182253213c0.jpg


鳴尾駅のう上屋は、超高層ビルの基礎工事に使われる鋼矢板(シートパイル)の様な鋼材に亜鉛メッキを施し湾曲させ波形をイメージさせるデザインとなっています。











th_IMG_0762_20170318225322df6.jpg


ホーム階に繋がる階段付近の様子です。













th_IMG_0734_20170318225444be4.jpg
















th_IMG_0756.jpg


下りホームと同じく、柱の床面はモザイクタイルで装飾されています。LEDのスポット照明が上部に取り付けられているので夜間はライトアップされる様です。













th_IMG_0868_20170318225446f32.jpg


上屋の様子です。照明器具は全てLEDとなっています。













th_IMG_0705_2017031822544847d.jpg


駅名票と待合ベンチの様子です。













th_IMG_0820_20170318225450841.jpg


先に高架化された下りホーム側から見た、上り線ホームの様子です。真新しい消音バラストが新しい高架線である事を物語っています。













th_IMG_0817_20170318225542024.jpg


三宮側の軌道の様子です。写真左が下り線、右が今回高架化された上り線です。













th_IMG_0850_201703182255440dd.jpg


大阪梅田方面の軌道の様子です。














th_IMG_0831_201703182255448b4.jpg



鳴尾駅は曲線上にある為、線路にはカント(傾き)があります。












th_IMG_0842_20170318225546273.jpg


阪神の優等種別の新鋭、1000系が轟音と共に通過して行きました。













th_IMG_0823_201703182255473ab.jpg


上下線共に高架化が完成した鳴尾駅。阪神本線の高架化率は非常に高くなってきており、以前のイメージは一新されつつあります。今回、新しい高架区間含め、じっくりと沿線を眺めてみましたが、以前は工場等だった所にマンションが林立する様になり、見晴らしの良い高架線から近代的な街並みが延々と続く超都会的な路線へと進化を続けている印象を持ちました。




関連記事
[ 2017/03/18 23:20 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(2)

阪神鳴尾駅の高架化が上下線とも完成!阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅の状況 17.03 (駅舎・コンコース編)

th_IMG_0803_201703182124506b3.jpg

阪神電鉄 鳴尾工区連続立体交差事業は、阪神本線の武庫川駅〜甲子園駅の間、1,870mを高架化する連続立体化事業で、2003年3月の都市計画決定後、2009年5月に工事着手し、2011年7月に仮上り線路切替え、2012年10月に仮下り線路切替えが行われました。その後の工事の進捗に伴い、2015年3月14日(土)の始発列車から、甲子園駅~武庫川駅間の下り線(神戸三宮方面行き)が、高架線に切り替えられました。その後さらに工事が進められ、本日2017年03月18日から上り線(大阪梅田・難波方面行き)が高架化され、共用が始まりました!


今回の効果切替えにより、6か所の踏切の除却される事となり、周辺道路の交通渋滞が緩和されるとともに、列車運行の安全性が向上しました。


【過去記事】
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 16.01 (地上改階) 
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 16.01 (ホーム・軌道)

阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 16.01(地上・改札階)
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 16.01(ホーム~軌道)

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)

阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 15.06
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 15.06

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 11.03










th_IMG_0799_2017031821245249a.jpg


【事業内容】
事業箇所:西宮市甲子園浦風町から西宮市小松南町1丁目 
事業区間:甲子園駅~武庫川駅間 約1.87km
高架になる駅:1駅(鳴尾駅)
除去する踏切:6か所
整備する道路:交差道路 9路線(競馬場線、小曽根線など) 側道 5路線(付属街路鳴尾1号線など)
総事業費:約297億円












th_IMG_0790_2017031821245369d.jpg


現地の様子です。写真は昨日(2017年03月17日)まで使用されていた従来の上り線(三宮側)の様子です。高架線に切り替えられたばかりなので、レールはまだピカピカしています。












th_IMG_0793_20170318212454df6.jpg


同じく、役割を終えた上り線地上部(梅田側)の様子です。











th_IMG_0801_2017031821245670d.jpg


こちらは役割を終えた仮設駅舎の元改札口付近の様子です。











th_IMG_0808_20170318212506e9a.jpg


それでは。上下線とも高架化され生まれ変わった、新しい鳴尾駅を見てゆきましょう!まずは改札口前にある券売機の様子です。











th_IMG_0810_20170318212508f06.jpg


改札口付近の様子です。日中は普通が10分ヘッドで発着する小駅ですが、近くに武庫川女子大学が立地しており、通学ラッシュに対応する為、7通路が確保されています。











th_IMG_0777_201703182125090dd.jpg


ラッチ内から見た自動販売機付近の様子です。











th_IMG_0780_20170318212510c1b.jpg


さらに、改札口の右手(南側)には学生専用出口が設けられていました。











th_IMG_0782_2017031821251128b.jpg


そして気になったのが、この男子キャラ。改札内コンコースの3箇所に彼は潜んでいました。











th_IMG_0785_20170318212649f42.jpg


カメラの向きを変えて、改札内コンコースを見通した様子です。メッチャ広々としています!











th_IMG_0787_20170318212651aba.jpg



ホームに繋がる階段付近の様子です。この階段は途中(M2階)で左右に別れ、上り、下り各ホームに繋がっています。













th_IMG_0771_20170318212651279.jpg


先ほどの階段を超えると更広々した空間が用意されていました。一番奥はトイレ。左右に階段と上り方向のエスカレーターと











th_IMG_0766_20170318212653bbe.jpg


振り返って改札口側を見た様子です。











th_IMG_0764_20170318212655342.jpg


階段を少し上り、改札内コンコースを見下ろした様子です。











th_IMG_0768_20170318212730723.jpg



それでは。ホームに向かう上りエスカレーター側面に描かれた彼にアテンドして頂き(笑)ホームに行ってみましょう!

to be continued...





関連記事
[ 2017/03/18 21:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(5)

三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.03

001_201406252324386a9_201410132017512c0.jpg



三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館
は、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されている、地上21階、高さ104.5mの超高層ビルです。厳しい高さ規制が課せられていた御堂筋ですが、高度成長期に建設された沿道ビルの建て替えを促進し御堂筋の活性化を図る為、昨年に高さ規制が大幅に緩和されましたが、この計画は新基準を適用した初めての建て替え計画として注目を集めています。





【出典元】
伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース(PDF)
御堂筋の規制緩和第1号は三菱東京UFJ銀の超高層ビル…高さ100m超、1階にはカフェ、ギャラリーも


【過去記事】
三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.01
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.01

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.10
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.10 

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.05
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.05

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.02
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.02 

御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.09
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.07
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.05
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.04
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.03
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.01 
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.12
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.11
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.10
御堂筋の規制緩和後の新基準を適用した伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース
三菱東京UFJ銀行大阪ビルの建て替え計画が始動、御堂筋の高さ規制緩和を受け107m高層ビルを建設! 
御堂筋の新しい景観ガイドドライン-御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)が公表されました







th_IMG_0527_20161102001236a6f.jpg



【スペック】

名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目4番13号
階数: 地上18階、塔屋2階、地下3階
高さ:93.99軒高93.99
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:2,306.64
建築面積:1,593.18
延床面積:29,473.10㎡ ※25,025.43㎡
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201505月(予定)※解体工事は2014年10月に着手
竣工:2017年11月(予定)
























th_IMG_0356_20170307232617acd.jpg
 

現地の様子です。本館と同じくこの2ヶ月間で鉄骨建方が一気に進んでいました。

















th_IMG_0346_2017030723261507d.jpg 


別館でも外装カーテンウォールユニットとガラスサッシュの取り付けが始まっていました。















th_IMG_0360_20170307232614b91.jpg 


東側から見た様子です。別館は周囲を高層ビルに囲まれているので撮影適地が無く、取材が難しいです。















th_IMG_0358_201703072326134d7.jpg


別館南面の様子です。本館は御堂筋沿いに南北方向に長く、別館は東西方向に長い形状をしています。カーテンウォールユニットの取り付けが柱によって進捗が異なっています。まるで柱ごとに取り付け競争をしているかの様です。















th_IMG_0364_201703072326112f6.jpg


真南側から見た様子です。別館は横幅がかなり広く想像以上に大規模なビルになりそうです。














th_IMG_0367_201703072326260f0.jpg

最後は本館(写真左)と別館(写真右)の谷間の様子です。





関連記事