中部国際空港(セントレア)にLCC専用ターミナルの建設が決定!2017年度下期にも着工、2019年上期の開業を目指す

th_001_20170407001416c6f.jpg
中部国際空港は2016年3月31日に、新たに格安航空会社(LCC)専用ターミナルを建設し2019年度上期の開業を目指すと発表しました。中部国際空港のLCC専用ターミナルビルは2階建てで、延べ床面積は約4万平米。国際線と国内線合わせ、最大で年間450万人の旅客への対応が可能な規模です。2017年度下期に着工する計画です。




【関連記事】
→中部国際空港(セントレア)ー旅客ターミナルビル外観

中部国際空港(セントレア)ー旅客ターミナルビル(アクセスプラザ→3階出発ロビー→4階スカイタウン)
中部国際空港(セントレア)ー旅客ターミナルビル(スカイデッキ→センターピアガーデン)
中部国際空港(セントレア)ー旅客ターミナルビル(2階到着ロビー→車寄せ→アクセスプラザ)
中部国際空港(セントレア)ー名鉄空港線 中部国際空港駅
中部国際空港(セントレア)ー駐車場棟 
中部国際空港(セントレア)ーアクセスプラザ→高速艇乗り場 










th_003_20170407001417cd0.jpg

出典:中部国際空港株式会社>新ターミナルビルの整備について(PDF)

LCC専用ターミナルは現ターミナル南側の臨時駐車場周辺に建設されます。チェックイン棟とコンコース棟の2棟で構成し、両棟を連絡通路で結ぶ構造となります。国際線、国内線ともに2階を出発、1階を到着フロアとし、2階には商業エリアも設けられます。駐機場は10カ所を設置。乗客は徒歩で搭乗し、風雨をしのげる簡易な固定橋も設けられます。また、周辺施設とは空中回廊で直結され中部国際空港駅、立体駐車場から、それぞれ徒歩7分、同2分での到着を可能となります。ターミナル前には、専用のバス停も設置されます。


 







中部国際空港では、今年5月の連休明けには駐機場の整備のため臨時駐車場の土壌改良に着手。今後夏休みなどピーク時の駐車場が不足するため、空港島で新駐車場の建設も検討するとの事です。また、来年夏に開業する、米ボーイングの旅客機を展示する商業施設などと合わせ、「新たなにぎわいを創出する」計画となっています。









th_IMG_0626_20170407001421a0c.jpg

現地の様子です。丁度、上の写真の左奥にLCC専用ターミナルビルが建設されます。









th_IMG_0821_2017040700142207b.jpg


中部国際空港(セントレア)では、今回発表されたLCC専用ターミナルビルの他にも、全長 3,500mの第2滑走路を2027年までに増設する計画が持ち上がっています。


中部国際空港の概要】
面積:471.3 ha
運用時間 : 24時間
滑走路:1本(3,500×60
エプロン : 80ha 、71スポット

旅客数:10,424,318人 ※2015年度実績
発着回数:97,755
貨物取扱量:186,890 t




国土交通省と愛知県などは、急増する訪日観光客の受け皿として、品川-名古屋間を 40分で結ぶリニア中央新幹線が開業する 2027年までの供用開始を目指し、中部国際空港(セントレア)に2本目の滑走路を新設、旅客機の発着能力を現在より最大で 1.6倍、年 20万回前後に拡張するとする方向で調整に入りました。中部国際空港の構想では、埋め立てにより空港島の面積を約200ha増加したうえで現在の滑走路から 300m沖合に 3,500mの並行滑走路(クローズドパラレル)を1本新設するとしており、事業費は約 2,000億円を見込んでいるそうです。





関連記事
[ 2017/04/07 00:30 ] その他 空港 | TB(0) | CM(0)

グランドリニューアルが予定されている御堂筋線ー中津駅の状況 17.03

th_IMG_1784_2017040623184659d.jpg


御堂筋線の中津駅は、駅舎全体のデザインを刷新する「グランドリニューアル」が予定されています。これは大阪市交通局公式HPで公開されている「重点的に取り組む主な経営課題」の進捗状況の資料内に記述があります。現在、新大阪駅において、ホーム、小コースを含めた全面的なリニューアル工事(グランドリニューアル)が行われていますが、中津駅と他1駅でグランドリニューアルが行われる予定となっています。



▼引用始め

御堂筋線グランドリニューアル事業  
出典:大阪市交通局公式HP>重点的に取り組む主な経営課題(PDF)



◆取組内容

新大阪駅外2駅において駅舎全体のデザインを刷新するグランドリ ニューアルを安全対策工事と時期を合わせ実施することで、各駅舎のイ メージの刷新を行い、快適な駅空間を目指すとともにブランドイメージの 向上を図る。

業績目標(中間アウトカム)
アンケート調査により、改造後の駅舎に「満足である」と感じるお客さまの割合 90%以上(複数年事業のため、アンケート実施は改造後の年度に実施する) 【撤退基準】・アンケート調査により、改造後の駅舎に「満足である」と感じるお 客さまの割合が50%未満であれば、事業を再構築する

前年度までの実績
・新大阪駅工事継続中 
・中津駅工事着手


引用終わり▲



【関連記事】

地下鉄御堂筋線ーオープンした新大阪駅の新しい駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」は大人のフードコードだった!
地下鉄御堂筋線ー新大阪駅の新しい駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」の状況 16.03
地下鉄御堂筋線ー新大阪駅の新しい駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」の状況 16.02
地下鉄御堂筋線ー新大阪駅に駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」が2016年3月30日に開業!
御堂筋線ー新大阪駅に誕生する新たしい駅ナカ商業施設(運営:京阪ザ・ストア)の状況 15.11
御堂筋線「新大阪駅」に新たな「駅ナカ」施設が誕生、運営管理予定者は京阪ザ・ストアに決定!

エキモ天王寺
エキモなんば
エキモ梅田








th_IMG_1734_2017040623184876a.jpg


現在の中津駅の様子です。駅周辺では複数のタワーマンションの建設が建設され、中津のイメージも変わりつつありますが、御堂筋線の駅は旧態依然のままでした。

















th_IMG_1739_20170406231842eae.jpg



軌道と壁面の様子です。御堂筋線の中津駅は、1964年(昭和39年)924日に開業しました。すでに開業から53年が経過しています。術の施設が開業時のまま、という訳ではありませんが、壁面から染みだした湧き水や、タイルに生えた苔!などを見ると、その古さを伺い知る事が出来ます。









th_IMG_1741_201704062318443e1.jpg


撮影ポイントを変えて改札口付近の様子です。各種配線がむき出しの天井にIC対応のバーレスタイプの自動改札機がミスマッチ。さり気なく高そうな素材を使った柱の化粧板など歴史の積み重ねが随所に見られます。













th_IMG_1743_20170406231845388.jpg


少し引き気味で見た改札外コンコースの様子です。街ごと作り変える勢いで再開発が続く梅田駅周辺から1駅でこの異空間。結構凄いと思います。














th_IMG_1794_20170406231856b0d.jpg



グランドリニューアルが行われる中津駅。以前から「古い駅やなぁ・・」とは思っていましたが、まさかこの駅がまるごとリニューアルされる日が来るとは。レトロ感溢れる中津駅の姿も近々リニューアル工事が始まる事になり、全く異なったイメージの駅に生まれ変わる事になります。


それにしても、グランドリニューアルの対象駅は3駅で、新大阪、中津は解りましたが、あと1駅はどの駅がリニューアルされるのでしょうか!?動物園前?大国町?江坂?さて、さて。正解はどの駅になるか?想像するのも楽しいですね。





関連記事
[ 2017/04/07 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(3)

ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 17.03

 th_IMG_0145_20161109221224873.jpg



ザ・ファインタワー 梅田豊崎
は、御堂筋線中津駅の直上にあった「三井生命ビルディング」跡地の再開発計画で、 地上45階、塔屋2階、高さ151mのタワーマンションが建設されます。三井生命ビルディングには、オフィスや同じ三井系のビジネスホテル「ホテルコムズ大阪」が入居していましたが2013年3月末で閉館しました。また、正式名称はザ・ファインタワー 梅田豊崎に決まりました。

【公式HP】
ザ・ファインタワー 梅田豊崎


【過去記事】
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 16.10
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 16.06
中津にあったホテルコムズ跡にタワーマンションを建設する(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画新築工事の状況 15.11
中津にあったホテルコムズ跡にタワーマンションを建設する(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画新築工事の状況 15.06
中津にあったホテルコムズ跡にタワーマンションを建設する(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画新築工事の状況 15.04
ホテルコムズ大阪が入居していた旧三井生命ビルディング解体工事の状況 14.10
ホテルコムズ大阪が入居していた三井生命ビルディングの解体工事が始まる















th_IMG_0129_2016110922122620c.jpg



【スペック】
名称:
ザ・ファインタワー 梅田豊崎
所在地:大阪市北区豊崎3丁目23番1
階数: 地上45階、塔屋2階、地下1階
高さ:151.6m
構造RC造
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:312戸 
敷地面積:2,499.72
建築面積:980.92 
延床面積:34,945.34
建築主:京阪電鉄不動産、サンキョウホーム
設計者:竹中工務店
施工者:
竹中工務店
着工:
201604
竣工:201903月(予定)















th_IMG_1752_201703262150218f1.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2016年10月頃だったので、約5ヶ月振りの取材です。



















th_IMG_1756.jpg


既に躯体が上に向かって伸び始めていました。タワークレーンは今のところ1機の設置で成長ペースはゆっくりとしています。




















th_IMG_1780.jpg


現地に掲示されていた作業工程表によると、撮影時点では地上5階構築している所でした。






















th_IMG_1776_201703262150178a7.jpg



最後は北側から見た様子です。北東角にある木は工事中も伐採されずにそのまま残される様です。





関連記事
[ 2017/04/07 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)