帝人が中之島フェスティバルタワー・ウエストに大阪本社を移転、堺筋本町近くの現本社ビルはJR九州が取得し再開発を計画

th_IMG_1062_20170428235729aee.jpg



帝人株式会社は、さらなる発展と変革を目指し、帝人グループの大阪地区における拠点機能充実と、より効率的なオフィスワークスタイルの構築を目的として43年ぶりに大阪本社を移転する事になりました。
帝人の大阪本社の移転先は、中之島フェスティバルタワー・ウエストと肥後橋シミズビル。帝人の大阪本社は2017年05月08日(月)から中之島フェスティバルタワーに、大阪本社肥後橋オフィスが入居する肥後橋シミズビルには総務、人財、人事、経理、財務・IR、資材・物流などの部署が2017年04月24日に移転しています。

帝人の中之島フェスティバルタワー・ウェストの入居階は30階、31階で、入居面積は5,402m2。肥後橋シミズビルの入居階は9階、16階で入居面積は2,144m2となっています。



【出典元】
http://www.anna.gr.jp/cmsdesigner/dlfile.php?entryname=member_news&entryid=00234&fileid=00000001&/20170424094158.pdf 


※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!










th_IMG_1399.jpg


こちらは、現在の帝人本社ビル。中央大通りに面した地上18階、地下5階建てのオフィスビルで、1974年から帝人が本社ビルとして利用してきました。このビルは2017年07月までにJRが土地・建物を取得し再開発が計画されています。昨年の報道によると敷地面積約3000㎡でJR九州はタワーマンションを念頭に置いた再開発を計画しているそうです。再開発の内容については今後の発表が待たれる所ですが、帝人の本社移転が連休明けに完了するので、いよいよJR九州による大阪初となる本格的な不動産開発が始まる事となります。

関連記事
[ 2017/04/30 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(15)

ブランズタワー御堂筋本町の建設状況 17.04

th_IMG_1438_20170429225148fdf.jpg


ブランズタワー御堂筋本町
は、大阪府商工会館跡地(1,850㎡)に地上38階、塔屋2階、地下1階、高さ134.140mの超高層タワーマンションを建設する再開発計画です。前回まで(仮称)中央区南本町4丁目集合住宅 新築工事の名称でご紹介してきましたが、正式名称はブランズタワー御堂筋本町に決まりました。この計画地である旧大阪府商工会館跡地は、大阪府が実施した一般競争入札により、2013年7月に東急不動産が28億313万円で取得しました。





【公式HP】
ブランズタワー御堂筋本町








th_IMG_0967.jpg


【スペック】
名称:
ブランズタワー御堂筋本町
所在地:大阪市中央区南本町四丁目1番3
階数: 地上38階、塔屋2階、地下1階
高さ:134.140m
構造RC造、一部S造
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:276戸
敷地面積:1,671.87㎡
建築面積:1,129.96㎡ 
延床面積:30,021.49㎡
建築主:東急不動産、近鉄不動産、神鋼不動産
設計者:IAO竹田設計
施工者:竹中工務店
着工:2015年04月(予定)
竣工:2017年12月(予定)











th_IMG_1442_20170429225151677.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年03月だったので約1ヶ月振りの取材です。既に最高部まて到達しています。












th_IMG_1425_201704292251501ca.jpg



真南から見た、ブランズタワー御堂筋本町の様子です。船場センタービルに面する部分には窓がありません。











th_IMG_1423_20170429225152745.jpg


南西側から見た様子です。この低層部のノッペリした部分の中身は何かというと・・・











th_IMG_1450_20170429225154dc0.jpg



現地に掲示されていたパネルを見ると、ビルに内包されたタワーパーキングになってる様です。目の前がビル&高速道路の高架では眺望的にも環境的にも居室には厳しい部分なので、割り切ってタワーパーキングになっている様です。












th_IMG_1453_201704292252100f8.jpg


北側から見た様子です。












th_IMG_1476_20170429225211e6e.jpg


少しはなれた南東側から見た様子です。大きな塔屋部分が良く解りますね。














th_IMG_1478_20170429225212494.jpg


最後は御堂筋と中央大通り越しに見たブランズタワー御堂筋本町の様子です。
関連記事
[ 2017/04/30 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(2)

大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 17.04

th_IMG_1391_2017042823135832f.jpg


大阪商工信用金庫新本店ビルは、大阪市中央区の本町1丁目交差点の南西角地にあった本町ビルディング跡に建設される金融機関のオフィスビルです。ビルの規模は地下2階地上12階建て。1階に本店営業部、2階に200席のホール、3階から10階に本部の各部署、11階に食堂などが入ります。

当初のスケジュールでは、解体工事は2015年2月中に終了、続いて新ビルの建設に着手、大阪商工信用金庫の新本店ビルの完成は16年9月、グランドオープンは16年12月の予定でした。ただ、旧ビルの解体工事が終わってから暫く動きが無く気をもんでいましたが、本日の建築通信新聞によると、8月27日に起工式が行われ、ようやく着工にこぎ着けたとの事です。新ビルの竣工は20175月末の完成で当初の予定よりも約半年遅れとなりました。



【出典元】
→建築通信新聞>【建築】今井兼次の「フェニックス」を保存再生! 大阪商工信金新本店ビル、設計は安藤忠雄
http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseibi/cmsfiles/contents/0000266/266754/Osaka_Shoko_Shinkin_Bank_Head_Office_Building.pdf




【過去記事】
大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 17.03
大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 16.12
大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 16.10
大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 16.06
大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 16.02
大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 15.12
大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 15.10
大阪商工信用金庫新本店ビルがついに着工!今井兼次氏が手がけたレリーフ「フェニックス」は保存再生!
本町ビルディングの跡地に建設される大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 15.03
本町ビルディングの跡地に建設される大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 14.12
本町ビルディングの跡地に建設される大阪商工信用金庫新本店ビルの建設状況 14.10









th_IMG_0200_20170305224844b09.jpg



【スペック】
名称:(仮称)大阪商工信用金庫新本店ビル
所在地:大阪市中央区本町2丁目9番1,66番の一部、南本町2丁目57番の一部、37番3
階数: 地上12階、塔屋1階、地下1階建て
高さ:60.86m
構造S造、一部RC造
杭・基礎 ---
主用途:事務所、銀行
総戸数:---
敷地面積1,787.26m2
建築面積1,229.09m2
延床面積9,629.16㎡,容積率対象面積8,346.52㎡
建築主:大阪商工信用金庫
設計者:安藤忠雄建築研究所
施工者:竹中工務店
着工:201512月(予定)
竣工:2017年05月(予定)















th_IMG_1394_20170428231401975.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年03月だったので約1ヶ月振りの撮影です。ビルの外観は完成状態・・・とおもっていましたが、ガラスカーテンウォールの内側の保護フィルムが剥がされつつあり、前月とは全く違った雰囲気になってビックリしました!











th_IMG_1328_201704282314025ff.jpg


ビルの上部が保護フィルムを剥がした状態、下はフィルムがついた状態です。











th_IMG_1336.jpg


アップで見た様子です。保護フィルムが無くなった事でビルの透明感が高まり、質感も一気にアップした様に感じました!
















th_IMG_1333_20170428231405fec.jpg


堺筋本町の交差点付近の様子です。











th_IMG_1314_2017042823154764d.jpg


撮影ポイントを変えて、北西側から見た様子です。













th_P_20161228_110044.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました



旧本町ビルディングは竣工1961年の古参のビルで、旧称は東邦商事本町ビル 。SRC造9階、地下2階、延床面積14,782㎡の規模で、設計は日建設計(塔屋レリーフ:今井兼次氏) でした。

旧ビルの屋上の塔屋に設けられていた巨大なフェニックス・モザイクのレリ ーフは、
今井兼次氏が手がてた物で、1,000 名を超えると想定されたテナント入居者の憩いの場となる屋上広場を飾るものとし て、ガウディに大きな影響を受けた同氏がデザインしました。このレリーフは、このビルと街の歴史を継承するために新ビルの低層部に保存再生される事になりました。














th_002_20150901232411d81.jpg



この
ガウディに大きな影響を受けたとされる巨大なモザイク・レリーフが本町通り沿いに設置されると物凄い注目を集めそうです。













th_IMG_1317_20170428231549609.jpg


そして、こちらがモザイクレリーフが設置される箇所の様子です。もう少しで設置工事が始まりそうな勢いですね。













th_IMG_1358_20170428231549088.jpg


最後は、頂部付近に取り付けられた大阪商工信用金庫のロゴマークの様子です。カーテンウォールの内側の保護フィルムが剥がされ外観イメージが一変した大阪商工信用金庫新本店ビル。全くの予想外の変貌ぶりは嬉しいサプライズとなりました!
関連記事
[ 2017/04/29 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(2)

南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 17.04

th_IMG_0231_20151223205001d46.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました



南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル
は、老朽化した現南海会館ビルを建替える再開発計画です。南海会館ビルの建て替えにあたり、難波再開発計画の南端に新しいオフィスビル(NCプロジェクト オフィス棟新築工事)を建設し、本社機能を移転、その後現南海会館ビルを解体、新ビルを建設する玉突き方式での建替えとなります。南海会館ビルの建て替えは2011年2月に南海電鉄が発表した新中期経営計画「凜進130計画で明らかになりました。


【過去記事】
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 17.03
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 17.01
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.10
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.07
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.06
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.04
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.03
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.02
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 15.12
新南海会館ビル(仮称)の最新のイメージパースが発表され最新のビルデザインが判明、着工は2015年9月1日!
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 15.07
新南海会館ビル(仮称)15.06
新南海会館ビル(仮称)15.01
新南海会館ビル(仮称)14.11
新南海会館ビル(仮称)14.07
新南海会館ビル(仮称)14.05
南海会館ビルの建て替えに向け、既存建物の解体工事が始まる!
新南海会館ビルの事業概要が発表!








th_IMG_0216.jpg



【スペック】
名称:南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル
所在地:大阪市中央区難波五丁目12番外32筆(地名地番)
階数: 地上31階、地下2階
高さ:150.000m
構造:S造
杭・基礎 :
主用途:物販販売店舗、オフィス 
総戸数:---
敷地面積:34,252.02㎡(施設全体)
建築面積:3,820.90㎡
延床面積:84,125.30㎡(容積対象床面積78,741.74㎡)
建築主:南海電気鉄道
設計者:大林組
施工者:大林組、竹中工務店、南海辰村建設共同企業体
着工:2015年09月01日(予定)
竣工:
2018年09月末日(予定)







002_20150827174526b17.jpg


ニュースリリースに掲載される配置図です。なんばパークスから北に向かって再開発エリアが伸びている様に見えます。完成予想パースを見ると、低層部のデザインがなんばパークスを連想させるアースカラーで描かれており、パークスとの連続性を意識している事が伺えます。














003_2015082717452876e.jpg


◆フロアプラン

(1)オフィス(1330 階) 
13 
階から 30 階に配置するオフィスは、18 フロア(貸室面積合計約 10,500 坪)、 基準階貸室面積約 570 坪、最大 12 分割(40 坪~)可能な高機能オフィスです。 また、建物全体における特級クラスの構造体耐震性能、災害時等の帰宅困難者の 館内滞留にも備えた国内屈指のBCP機能を確保しています。 これらの機能に加え、難波駅直上の優れたアクセス性、利便性を有するオフィス は、企業の本社等拠点事務所から顧客対応型のサービスオフィス展開まで、多様な ニーズに応えることが可能となります。 


(2)メディカルセンター(階・地下 2 階)
階および地下 2 階に、先進・予防医療のためのメディカルセンターを誘致しま す。 関西国際空港との直結に加え、地下鉄線・近鉄線・阪神線と接続し、大阪国際空 港(伊丹)とも 30 分圏内にある交通ポテンシャルを活かし、国内外から利用者の 受け入れが可能な診察・検診施設とします。 また、先進医療を提供する医療施設との中継機能を果たすことで「日常の利便性 と万が一の安心」を提供できるメディカルセンターを目指します。 


(3)コンベンションセンター(階・階)
階、階には、駅直上という利便性や集客効果を活かし、多目的ホールとカンフ ァレンスルーム(会議室)を導入します。 多目的ホールは、500 人規模のセミナーやシンポジウムに対応できるほか、カンファレンスルームとの一体利用によって展示会等の開催も可能となります。 また、隣接するスイスホテル南海大阪や髙島屋大阪店、なんばCITY等の商業 施設とも連携したMICEにも対応してまいります。 


(4)ツーリストサロン(階) 
関西国際空港からの玄関口であり、奈良・神戸・京都方面への乗り換え拠点でも ある難波に求められる機能として、階に、増加するインバウンド旅客をはじめとした国内外からのツーリストの多様なニーズに対応するツーリストサロンを設置し ます。 日本の伝統文化からポップカルチャーまで幅広いエッセンスをワンフロアに集積、「日本文化の発信と再発見」をテーマに、日本のモノ、コトが体験、情報発信でき る拠点づくりを行ってまいります。 


(5)商業・金融サービス(地下 1 階・1階・階) 
地下 1 階から 3 階と 6 階では、難波駅直結のロケーションを活かし、物販、サー ビス、金融等リテール機能を集積します。 当ビルならびに難波駅の日常利用者から、国内外の観光・ビジネス来訪者に至る までの幅広いニーズに応え、難波エリアの利便性を向上してまいります。 


(6)周辺整備事業(都市基盤機能整備) 
当ビル新築工事に合わせて周辺歩行者通路等都市基盤を整備し、難波の交通結節 機能の一層の充実を図ります。 
・地下鉄なんば駅から南海難波駅への通路バリアフリー化 ・南北歩行者通路、広場整備 ・新たな駐輪施設整備











th_IMG_0490_201704272249479a3.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年3月だったので約1ヶ月振りの撮影です。






















th_IMG_0488_2017042722494919a.jpg 

定番の撮影スポットですが、とうとう後ろにそびえるスイスホテル南海大阪が隠れるほどに、成長してきました!





















th_IMG_0493_20170427224949023.jpg 


難波パ―クス側から見た2棟の並びです。新南海会館ビルの鉄骨が成長し、スイスホテルに並びそうになっています。





















th_IMG_0485_20170427224951413.jpg 


撮影ポイントを変えて、北西側から見た様子です。






















th_IMG_0477_20170427224953954.jpg 


もう少しはなれて見た様子です。





















th_IMG_0474_201704272250028fd.jpg 


御堂筋側から見ても、南海ターミナルビルを突き抜けて見える様になってきました。




















th_IMG_0467_201704272250043f4.jpg


最後は、引き気味で見た、スイスホテルと新南海会館ビルの様子です。

関連記事
[ 2017/04/29 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(5)

三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.04

001_201406252324386a9_201410132017512c0.jpg



三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館
は、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されている、地上21階、高さ104.5mの超高層ビルです。厳しい高さ規制が課せられていた御堂筋ですが、高度成長期に建設された沿道ビルの建て替えを促進し御堂筋の活性化を図る為、昨年に高さ規制が大幅に緩和されましたが、この計画は新基準を適用した初めての建て替え計画として注目を集めています。





【出典元】
伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース(PDF)
御堂筋の規制緩和第1号は三菱東京UFJ銀の超高層ビル…高さ100m超、1階にはカフェ、ギャラリーも


【過去記事】
三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.03
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.03

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.01
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.01

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.10
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.10 

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.05
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.05

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.02
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.02 

御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.09
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.07
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.05
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.04
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.03
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.01 
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.12
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.11
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.10
御堂筋の規制緩和後の新基準を適用した伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース
三菱東京UFJ銀行大阪ビルの建て替え計画が始動、御堂筋の高さ規制緩和を受け107m高層ビルを建設! 
御堂筋の新しい景観ガイドドライン-御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)が公表されました





th_IMG_0527_20161102001236a6f.jpg



【スペック】

名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目4番13号
階数: 地上18階、塔屋2階、地下3階
高さ:93.99軒高93.99
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:2,306.64
建築面積:1,593.18
延床面積:29,473.10㎡ ※25,025.43㎡
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201505月(予定)※解体工事は2014年10月に着手
竣工:2017年11月(予定)








th_IMG_1183_20170427213928634.jpg


現地の様子です。本館と同じくハイピッチで鉄骨建方が進み、外装カーテンウォールユニットが取り付けられた箇所もかなり広がりました!











th_IMG_1154_201704272139269d3.jpg


前回の取材時にも書きましたが、この別館は周辺部がビルで埋め尽くされており、広い道路にも面していない為、撮影に適したポイントが無く撮影が難しいビルです。












th_IMG_1158_201704272139280bf.jpg


南側から見た様子です。本館と同じテイストの外装デザインとなっています。縦方向の柱が丸みを帯びているのは旧ビルへのオマージュでしょうか。










th_IMG_1161_20170427213930ed0.jpg



南東側から見た、別館の様子です。









th_IMG_1167_20170427213932fea.jpg


かなり苦しいアングルですが、北東側から見た様子です。










th_IMG_1185_20170427214227346.jpg



最後は南側から見た本館(写真左)と別館(写真右)の並びです。
関連記事

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(駅舎外観・ビエラ桃谷南側エリア)の状況 17.04

th_IMG_0433_2017042221250407b.jpg


JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。



大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。



【過去記事】
▼桃谷駅
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11~ビエラ桃谷南側エリアの状況~
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09~部分オープンしたビエラ桃谷の状況~

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.07

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.05

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.03

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 15.06


▼寺田町駅
大阪環状線改造プロジェクトー寺田町駅で発見された旧駅名標が「鉄道遺産」として保存される!



▼天王寺駅
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.02
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 16.11

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事 16.03 東口・跨線橋のLCD(液晶モニタ)発車標が完成!
JR天王寺駅ー阪和線(地上)ホームリニューアル工事の状況 16.03

JR天王寺駅ー環状線(11.12.13.14番)ホームリニューアル工事の状況 16.03
JR天王寺駅ー大和路線(15.16.17.18番)ホームリニューアル工事の状況 16.03



▼新今宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー新今宮駅リニューアル工事 15.07

▼西九条駅
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 15.01
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12-2
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12


▼大阪城公園駅
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.03
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 14.10

▼森ノ宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.05

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.04

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.03

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.10
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.09
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.08
大阪環状線改造プロジェクトの第一弾、森ノ宮駅改良駅舎の外観イメージが決定!
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.07
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.05
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04
環状線の大規模リニューアル計画「大阪環状線改造プロジェクト」がスタート!















th_IMG_0439_20170422212503c8d.jpg


今回の桃谷駅リニューアル工事のレポートですが、駅舎外観・ビエラ桃谷南側エリアの様子をご紹介したいと思います。













th_IMG_0435_20170422212501daf.jpg


まずはメインエントランス付の様子です。外観は、基本的に既存の建物には手を入れず再塗装や若干の装飾品をプラスされた程度のリニューアルとなっています。












th_IMG_0442_2017042221250177d.jpg



桃谷の特徴であるエントランスのアーチ部分の様子です。メチャクチャ綺麗になりました!













th_IMG_0404_20170422212459db7.jpg


改札外コンコースの様子です。建物内部は徹底的なリニューアルが行われており、もはや別の駅に生まれ変わったレベルで変わりました!











th_IMG_0078_20160405225921e19.jpg



こちらは改装工事が始まった頃の様子です。撮影は2016年03月頃。1枚上の写真と見比べると、その変貌振りが理解出来ると思います。













th_IMG_0426_20170422212514d11.jpg



続いては南側の高架下に開業したビエラ桃谷の南エリアの様子を見てゆきましょう。ちなみに先に開業したビエラ桃谷の北側エリアの様子はこんな感じです。














th_IMG_0423_2017042221251583b.jpg


こちら側も以前の古ぼけた商店街から一気にイマドキな商業ゾーンに変身しました。天井のLEDスポット照明の配置がランダムなのは意図的なのでしょうか。














th_IMG_0491_20150608223537956.jpg


ちなもに、こちらが以前の様子です。撮影は2015年06月頃。














th_IMG_0421_201704222125162cb.jpg



南端にあるクオール薬局の様子です。















th_IMG_0419_20170422212518f3b.jpg


隣にはスターバックス・コーヒーがオープンしました。
















th_IMG_0413_20170422212520d7f.jpg



改札前付近の様子です。デジタルサイネージはぼぼ未設置となっていますが、木目調パネルをあしらった柱がいい感じです。













th_IMG_0406_20170422212835e32.jpg


サイネージではありませんが、1箇所、タッチパネル方式のインフォメーションモニタが設置されていました。















th_IMG_0409_20170422212836e5e.jpg



こちらは切符売場付近の様子です。














th_IMG_0445_20170422212837731.jpg


自動改札機コーナーもメチャクチャおしゃれですね。















th_IMG_0415_2017042221283949d.jpg


アーチ天井があるメインエントランスの横に出来た、デリカテッセン・咲菜 (サカナ)の様子です。
















th_IMG_0401_2017042221284049e.jpg


最後は元緑の窓口だった箇所にオープンしたベーカリーショップ・GUTEの様子です。GUTEはあちこちに店がありますが、ここの食パンはかなり美味しいので我が家のお気に入りになっています。

関連記事
[ 2017/04/28 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.04

th_IMG_1115_2017042322542920f.jpg



三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館は、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されている、地上21階、高さ104.5mの超高層ビルです。厳しい高さ規制が課せられていた御堂筋ですが、高度成長期に建設された沿道ビルの建て替えを促進し御堂筋の活性化を図る為、昨年に高さ規制が大幅に緩和されましたが、この計画は新基準を適用した初めての建て替え計画として注目を集めています。





【出典元】
伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース(PDF)
御堂筋の規制緩和第1号は三菱東京UFJ銀の超高層ビル…高さ100m超、1階にはカフェ、ギャラリーも


【過去記事】
三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.03
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.03

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.01
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.01

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.10
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.10 

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.05
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.05

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.02
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.02 

御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.09
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.07
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.05
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.04
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.03
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.01 
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.12
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.11
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.10
御堂筋の規制緩和後の新基準を適用した伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース
三菱東京UFJ銀行大阪ビルの建て替え計画が始動、御堂筋の高さ規制緩和を受け107m高層ビルを建設! 
御堂筋の新しい景観ガイドドライン-御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)が公表されました











th_IMG_0538_2016103123160979e.jpg



【スペック】
名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目5番6号
階数: 地上21階、塔屋2階、地下3階
高さ:104.50軒高101.30
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:3,178.14
建築面積:2,353.83
延床面積:49,289.43
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201507月(予定)※解体工事は2014年10月に着手
竣工:2017年11月(予定)







th_IMG_1117_201704232254306b6.jpg


現地の様子です。御堂筋の景観ガイドライン「さ50mの軒線を強調し、高層部は50mの軒線から4mセットバックさせる事」に則って、デザイン的に低・中層部と高層部が分かれています。50mの軒線を超えてから高層部に構築が始まりましたが、その成長は思いのほか速い気がします。










th_IMG_1124.jpg

西側から見た三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の様子です。銀行のビルらしい風格のある外観が姿を表し始めました。










th_IMG_1136_20170423225433d5a.jpg

中層部のファザードの様子です。よく見ると黒色の窓枠は直線ではなく微妙に曲線を描いています。








th_IMG_1133_20170423225434068.jpg
南西側から見た様子です。







th_IMG_1130_20170423225442163.jpg
縦アングルで見た様子です。高層部はまだ少し高くなりそうですね。








th_IMG_1154_20170423225444a4b.jpg

こちらはビルに裏手にあたる南東側から見た様子です。







th_IMG_1169.jpg
北東側から見た様子です。






th_IMG_1107_20170423225446543.jpg


少し離れて、御堂筋の北西側から見た様子です。







th_IMG_1112_20170423225448664.jpg



高度成長期に建設された御堂筋沿いのオフィスビルは建替え時期を迎えており、特に東側のビルの建替えが進んでいます。その為、新景観ガイドラインにある「50mの軒線強調」が徐々に目に見える形になってきました。今後は、東側に比べ建替えのペースが遅い西側のビルの再開発に期待したい所ですね。
関連記事

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(改札内コンコース・ホーム編) 17.04

th_IMG_0365_20170422221243565.jpg


JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。



大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。



【過去記事】
▼桃谷駅
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11~ビエラ桃谷南側エリアの状況~
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09~部分オープンしたビエラ桃谷の状況~

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.07

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.05

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.03

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 15.06


▼寺田町駅
大阪環状線改造プロジェクトー寺田町駅で発見された旧駅名標が「鉄道遺産」として保存される!



▼天王寺駅
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.02
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 16.11

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事 16.03 東口・跨線橋のLCD(液晶モニタ)発車標が完成!
JR天王寺駅ー阪和線(地上)ホームリニューアル工事の状況 16.03

JR天王寺駅ー環状線(11.12.13.14番)ホームリニューアル工事の状況 16.03
JR天王寺駅ー大和路線(15.16.17.18番)ホームリニューアル工事の状況 16.03



▼新今宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー新今宮駅リニューアル工事 15.07

▼西九条駅
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 15.01
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12-2
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12


▼大阪城公園駅
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.03
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 14.10

▼森ノ宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.05

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.04

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.03

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.10
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.09
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.08
大阪環状線改造プロジェクトの第一弾、森ノ宮駅改良駅舎の外観イメージが決定!
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.07
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.05
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04
環状線の大規模リニューアル計画「大阪環状線改造プロジェクト」がスタート!












th_IMG_0358_201704222212411ee.jpg


桃谷駅リニューアル工事のレポート、2回目の今回はホーム→改札内コンコースの様子を見て行きます。ホームに設置されたベンチは、転落事故防止対策として、枕木方向に向いてズラリと並んでいました。














th_IMG_0360_201704222212419dd.jpg


上屋の照明ですが、蛍光灯からLEDユニット照明に取り替えられていました。











th_IMG_0362_20170422221239c09.jpg


さらに細かい変化ですが、ホーム上のスピーカーも更新されていました。












th_IMG_0369_20170422221238915.jpg



改札階に向かう階段付近の様子です。












th_IMG_0372_20170422221257192.jpg


森ノ宮駅で採用されたピクトグラムをLEDスポット照明が照らしていました。














th_IMG_0461_20170422221255591.jpg


階段を降りた所の様子です。













th_IMG_0463_20170422221254755.jpg


乗り換えフロアの様子です。












th_IMG_0375_201704222212533dd.jpg


反対側から見た様子です。












th_IMG_0378_201704222212516cf.jpg


乗り換えフロアから改札階を見下ろした様子です。











th_IMG_0397_2017042222151262e.jpg


改札口付近から、乗り換え階を見た様子です。













th_IMG_0452_20170422221514141.jpg



発車標は従来の物をラッピングして外装をリフレッシュしていました。











th_IMG_0385_20170422221515fa4.jpg


耐震補強工事が施され、太くなった柱の様子です。木目調のアクセントパネルがいい感じです。











th_IMG_0389_201704222215168ad.jpg



また、取り付けられた照明器具がレトロ感があってこちらもいい感じです。











th_IMG_0391_20170422221518654.jpg


トイレのリニューアル工事も積極的に行われています。
















th_IMG_0457_20170422221527192.jpg


小ネタですが、トイレ内の芳香剤の香りが桃谷の桃にちなみ「ピーチ」だったので、ちょとニンマリしました。












th_IMG_0394_201704222215274c4.jpg



改札内から改札外を見た様子です。















th_IMG_0448_2017042222152530c.jpg


リニューアル工事が大詰めを見変えた桃谷駅。細部の仕上げが残っていると思われますが、リニューアル自体は概ね完成状態になっていました!



関連記事
[ 2017/04/27 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉の状況 17.04〜最高高さは108.2m、現地に建築計画のお知らせが掲示される!

001_201604081751111ed.jpg




アパグループは、2015年11月 10日付けのニュースリリースで、大阪市中央区南本町に超高層タワーホテル開発用地を取得、超高層タワーホテルを建設すると発表しました。その後、続報が待たれていましたが、船場経済新聞の報道によると、アパが計画している新ホテルの名称は「アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉」で、地上32階建て、総客室は917室、アーバンリゾートを楽しめるよう、プールや大浴場の設置も予定しているとの事です。既存ビルの解体工事は年内に終了する予定で、2019年春のオープンを予定しています。



【出典元】
→船場経済新聞>
アパグループが大阪本町のビル解体に着手 駅直結タワーホテル建設へ
→アパグループHP>
アパグループ 地下鉄「本町」駅直結の 超高層タワーホテル開発用地取得
建設ニュース>【民間】大阪・本町に860室規模の超高層タワーホテルを計画/本町永和ビルをセントラルシティから取得/アパグループ




【過去記事】
アパホテルが本町に計画中のタワーホテル、アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉の状況 17.02
アパホテルが本町に計画中のタワーホテル、アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉の状況 17.01

パホテルが本町に計画中のタワーホテル、アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉の状況 16.10

アパホテルが本町に計画中のタワーホテル、アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉の状況 16.07

アパホテルが本町に計画中のタワーホテルの名称は「アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉」に決定!

アパホテルが本町に超高層タワーホテル開発用地取得を取得!









th_IMG_1428_20170425221047803.jpg


読者の名張市民さんから頂いた情報によると、現地に建築計画のお知らせが掲示されており、アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉の最高高さは108.2m、軒高でも100mを超える超高層ビルになる事が判明しました!



名張市民さん、ありがとうございましたm(__)m













th_1.jpg

※名張市民さん撮影

【スペック】
名称:(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事
所在地大阪府大阪市中央区南本町4丁目40番5他
階数:地上32階、地下2階
高さ:108.20m※最高部 軒高:100.00m
構造鉄構造
杭・基礎
主用途:ホテル
客室数:917室
敷地面積:1,222.48m2
建築面積:879.43m2
延床面積:17,005.12m2
建築主アパマンション株式会社
設計者日企設計
施工者熊谷組
着工:201706月中旬(予定)
竣工2019年08月下旬(予定)







th_2 

名張市民さん撮影


南立面図、真正面から見た様子です。「APA HOTEL」のロゴマークが入る塔屋部分が8.2mもあります。

















th_IMG_1431.jpg


僕が撮影したのは2017年4月16日でしたが、この時点では建築計画のお知らせはありませんでした。(見つけられなかっただけかもしれませんが)着工は2017年06月となっていますが、現地には既に重機が入っており工事が始まっている様に見えました。おそらく地中障害物の除去工事ではないでしょうか・・・。


ついに具体的な計画が明らかになったアパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉。御堂筋線本町駅至近の好立地なので、高稼働率は間違いなさそうです。超高層ビルマニアとしては、大阪都心部では「タワーマンション」以外の基調な超高層ビル案件なので、こらからも追跡取材を行って行きたいと思います。




関連記事
[ 2017/04/26 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(1)

関西国際空港の2016年度の航空旅客数は2571万人で過去最高を更新!総発着回数も17.8万回で過去最高。関空+伊丹の旅客数は4000万人を突破!

th_IMG_7489_2017020123124307a.jpg


関西エアポートは2017年4月25日発表のニュースリリースで、関西国際空港の2016年度の航空旅客人数が、前年比7%増の2571万4,267人と過去最高を更新したと発表しました!国際線は外国人が増加し、同11%増の1914人を記録。国際線利用客数だけで2000万人目前まで迫る伸びを示しました。国内線は同3%減の656万9782人となりました。

航空機発着回数は、前年比5%増の17万8,451回と過去最高を記録、国際線が旅客便などが伸びて同9%増の12万9,961回と、開港以来初めて12万回を上回り過去最高になりました。また、貨物取扱量は同8%増の75万3,364 トンでした。



【出典元】
関西国際空港・大阪国際空港 2017 年(平成29 年)3 月利用状況(速報値)(PDF)





【過去記事】
関西国際空港の2016年、暦年航空旅客数は2523万人で過去最高を記録!総発着回数も17.1万回で過去最高
関⻄国際空港の2015年度の総旅客数は2,405万人・国際線旅客数は1,727 万人、総発着回数は16.9万回で、いずれも過去最高を記録!
関西国際空港の2015年、暦年航空旅客数は2,321万人で過去最高を記録!総発着回数も16.4 万回で過去最高
関西空港の年間航空旅客数が14年ぶりに 2,000 万人を突破、発着回数、外国人旅客数ともに過去最高を記録 !












th_IMG_7509_201702012312444b2.jpg


関空の2016年度、国際線の外国人旅客数は12,418,091人に達し、前年比113%と依然として高い伸びを示しています。また、日本人旅客数は6,510,990人でこちらも前年比107%と増加傾向になりました。低調な国内線は6,569,782人に留まり、前年比97%で着地しています。ちなみに伊丹空港の旅客数は15,100,395人(103%)で関空+伊丹の両空港の旅客数は4081万人と4000万人/年を突破しています。

今後の見通しについてですが、風雲急を告げる北朝鮮問題や、ピーチのANAの子会社化など不透明な状況ですが、T2の拡張などプラスの要因もあり、以前の様な急激な伸びではなく、年率7%程度で着実に旅客数が増えてくると思います。

大阪都心部の宿泊施設不足によって観光客が受け入れられずツアーがキャンセルになる様な異常事態は徐々に改善の方向に向い、ホテルのキャパの拡大に伴い、まだまだ関西国際空港の旅客数は伸びるのではないでしょうか。

関連記事
[ 2017/04/26 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(6)