梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.05

th_0001.jpg



梅田1丁目1番地計画は、 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングと隣接する新阪急ビルを一体的なビルに建て替える大規模再開発計画です。 新ビルは地上38階、地下3階、高さ188.9m、延床面積約257,000m2の超巨大なビルになります。工事は東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工され、1期工事は2018年春に、2期工事は2021年秋に竣工する予定です。



【出典元】
H2OリテイリングHP>阪神梅田本店建替えの工事施行計画の決定について(PDF)
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) において改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分の建築工事がはじまりました



【過去記事】
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.01
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.01


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.10
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.10

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.07

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.06

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.06


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.05
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.05

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05

阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース











th_001_20160507233136377.jpg







 ■工事施行計画 

 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。

 

 ■総投資額 約450億円 


 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。 


 ●準備工事(ビル縮小に伴う階段・エレベーター等の移設工事) 
2014年2月~ 

 ●Ⅰ期工事 
2015年春頃 大阪神ビルディング東側解体工事着手 
2018年春頃 Ⅰ期棟竣工・阪神梅田本店Ⅰ期棟オープン 

●Ⅱ期工事 
2018年春頃 大阪神ビルディング西側解体工事着手
2021年秋頃 Ⅱ期棟竣工 

●阪神梅田本店グランドオープン 
2021年秋頃 阪神梅田本店グランドオープン 













th_IMG_1534.jpg



【スペック】
名称:梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
所在地:大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
階数: 地上38階、地下3階
高さ:188.9m
構造:S造、RC造、SRC造
杭・基礎 :
主用途:百貨店、オフィス、集会所、駐車場 
総戸数:---
敷地面積:12,192.83㎡
建築面積:10,348.95㎡
延床面積:258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
建築主:阪神電気鉄道、阪急電鉄
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2015年07月
竣工:2022年03月下旬(予定)













th_IMG_1537_20170528210723e7e.jpg



現地の様子です。前回から約1ヶ月振りの取材です。1期工事の南側、旧・新阪急ビル側に遅れて始まった大阪神ビルが側の工事ですが南側に追いつけ追い越せの勢いで急ピッチで工事が進んでいます。鉄骨建方が進み、外観上の特徴である扇型の形状が解る様になってきました。外装の基本デザインは南側工区と同様ですが、大阪神ビル側の北側には窓ガラスがあるので、その辺りが実際どんな感じで仕上がってくるのか?興味深々です。














th_IMG_0148_201705282107246b1.jpg



撮影ポイントを変えて、梅田阪急ビルのスカイロビーから見た様子です。新阪急ビル側、大阪神ビル側の2棟が急速に一体化して行く様子がよく解ります。












th_IMG_0129_20170528210725c5f.jpg



大阪神ビル側の頂部の様子です。














th_IMG_1417_20170528210729665.jpg



さらに撮影ポイントを変えて、ノースゲートビルディング、カリヨン広場付近から見た様子です。新・旧ビルの階高の違いがハッキリ解るアングルだと思います。















th_IMG_1411_201705282107307a1.jpg


最後は引き続きで見た現地付近の様子です。梅田1丁目1番計画ですが、来春の1期オープンを目指して急ピッチで工事が進んでいます。ただ、あと1年で本当にオープン出来るの!?と思う所もあります。あまり詳しくは書けませんが細かな機材の選定作業は着実に進んでいます。


僕は小売店の売場作りに興味があり、全国各地の主要な百貨店の売場は大体見てきました。そして、現時点では梅田阪急本店は日本最高のクオリティを持つ百貨店だと思います。

そんな環境下、隣接する同グループの最強百貨店に対して、新装される阪神百貨店がどのような売場を作るのでしょうか。従来の「庶民派百貨店」だけでは、新しい施設がは勿体無い。全国最強を誇るデパ地下は強みとして残すのは当然として、全体では、どのようなストアコンセプトで切り込んでくるのか?非常に興味深々です。

関連記事
[ 2017/05/31 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(3)

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.05

th_0001.jpg


梅田1丁目1番地計画は、 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングと隣接する新阪急ビルを一体的なビルに建て替える大規模再開発計画です。 新ビルは地上38階、地下3階、高さ188.9m、延床面積約257,000m2の超巨大なビルになります。工事は東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工され、1期工事は2018年春に、2期工事は2021年秋に竣工する予定です。




【出典元】
H2OリテイリングHP>阪神梅田本店建替えの工事施行計画の決定について(PDF)
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) において改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分の建築工事がはじまりました



【過去記事】
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.04

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.04

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.03
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.03


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.01
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.01

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.10
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.10


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.07


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.06

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.06


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.05
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.05


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05

阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース











th_001_20160507233136377.jpg




 ■工事施行計画 

 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。

 

 ■総投資額 約450億円 


 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。 


 ●準備工事(ビル縮小に伴う階段・エレベーター等の移設工事) 
2014年2月~ 

 ●Ⅰ期工事 
2015年春頃 大阪神ビルディング東側解体工事着手 
2018年春頃 Ⅰ期棟竣工・阪神梅田本店Ⅰ期棟オープン 

●Ⅱ期工事 
2018年春頃 大阪神ビルディング西側解体工事着手
2021年秋頃 Ⅱ期棟竣工 

●阪神梅田本店グランドオープン 
2021年秋頃 阪神梅田本店グランドオープン 













th_IMG_0112_2017052820254029d.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年04月頃だったので約1ヶ月振りの取材です。

















th_IMG_0116_20170528202541f02.jpg 


旧・新阪急ビル側の様子です。既に最高部まて到達しており、塔屋付近の構築が行われています。


















th_IMG_0118_2017052820254256e.jpg


頂部付近の様子です。新ビルの地上
11階には、面積約3,000 m²のカンファレンスゾーンが整備されます。カンファレンスゾーンは、“ビジネス情報発信の場”“国際的に活躍する人材育成の場”“多様な人材による交流の場”として 活用することで、梅田地区におけるビジネス活動を活性化し、国際競争力の強化に資することを目指しています。

















th_IMG_0204_2017052820254412b.jpg


撮影ポイント変えて、地上から見た現地の様子です。


















th_IMG_1583_201705282025452d0.jpg



前衛的なデザインのファザード。おそらく行われるであろうライトアップに期待が膨らみますね。



















th_IMG_0205_2017052820262808f.jpg 


南東側から見た様子です。南面はコンサバ系のデザインとなっています。




















th_IMG_0208_2017052820262629a.jpg



よく見ると地上から2階に繋がるエスカレーターが見えました!歩行者を自然に店内に導く為の重要な仕掛けですね。



















th_IMG_1575_20170528202622867.jpg


大阪神ビルディング及び新阪急ビルは、幅20mの道路によって隔てられていますが、新ビルは公道(市道)をまたぐ形で、一体的なビルとして建設されています。 今まで、既存の公道上には、ビルを連絡する連絡通路の設置しか出来ませんでしたが、2011年に成立した改正都市再生特別措置法に基づく特例により、大都市の中心部で規制が緩和されました。














th_IMG_1579_201705282026209cf.jpg 


公道の上にはモリモリとビルが建設されています。



















th_IMG_1588_2017052820300113a.jpg

急ピッチで建設工事が進む梅田1丁目1番計画。徐々にですが、完成後の姿が見える様になってきました!

関連記事
[ 2017/05/30 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(2)

大阪駅の6・7番線に設置されたホームドア(可動式ホーム柵)が使用開始!

th_IMG_1304_201705281827274f2.jpg


JR西日本は、2016年6月15日のニュースリリースで、大阪駅の6,7番のりばに「可動式ホーム柵」を設置すると発表しました。ホーム柵は高槻駅に導入された「昇降式」ではなく、北新地駅や京橋駅に導入された「ノーマルタイプの可動式ホーム柵」が設置されます。


















th_IMG_1337_20170528182725d66.jpg


先日から工事が行われてきた大阪駅6・7番線ホームですが、4月22日(土)から6番線、527日(土)から7番線のホームドア(可動式ホーム柵)の使用が始まりました。













th_IMG_1342_20170528182723ddc.jpg


今回、大阪駅の6・7番線に導入されたホームドアは、高さ約1.3m、開口部約2.9m、延長約140mのもので、扉が左右にスライドするノーマルなタイプです。













th_IMG_1326_20170528182723657.jpg


開閉時の様子です。電車のドアーとホームドアの開閉タイミングがリンクしており、ロスタイムは少ないです。














th_IMG_1319_201705281827215de.jpg


ホームドアが開いた状態はこんな感じになります。














th_IMG_1316_20170528182746294.jpg


女性専用車付近は明確に色分けされています。














th_IMG_1310_20170528182745d6d.jpg


ホームドアユニットの様子です。















th_IMG_1323_20170528182743f0e.jpg



混雑箇所には降車エリアを表示した床面シートが貼り付けられていました。













th_IMG_1347_20170528182741830.jpg


ドーム屋根とホームドアを絡めたアングルです。大阪駅の風景がまた新しくなりました。












th_IMG_1353_201705281827393ae.jpg


6番線から7番線を見た様子です。












th_IMG_1359_20170528183133aa2.jpg



7番線の様子です。取材時点ではまだホームドアの使用は始まっていませんでしたが、5月27日から使用が始まっています。













th_IMG_1362_20170528183134023.jpg


7番線に設置されたユニットも6番線と同じタイプです。













th_IMG_1365_20170528183135ea8.jpg

大阪駅に設置されたホームドア。JR西日本では3ドア近郊形と4ドア通勤型が混在した路線が多くドア位置が統一されていないのでホームドアの普及が遅れています。大阪駅の6・7番線は基本的に4ドア車しか発着しないので今回の設置となりました。京橋駅の学研都市線ホームも同じく4ドア車で統一された為、早期に設置が終わりました。高槻駅にロープ式の昇降型ホーム柵が設置されましたが他の駅への普及はまだです。環状線を含む南アーバンエリアは将来的には3ドア車への統一が図られそうです。
関連記事
[ 2017/05/29 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(3)

重要文化財の旧奈良監獄をホテルとして再生。日本初の監獄ホテルが2020年開業!無印良品ブランドのホステルも登場!

th_001_20170528161628585.jpg

法務省は2017年5月26日に、明治時代に建てられた重要文化財の旧奈良監獄(奈良市)をホテルに転用すると発表しました。旧奈良監獄は明治時代に造られた「五大監獄」の一つで、同刑務所は1908(明治41)年に建てられました。赤れんが造りと看守所から放射状に延びる収容棟が特徴で、今年2月に国の重要文化財に指定された。法務省は運営権を8月にホテル運営のソラーレホテルズアンドリゾーツ、清水建設など8社のコンソーシアムに売却する予定です。











th_002_20170528161631337.jpg


旧奈良監獄のリノベーション・コンセプトは歴史と文化を未来につなぐ「体験型複合施設」を創出。 宿泊・食事・ショッピング・音楽、エンターテイメント等、様々なコンテンツが揃え、まるでひとつの街のような空間として本施設を整備する計画です。 人々の趣味嗜好が多様化された時代に合わせて、興味・関心のきっかけを幅広く用意し、より多くの人に、日本の行刑・矯正と近代化の歴史を伝えていく、としています。















th_005_20170528161632eaf.jpgth_006_2017052816163359c.jpg



ホテルは下記の3タイプが併設されます。全国初の監獄ホテルが、やたら注目されているこのプロジェクトですが、無印良品ブランドのドミトリーが密かな注目ポイントです。無印良品がこのリノベーションに参画しているので、新設ホテルやレストランなどのデザインテイストも同社のデザイン色が反映されるのではないでしょうか・・。

1)文化財リノベーションホテル (約150室)
ホテルコンセプト 「生きた歴史」を未来へ繋ぐ体験型宿泊空間 旧監獄棟をリノベーションし、歴史的な重厚さは守りつつ、ホテルとして快適である空間を提供していきます。


2)新設ホテル (約80室)
ホテルコンセプト 歴史を見つめ、歴史を紡ぐ、新時代のステージ 重要文化財を眺める特等席であること。既存棟との関係性 を重要視し、さまざまな方向から美しい煉瓦建築の建物を 眺められるビューを確保すると共に、このホテル自体が施 設全体の景観を高められるデザイン性を持たせます。


3)簡易宿泊型ドミトリー(MUJI HOSTEL (60床)
ホテルコンセプト 世界中の若者を刺激する文化と多様性の体験拠点 国内外で広く知られる「無印良品」ブランドのホステルを設 置します。キッチンなどを完備し、長期宿泊に対応すると共 に、文化的コミュニティーを育むカフェバーや、工房・アトリエなども同時に整備することで、アート活動や伝統工芸体験を支援していきます。















th_003_20170528161635819.jpg 



全国初の監獄ホテルとしてリノベーションされる旧奈良監獄。一番の売りである文化財リノベーションホテルで監獄気分を味わうのも良し、新設ホテルから重要文化財の近代建築を愛でるも良し、無印良品ブランドのドミトリーで安く泊まるのも良し。温浴施設も併設されるのでお風呂も気持ちよく入れそうです。


旧奈良監獄は東大寺から徒歩10分程度の場所にあるので、立地条件的に便利ではありませんが、まずまずの場所と言えます。それにしても、東大寺、興福寺、春日大社、それらを内包する広大な奈良公園の側に、こんな金の卵があったとは・・・。奈良県の観光におけるポテンシャルは、物凄い物がありそうです。















th_IMG_0327_20170528173828552.jpg



世界遺産や数えきれないほどの国宝、重要文化財が集積する奈良県ですが、
奈良県のホテル客室数は全国最下位だそうです。ちょっと信じられないですね。大都市である大阪・京都から片道30分〜1時間程度と近く、日帰りで宿はナイトライフが楽しめる大阪・京都に取り、奈良は日帰りで、といったパターンが多いそうです。















th_IMG_0330_20170528173827f00.jpg

観光客で溢れかえる東大寺周辺。これでホテル客室数が全国最下位とは信じられない

対する奈良県ですが、従来の大仏商法(放っておいても観光客がやってくるので、進んで集客・増客しない消極的な商売姿勢)から脱し、インバウンド観光需要を取り込む為に攻めの姿勢に転じたと感じています。そんな奈良県の努力が実ったのはJWマリオットホテルの勧誘が成功した頃からでしょうか。マリオットの奈良進出を見て、他の企業も奈良が持つポテンシャルの高さ、それにも関わらず競合ホテルが少ない事から「ブルーオーシャン的な市場」に見方が変わった様に思えます。










th_IMG_0568_20170528173826aa6.jpg

近鉄駅前の商店街「ひがしむき商店街」。



鶏が先か、卵が先か?の論議もありますが、インバウンド観光需要で宿泊施設がパンク状態の大阪・京都を横目に、外国人受けする観光資源を豊富に持つ奈良県は今がチャンスです。この期を逃さずインフラ整備を行い宿泊施設を増やせば稼働率も見込めますし、宿泊者数が増えれば夜の飲食需要も増し、夜の店も自然と増えると思います。奈良県の今後の動向は要注目です。
関連記事
[ 2017/05/28 17:30 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 17.05

シエリアタワー千里中央


シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
は、よみうり文化センター再整備事業、に伴い建設される超高層タワーマンションです。大阪府豊中市の千里中央駅にほど近いよみうり文化センターと周辺を一体的に整備する再開発事業です。整備事業ではS造、地上7階、地下1階建ての商業施設と、RC造、地上52階、地下1階建ての共同住宅が建設されます。千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)の仮称でご紹介してきましたが、正式名称はシエリアタワー千里中央に決まりました。




【出典元】
よみうり文化センター再整備事業(PDF)
シエリアタワー千里中央公式HP


【過去記事】
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.06
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.04

千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)よみうり文化センター再整備事業の状況15.11

よみうり文化センター再整備事業15.05
よみうり文化センター再整備事業15.03
よみうり文化センター再整備事業14.08
よみうり文化センター再整備事業が4月8日に起工、住宅棟は高さ184mの超高層タワーマンション!
よみうり文化センター再整備計画は地上51階建て、高さ185mの超高層ビルで20143月にも着工の見通し!












th_IMG_1667_201511281421165ff.jpg


【スペック】
名称:
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
所在地:大阪府豊中市新千里東町一丁目1番の3
階数:住宅棟:地上51階、地下1階、商業棟:地上7階、地下1
高さ:住宅棟:184.92m、商業棟:37.14m
構造:S造、RC
杭・基礎 
主用途:共同住宅(分譲)、商業施設
総戸数:552
敷地面積:12,239.48㎡ ※施設全体
建築面積:10,353.63㎡ ※施設全体
延床面積:72,974.88㎡ ※施設全体
建築主:住宅棟:MID都市開発、関電不動産、関西電力  商業棟:読売新聞、讀賣テレビ放送、
設計者:住宅棟:大林組、商業棟:日建設計
施工者:住宅棟:大林組、商業棟:清水建設

着工・竣工
①商業施設Ⅰ期新築  2014年4月中 ~2015年6月下旬
②既存建物解体    2015年7月上旬~2016年1月下旬
③商業施設Ⅱ期新築  2016年2月上旬~2017年3月下旬
④住宅施設新築    2016年2月上旬~2019年4月下旬















th_IMG_0749_201705281454465e3.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年05月だったので約11ヶ月振りの取材です。随分と間が空いてしまいました。














th_IMG_0746_201705281454470f8.jpg 


久々に現地を訪れてみると、タワーの躯体が地上に姿を表していました。シエリアタワー千里中央は2機のタワークレーンで建設が進められています。















th_IMG_0752_20170528145448f34.jpg 


北西側側から見た様子です。高さ184mの住宅棟のボリューム感が良く解ります。
















th_IMG_0736_20170528145450ac2.jpg 


新御堂筋を跨ぐ歩道橋から見た様子です。低層階が組み上がってきただけでこれだけのボリューム感があるので、住宅棟が最高部まで立ち上がると、現地では圧倒的な存在感を誇るビルになると思います。

















th_IMG_0743_2017052814545212a.jpg 


ビルの南西角にはガラス窓が取り付けられていました。


















th_IMG_0724_20170528145501a61.jpg


建設現場の敷地内には、プレキャストコンクリートのパーツが並べられていました。



















th_IMG_0725_2017052814550045d.jpg



順調に建設工事が進む
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)。2機のタワータワーによって、これから順調に成長して行くと思います。

関連記事
[ 2017/05/28 14:30 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(2)

SENRITOよみうり(センリトよみうり)2期が完成ーグランドオープンした よみうり文化センター再整備事業2期商業施設部分の状況 17.05

 th_IMG_0714_20170528152629c12.jpg


千里中央駅前にある商業施設「SENRITOよみうり」の2期となる「イオンSENRITO専門館」が、4月21日(金)午前10時にオープンしました。3月末に竣工した商業2期部分の1~4階を、イオンモール株式会社がマスターリースして35店舗を展開します。

SENRITOよみうりは、読売新聞大阪本社と讀賣テレビ放送が、関電不動産開発、関西電力の2社(以下、関電グループ)を共同事業者として進める「よみうり文化センター(千里中央)再整備事業」の一環で、2期開業により商業棟は完成し「SENRITOよみうり」はグランドオープンを迎えました。物販、飲食、クリニック、スイミングスクールなど、1期、2期あわせて約60店舗が並び、千里中央の新たな賑わい拠点となります。

2019年春には、関電グループの手がける52階建てタワーマンションシエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)が竣工し、千里中央駅直結の新たな街「SENRITO」が完成する見込みです。


【出典元】
よみうり文化センター再整備事業(PDF)
シエリアタワー千里中央公式HP


【過去記事】
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.06
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.04

千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)よみうり文化センター再整備事業の状況15.11

よみうり文化センター再整備事業15.05
よみうり文化センター再整備事業15.03
よみうり文化センター再整備事業14.08
よみうり文化センター再整備事業が4月8日に起工、住宅棟は高さ184mの超高層タワーマンション!
よみうり文化センター再整備計画は地上51階建て、高さ185mの超高層ビルで20143月にも着工の見通し!











th_IMG_0689_20170528152627477.jpg


【イオンSENRITO専門館 開発のポイント】
SENRITOよみうり(センリトよみうり)は、長年地域に親しまれてきた旧よみうり文化センターの伝統を引き継ぎつつも、新たに『“ちょっとの時間”をコバレのトキに北摂スマートライフを創造』をストアコンセプトに設定。日々の暮らしのスタイルアップやワンポイントのおしゃれをプラスする専門店、趣味やトキを楽しめる空間を集積するなど、千里中央エリアにお住まいの感性豊かな皆さまやビジネスパーソンに、少しの時間でもコバレなひとときと、機能を提供する「良質な都市生活」の場と便利で快適な買いもの環境を提供する事を目指しています。







th_IMG_0709_20170528152629cb8.jpg


現地の様子です。レンガ風の外観は旧よみうり文化センターをイメージさせるデザインとなっています。1期開業時と比べると相当規模が拡大した印象を受けました。












th_IMG_0685_20170528152631a28.jpg


「せんりと」は、千里中央駅側と2箇所の歩行者デッキで接続されています。











th_IMG_0692_20170528152633301.jpg


イオンせんりと専門館側のエントランスの様子です。















th_IMG_0719_20170528152916547.jpg


北側には歩行者デッキがありますが、この奥に出来るシエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)に接続されます。













th_IMG_0721_20170528152919d83.jpg



北西側から見た、SENRITOよみうり商業棟の様子です。














th_IMG_0713_20170528152917349.jpg


グランドオープンしたSENRITOよみうり(センリトよみうり)。街開きから50年以上が経過した千里ニュータウンは、順調に新陳代謝を繰り返しオールド・タウン化する事なく再生している様に感じました。
関連記事
[ 2017/05/28 14:00 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(2)

大阪環状線改造プロジェクトー鶴橋駅リニューアル工事の状況 17.05

th_IMG_0669_20170524224235eb4.jpg


JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。



大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。



【過去記事】

▼桃谷駅
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(駅舎外観・ビエラ桃谷南側エリア)の状況 17.04
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(改札内コンコース・ホーム編) 17.04

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11~ビエラ桃谷南側エリアの状況~
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09~部分オープンしたビエラ桃谷の状況~

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.07

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.05

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.03

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 15.06


▼寺田町駅
大阪環状線改造プロジェクトー寺田町駅で発見された旧駅名標が「鉄道遺産」として保存される!



▼天王寺駅
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.04
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.02

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 16.11

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事 16.03 東口・跨線橋のLCD(液晶モニタ)発車標が完成!
JR天王寺駅ー阪和線(地上)ホームリニューアル工事の状況 16.03

JR天王寺駅ー環状線(11.12.13.14番)ホームリニューアル工事の状況 16.03
JR天王寺駅ー大和路線(15.16.17.18番)ホームリニューアル工事の状況 16.03


▼新今宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー新今宮駅リニューアル工事 15.07


▼西九条駅
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 15.01
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12-2
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12


▼大阪城公園駅
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.03
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 14.10


▼森ノ宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.05

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.04

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.03

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.10
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.09
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.08
大阪環状線改造プロジェクトの第一弾、森ノ宮駅改良駅舎の外観イメージが決定!
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.07
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.05
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04
環状線の大規模リニューアル計画「大阪環状線改造プロジェクト」がスタート!













th_IMG_0682_20170524224236b21.jpg



今回ご紹介するのは環状線東側の乗り換えターミナル駅「鶴橋駅」の様子です。鶴橋駅は近鉄奈良線・大阪線、地下鉄千日前線との乗換駅で終日多くの利用者で賑わう混雑駅です。駅周辺にはコリアンタウンが広がっており、多くの焼肉店が立地する個性的な街に立地しています。










th_IMG_0674_20170524224238fba.jpg


そんな鶴橋駅ですが、大阪環状線改造プロジェクトの一環として、JR側の駅ホームの美装化が始まりました!















th_IMG_0697_20170524224257a40.jpg


近鉄との乗り換え改札付近の柱には、新たにデジタルサイネージが設置されました。こちらは外回りホームの様子ですが、すでにサイネージが稼働していました。















th_IMG_0718_2017052422424003b.jpg



内回り側の様子です。こちら側のサイネージモニタは調整中となっていました。















th_IMG_0688_201705242242575e0.jpg



ホーム床面も多のリニューアル駅と同じく、床面の一部が
樹脂モルタルカラータイル舗装化されており、従来のアスファルト舗装よりも質感が向上しました。ホーム全てが樹脂モルタルカラータイル舗装になる訳ではなく、部分的に行われています。














th_IMG_0673_20170524224242e5e.jpg


上屋や柱の再塗装も行われています。再塗装が完了した箇所、途中の箇所、未実施の箇所が混在しており、少々カオスな状態になっています。











th_IMG_0679_20170524224255bd9.jpg


明かり取りの天窓のアクリルパネルも新調され明るくなりました。
















th_IMG_0678_20170524224259a2a.jpg



明かり窓が新調されたお陰でホーム上も、こんなに印象が変わりました。

















th_IMG_0714_20170524224300a46.jpg


ホームの美装化工事が進むJR鶴橋駅。上屋や柱の再塗装、床材の刷新、サイネージモニタの設置、明かり窓の更新などポイントを抑えたリニューアルとなっています。案内サイン類が旧タイプの青地に白文字のサインが多く残っているので、新しくなった感がまだ少ないですが、これから工事が進むにつれ、JR鶴橋駅のイメージは相当変わりそうです。

関連記事
[ 2017/05/27 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(2)

御堂筋線30000系の大量増備が判明!新型車両をなんと11編成、110両を一挙に投入する事に!!

th_IMG_0938_2017052522053809c.jpg




大阪市交通局が公開している入札・契約情報によると、高速電気軌道第1号線新造車両(30000系)台車製造に関する記述があり、御堂筋線向け新型車両30000系が10両編成✕11本、合計110両が投入される事が判明しました!









調達予定(2017年度)】

1)高速電気軌道第1号線新造車両(30000系)110両分
2)高速電気軌道第1号線新造車両(30000系)車内案内表示装置大画面化に伴う案内モニタ装置製造 37両分
3)高速車両(70系)中間更新改造  8両分 
4)高速車両(66系)中間更新・車内リフレッシュ化改造  8両分
5)高速車両(66系)中間更新に伴う制御装置(一部更新)改造   4両分 
6)高速車両(新20系)中間更新・車内リフレッシュ化・車内照明LED化改造 12両分
7)高速車両(新20系)中間更新に伴う空気制動装置改造  32両分


【関連記事】
大阪市交通局が御堂筋線に更なる快適性向上をめざした30000系マイナーチェンジ車を投入すると発表!
地下鉄御堂筋線に20年ぶりとなる新型車両「30000系」登場!
ニュートラムの新型車両200系の概要が判明!南港のまちを元気に走り回る子供をイメージした7色の車両が登場!

大阪市交通局新24系リフレッシュ車(24603F)に設置されたLCD方式の乗客案内装置(液晶モニタ)
大阪市交通局-千日前線 新20系リフレッシュ車
大阪市交通局66系リフレッシュ車
大阪市交通局30000系電車(谷町線用)
大阪市交通局70系電車
大阪市交通局80系電車
大阪市交通局100A系電車









th_IMG_0467_201705252205389c7.jpg

長年に渡り御堂筋線の主力として活躍してきた10系・10A系


現在(2017年5月)の御堂筋線の車両の内訳(北大阪急行分を除く)は10系が80両、VVVF化された10A系が100両で、この系列が合計180両、21系が180両、最新型の30000系が50両さらに1編成(10両)が製造中です。

2011年12月に御堂筋線用の30000系が運転を開始しましたが、その後の投入ペースは非常に遅く、老朽化が目立つ10系系列が依然として多数を占めてきました。昨年に内装を大幅にマイナーチェンジした30000系✕4本、40両の追加投入が発表され同系列の増備がペースアップしましたが、今回の調達予定数は10系の置き換えを見据えた本格的な増備が始まった事を意味しています。











th_IMG_0734_2017052522420632f.jpg



こちらは御堂筋線と並んで大阪を代表する鉄道路線と言える大阪環状線の新型車両323系です。こちらは一足早く投入が始まりハイピッチで製造が行われています。環状線に残る103系、201系を全て置き換える計画で8両編成21本、168両が投入される計画で、既に8編成目が落成し間もなく営業運転に入る所まで増備が進んでいます。(2017年5月現在)












th_IMG_0414_201705252205408a9.jpg


ついに10系、10系を置き換える為に大量増備が決まった御堂筋線30000系。今回の大量増備はおそらく御堂筋線へのホームドアの本格設置にも連動した動きだと思います。環状線の103・201系と御堂筋線の10系、10A系が一気に新型車両に置き換わる事は、なんだか感慨深い物があり夢の様です。大阪環状線と御堂筋線では駅のリニューアルも行われており、これらの施策が合わさる事で、来阪者が受ける大阪のイメージは相当変わるのではないでしょうか。地元の利用者にとっても利便性・快適性が向上する駅施設のリニューアルや新型車両の投入は大歓迎ですね。
関連記事
[ 2017/05/26 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(9)

南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 17.05

th_IMG_0231_20151223205001d46.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました



南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル
は、老朽化した現南海会館ビルを建替える再開発計画です。南海会館ビルの建て替えにあたり、難波再開発計画の南端に新しいオフィスビル(NCプロジェクト オフィス棟新築工事)を建設し、本社機能を移転、その後現南海会館ビルを解体、新ビルを建設する玉突き方式での建替えとなります。南海会館ビルの建て替えは2011年2月に南海電鉄が発表した新中期経営計画「凜進130計画で明らかになりました。


【過去記事】
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 17.04
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 17.03
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 17.01
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.10
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.07
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.06
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.04
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.03
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 16.02
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 15.12
新南海会館ビル(仮称)の最新のイメージパースが発表され最新のビルデザインが判明、着工は2015年9月1日!
南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルの建設状況 15.07
新南海会館ビル(仮称)15.06
新南海会館ビル(仮称)15.01
新南海会館ビル(仮称)14.11
新南海会館ビル(仮称)14.07
新南海会館ビル(仮称)14.05
南海会館ビルの建て替えに向け、既存建物の解体工事が始まる!
新南海会館ビルの事業概要が発表!








th_IMG_0216.jpg



【スペック】
名称:南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル
所在地:大阪市中央区難波五丁目12番外32筆(地名地番)
階数: 地上31階、地下2階
高さ:150.000m
構造:S造
杭・基礎 :
主用途:物販販売店舗、オフィス 
総戸数:---
敷地面積:34,252.02㎡(施設全体)
建築面積:3,820.90㎡
延床面積:84,125.30㎡(容積対象床面積78,741.74㎡)
建築主:南海電気鉄道
設計者:大林組
施工者:大林組、竹中工務店、南海辰村建設共同企業体
着工:2015年09月01日(予定)
竣工:
2018年09月末日(予定)







th_IMG_0072_20170522211204e99.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年04月だったので約1ヶ月振りの撮影です。















th_IMG_0075_20170522211206438.jpg


南側から見た様子です。隣に建つスイスホテル南海の高さにもう少しで追いつきそうです。















th_IMG_0077_20170522211207933.jpg


カーテンウォールの取り付けも進んでいます。一部のガラス窓が姿を表していました。


















th_IMG_0043_201705222112083e0.jpg


定番のポイント、南西側から見た様子です。


















th_IMG_0048_20170522211210728.jpg


低層部の構築も進んでいます。
















th_IMG_0041_20170522211219c94.jpg


撮影ポイントを変えて、北西側から見た様子です。













th_IMG_0019_201705222112211c6.jpg




さらに撮影ポイントを変えて、北側から見た様子です。高島屋を超えて南海ターミナルビルがグングン成長している様子が解ります。
















th_IMG_0016_20170522211223fc2.jpg



最後は引き気味のアングルで、スイスホテル南海、高島屋と絡めたアングルです。


関連記事
[ 2017/05/26 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(2)

三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.05

th_IMG_1063_2017052222522074a.jpg


三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館
は、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されている、地上21階、高さ104.5mの超高層ビルです。厳しい高さ規制が課せられていた御堂筋ですが、高度成長期に建設された沿道ビルの建て替えを促進し御堂筋の活性化を図る為、昨年に高さ規制が大幅に緩和されましたが、この計画は新基準を適用した初めての建て替え計画として注目を集めています。





【出典元】
伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース(PDF)
御堂筋の規制緩和第1号は三菱東京UFJ銀の超高層ビル…高さ100m超、1階にはカフェ、ギャラリーも



【過去記事】
三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.04
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.04

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.03
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.03

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.01
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.01

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.10
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.10 

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.05
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.05

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.02
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.02 

御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.09
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.07
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.05
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.04
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.03
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.01 
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.12
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.11
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.10
御堂筋の規制緩和後の新基準を適用した伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース
三菱東京UFJ銀行大阪ビルの建て替え計画が始動、御堂筋の高さ規制緩和を受け107m高層ビルを建設! 
御堂筋の新しい景観ガイドドライン-御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)が公表されました









th_IMG_0527_20161102001236a6f.jpg



【スペック】

名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目4番13号
階数: 地上18階、塔屋2階、地下3階
高さ:93.99軒高93.99
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:2,306.64
建築面積:1,593.18
延床面積:29,473.10㎡ ※25,025.43㎡
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201505月(予定)※解体工事は2014年10月に着手
竣工:2017年11月(予定)










th_IMG_1061_2017052222521817a.jpg
現地の様子です。昨日ご紹介した本館と同じくハイピッチで建設工事が進んでいます。もう少しで最高部に到達しそうな勢いです。









th_IMG_1069_2017052222521791b.jpg



今回ビックリしたのが、こちらの空中経路。結構高い位置で本館・別館が接続されています。










th_IMG_1067_20170522225216ec3.jpg


空中経路を先にユニット化し、タワークレーンで吊り下げて定位置で固定しています。












th_IMG_1074_201705222252147df.jpg


撮影ポイントを変えて、南側の様子です。












th_IMG_1078_20170522225230135.jpg


南東側から見た様子です。












th_IMG_1090_20170522225232d6e.jpg


東側から見た様子です。東面は他の面に比べ窓が少なくなっています。また高層部の鉄骨内部には多数の免震ブレースが見て取れます。













th_IMG_1093_201705222252326b5.jpg


毎回書きますが、この別館、周囲が中高層ビルに取り囲まれており、良い撮影ポイントがなく苦労します。












th_IMG_1122.jpg



北東部から見た、別館の高層部の様子です。











th_IMG_1125_20170522225235e3d.jpg


最後は、三菱東京UFJ銀行大阪ビルの本館・別館の並びです。
関連記事