OSAKA UK・GATE〜ヨドバシ梅田の北側に登場した新しい商業ビル

th_IMG_1706_2017041221505728f.jpg


OSAKA UK・GATEは、大阪市北区芝田2丁目のヨドバシ梅田の北側に建設された新しい商業ビルです。地上6階、延床4298.51m2の規模で、建築主は梅田興業、設計・施工は大和ハウス工業が担当しました。フロア構成は、1階~3階が「KOMEHYO梅田店」、4階が建築主の「梅田興業」の本社とクリニック、5階・6階が結婚式場「ブランリール 大阪」となっています。









th_IMG_1708.jpg

【スペック】
名称:OSAKA UK・GATE
計画名称;(仮称)大阪市北区芝田二丁目プロジェクト
所在地大阪府大阪市北区芝田2-2(住居表示)
階数:地上6階
高さ:30.8m
構造鉄骨造
杭・基礎
主用途:店舗、飲食店、事務所
総戸数:----
敷地面積:1023.66m2
建築面積:783.32m2
延床面積:4298.51m2
建築主梅田興業株式会社
設計者大和ハウス工業
施工者大和ハウス工業
着工:201603月
竣工2017年02月











th_IMG_1715.jpg


KOMEHYO」は名古屋に本社を置く日本最大級のブランド品リサイクルショップで、梅田店は名古屋本店、新宿店に次ぐ規模のショップとなります。この店舗は初期の頃のKOMEHYOの派手はイメージは無く、スタイリッシュな外観のビルに自然に溶け込んでいる様に見え好印象です。










th_IMG_1717_2017041221510112e.jpg

5階・6階の「ブランリール 大阪」は名古屋で話題の結婚式場が関西初出店。フィルムをイメージしたアーティスティックな空間や、緑化されたオープンテラスなど、他に類を見ない洗練された会場でオリジナルウエディングが挙行出来る、としています。













th_IMG_1720_201704122151029a4.jpg


古いビルが立ち並び寂れた印象が強い芝田エリアですが、グランフロント大阪の開業やヨドバシ梅田2期棟の建設により、立地環境が急激に変化、新たな路面店街へ脱皮する可能性を秘めたエリアに化けました。OSAKA UK・GATEはそんな芝田エリアの変化の先がけとなるビルになるかもしれませんね。




関連記事
[ 2017/04/13 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(4)

大阪市営地下鉄ーなんば駅で新サインシステムの取り付けが進む!17.03

th_IMG_0410_201704122231384a6.jpg


大阪市営地下鉄では、地下鉄駅舎サインシステムのリニューアルPDF)が計画されています。市営地下鉄では、バリアフリー設備の設置や駅舎の大規模改良等によりお客さまに迷いを生じさせたり、近年は色覚障がいのお客さまや車いす使用のお客さま等、さまざまなお客さまへの対応が必要と認識しており、これらの諸課題に対応するために、サイン本来の機能を十分に発揮できるようにサインシステムを再構築する事になりました。今回の大阪市営地下鉄の地下鉄駅舎サインシステムのリニューアル基本計画は、ジーエータップ・日本サイン・竹内デザイン・ジイケイグラフィックス特別共同企業体が手がけています。














th_IMG_0397_2017041222313686c.jpg


地下鉄本町駅をパイロットケースに導入が始まった
新サインシステムですが、外国人観光客が溢れかえっている「なんば駅」でも導入がはじまりました。なんば駅の取材は約1ヶ月振りですが、サインシステムの更新がさらに進んでいました。










th_IMG_0400_20170412223135028.jpg


地下鉄なんば駅の改札階フロアは天井が低いため、かなりスリムな什器が採用されています。以前あったラミネートフィルム加工の仮設サインは姿を消していました。











th_IMG_0417_20170412223134d1b.jpg


北行ホームの様子です。柱の線路側に駅名票が「これでもかっ!」と言うほど沢山取り付けられています。










th_IMG_0394_20170412223132cc5.jpg


駅名票も新タイプに変更されました。










th_IMG_0378_20170412223146343.jpg


ホーム上のサインシステムの様子です。













th_IMG_0380_201704122231489c3.jpg


発車標は以前のままです。また時計が新タイプに取り替えられていました。












th_IMG_0383_201704122231486b9.jpg


若干レトロ感のあるこの時計、潔いシンプルさの為か?なぜだか気に入りました。













th_IMG_0375_201704122231504e4.jpg


壁面に取り付けられたインフォメーションボードの様子です。核施設まで「◯◯m」の表示が便利ですね。













th_IMG_0428_2017041222315233f.jpg



今回のサインシステムのタイミングに合わせて、さり気なく地下鉄各駅のゴミ箱も刷新されています。













th_IMG_0429_20170412223333990.jpg



こちらは南行きホームの方面表示です。













th_IMG_0432_20170412223335021.jpg


撮影時点では、旧タイプの駅名票が残っていましたが、現在(4月)は全て新タイプに更新されています。













th_IMG_0449_201704122233363dc.jpg



御堂筋線につづいて千日前線ホームも見てゆきましょう。












th_IMG_0451_20170412223337a24.jpg


階段半ばに取り付けられた路線図の様子です。












th_IMG_0457_20170412223339f1c.jpg


駅名票の様子です。既存什器を流用しています。










th_IMG_0460_20170412223413cc0.jpg


ホーム上の様子です。千日前線ホームも、新サインシステムとホームドアのお陰で少し垢抜けた感じになりました。












th_IMG_0474_20170412223414e29.jpg


西改札の様子です。













th_IMG_0490_20170412223415c9e.jpg


反対側から見た西改札の様子です。













th_IMG_0477_2017041222341780c.jpg


最後は四つ橋線側の様子です。こちらはまだ旧タイプのサインシステムが現役でした。




関連記事
[ 2017/04/13 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(2)