JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.03

th_001_20160229000750eed.jpg



JR東海道線支線地下化・新駅設置工事
は、梅北2期地区西端を南北に走る東海道線支線(約2.4Km)を中央部に移設・地下化する事業で、JR西日本は、北側の先行着手工区(約310m)の施工者を錢高組・西松建設JVに決定、ついに建設工事が始まりました。新駅部を含む残る南側の区間は16年度内に工事契約を結び、22年度末の開業に向けて順次工事が進められます。



【出典元】
大阪市HP>第7回大阪駅周辺地域部会を開催しました (PDF)
日刊建設工業新聞>北側先行工区、錢高組JVが施工/うめきた2期基盤整備に連動
大阪駅北地区におけるJR東海道線支線地下化等について(PDF)




th_002_20160229000751265.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事は、うめきた2期基盤整備に連動しており、2期開発区域を対象とした土地区画整理事業と一体的に実施されます。大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎6丁目から福島区福島7丁目に至る約2・4キロで、途中、ボトルネック踏切1カ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2カ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。














th_IMG_1524_20170405233909fa3.jpg


地下化に伴う新駅設置事業はJR西日本が主体で延長は約830m。新駅は2面4線構造で、特急「はるか」や「くろしお」を停車させることで、関西国際空港や和歌山方面からのアクセス向上が図られます。事業費は地下化事業が約540億円、新駅設置事業が約150億円で、事業全体の完成は2022年となっています。















th_IMG_1533_20170405233908284.jpg


北側工区の様子です。工事が進み線形が解るようになってきました。


















th_IMG_1530_20170405233906595.jpg


グランフロント前で緩やかにカーブを描いている線形が見て取れます。


















th_IMG_1529_20170405233906eaa.jpg



JR北梅田(仮称)付近の様子です。





















th_IMG_1538_2017040523390494b.jpg


西側工区の様子です。














th_IMG_1541_20170405233920532.jpg


日通の西隣にあったビルの解体工事が進み更地に近くなっていました。
















th_IMG_1547_20170405233919052.jpg



3月はJR東海道線支線地下化・新駅設置工事に関連する大きなニュースが流れました。
「なにわ筋線」に阪急電車が乗り入れる新たな事業計画で大筋合意、2030年の開通を目指すという驚きの内容ででした。都市伝説的な路線だった「なにわ筋線」がいよいよ実現に向けて動き出した事は凄い事です。





関連記事
[ 2017/04/06 00:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(5)

大阪駅前第3ビルが白色に大変身!第3ビル外壁の大規模リニューアル工事が進行中!17.03

th_IMG_1485_2017032621195065a.jpg

大阪駅前第ビル
は、大阪市北区梅田一丁目にある超高層ビルです。19799月に、3棟目の大阪駅前ビルとして建設された。1986年に大阪ビジネスパークに完成した「ツイン21」に抜かれるまでは、大阪駅前第3ビルが西日本一の高さの超高層ビルでした。そんな古参の超高層ビルである大阪駅前第3ビルですが、竣工後約38年が経過し経年劣化が進んだ事から、外壁の大規模なリニューアル工事が行われる事となりました。


【過去記事】
大阪駅前第3ビルで外壁の大規模リニューアル工事が進行中!












th_IMG_1487_20170326211948a83.jpg



【スペック】
名称:大阪駅前第3ビル
所在地大阪市北区梅田1-1-3
階数:地上34階、塔屋2階、地下4
高さ:142.00m
構造鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
杭・基礎 
主用途:
事務所・店舗・駐車場
総戸数:-----
敷地面積:10,341.96 m²
建築面積:8,120 m²
延床面積:121,276 m²
建築主大阪市都市開発局
設計者大阪市都市開発局大建設計
施工者竹中工務店鴻池組JV
着工:197612
竣工1979年09月













th_IMG_1490_20170326211947661.jpg



頂部の様子です。先行してリニューアルされた南面(写真左側)につづいて、東面(右側)の再塗装も終わり、ここからみると白色のビルに生まれ変わった様に見えました。















th_IMG_1506_2017032621194686e.jpg



撮影ポイントを変えて。今度はビルの西面のリニューアルが始まりました。こうやって見るとリニューアルのビフォア(左)・アフター(右)がよく解りますね。











th_IMG_1503_20170326211944ff7.jpg


引きで見た全体の様子です。第3ビルのオリジナル塗装もまもなく見納めですね。












th_IMG_1474_20170326212205186.jpg


ちなみに北面のリニューアルも終わっており、北、東、南は白色化済みとなっています。













th_IMG_1499_2017032621220764c.jpg


曽根崎通り側から見上げた様子です。












th_IMG_1508_20170326212207fde.jpg



外装リニューアル工事が終盤に差し掛かった大阪駅前第3ビル。このビルが白いビルに塗り替えられている事は、一般的にはあまり知られてない様で、話題にもならず密かにイメチェンを図っている、といった感じです。




関連記事
[ 2017/04/06 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(2)