新景観ガイドラインに準拠したビルが増え50mの軒線ラインが見えてきた御堂筋の現状について

 th_IMG_1112_20170507233653f11.jpg



大阪都心のメインストリートである御堂筋。大阪市は御堂筋の活性化に向け、まちづくりの方針や建築物の用途等の制限を規定する地区計画の決定等についての手続きを行っています。これに併せて、よりきめ細やかなデザイン等の誘導を図る為、その誘導指針等や協議手続きを定めた要綱やガイドライン等が大阪市HPで公表されています。

【大阪市HP】
→御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)の制定等について















001_201311082122505a6.jpg



新しい、御堂筋デザインガイドラインに沿って再開発が進んだ、御堂筋本町北地区のイメージパースです。従来の景観ガイドラインと同じく、町並みとして50mの軒線を強調する事を基本としていますが、新しい景観ガイドラインでは。高層部の高さ規制が大幅に緩和されており、100mを超える高さのビルの建設が可能となりました。

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館が規制緩和の1号案件、御堂筋にオービックが計画している超高層ビル「(仮称)御堂筋平野町計画」が2号案件として規制緩和を活用した再開発を行っています。







002_20131108212251989.jpg



建物の配置のガイドライン図です。御堂筋に面した部分は4mセットバックさせる、2階で分節し低層部にぎわいを演出する、御堂筋に面する低中層部の高さは従来と同じ50mに制限、高層部は50mの軒線から4m以上セットバックさせる事などが規定されています。










003_20131108212253435.jpg

御堂筋に接する敷地については、50mを超える部分は、後退距離の2倍の高さ※1まで、建築する事が来ます。これにより、御堂筋沿いに高さ100mを超えるビルの建設が可能となります。

※1:高さ50mを超える部分から、御堂筋の反対側の境界線より4m外側の線までの距離のうち、最小のものに2を乗じた高さ(52+a )2m












th_IMG_1216_20170507233655d3a.jpg


現在の御堂筋の様子です。淀屋橋〜本町間の東側のビルの建替えが進んでおり、ようやく50mの軒線で街並みの統一感が出てきました。









th_IMG_1196_20170507233655eae.jpg

建替え後の歩道の様子です。歩道境界線から4mセットバックさせる事で非常に広々とした空間が生まれています。











th_IMG_1199_201705072336571ee.jpg

歩道側から車道側を見た様子です。このゆとり感は素晴らしいと思います。










th_IMG_1202_2017050723365903b.jpg


ただ、全てのビルが建て替わった訳ではないので、この様に従来基準の古いビルが混在した箇所が残っています。こうやって見ると、従来の歩道が狭く見えますね。。








th_IMG_1138_201705072337015a2.jpg


撮影ポイントを変えて、こちらは建替えが進んでいない西側歩道の様子です。新基準で4mセットバックしたビルが多い東側に比べると、ちょっと狭い印象は拭えません。








th_IMG_1220_20170507233702373.jpg



50mの軒線強調と歩道境界線から4mセットバックし、1階にカフェなど賑いを演出するテナントを入れる事などを定めた御堂筋の景観ガイドラインですが、新基準制定後から十数年が経過し、ようやく50mの軒線ラインが見える様になってきました。特に東側は建替えが進んでおり、旧基準のビルが取り残された様な感じになってきているので、建替えはさらに加速すると思います。

続いて御堂筋西側。東側に比べると区画の奥行きがあり、建替えは後は中層ビルでも淀屋橋odona[オドナ]の様な、かなり大きな計画になるので時間がかりそうです。それでも相当老朽化が進んでいるビルが散見されるので今後は西側の建替え計画が注目される事になりそうです。
関連記事
[ 2017/05/08 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(9)

御堂筋にオービックが計画している超高層ビル「(仮称)御堂筋平野町計画」の状況 17.04

th_001_201702072159033a6.jpg

(仮称)御堂筋平野町計画は情報システム会社のオービックが御堂筋に計画している再開発計画で、ホテルとオフィスで構成された超高層ビルの建設計画です。オービックが御堂筋に計画している超高層ビルは、地上25階、塔屋2階、地下2階建て、延床面積55,533.82m2、高さ116.35m。御堂筋は2014年に高さ制限が緩和されましたが、オービックのビルは規制緩和後、2箇所目の100m超え超高層ビルの建設となります。2017年5月に着工、2020年1月の完成を予定しています。投資額は約250億円です。










th_P_20161118_153529.jpg



【スペック】
名称:(仮称)御堂筋平野町計画
所在地大阪市中央区平野町4丁目13-1番他27筆
階数:地上25階、塔屋2階、地下2階
高さ:116.35m
構造:S造(一部SRC)造
杭・基礎 
主用途:店舗、事務所、ホテル、駐車場
客室数:352室
敷地面積:3,924.19m2※船場後退後有効面積
建築面積:3,109.37m2
延床面積:55,533.82m2 ※容積対象面積:48,907.62㎡
建築主オービック
設計者鹿島建設
施工者鹿島建設
着工:2017年05月(予定)
竣工2020年01月(予定)











th_IMG_1192_2017050723120410c.jpg


三菱地所グループのホテル統括会社である株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは、2017年02月07日付けのプレスリリースで、独立系大手SIer「オービック」が御堂筋に建設中の超高層ビルの高層階に「ロイヤルパークホテルズ」の関西地区におけるフラッグシップホテルを新規出店すると発表しました。開業は2020年春を予定しています。

新ホテルの施設構成は、バスルームを充実させたゆとりあるツインルームを中心に 352 室を計画、上層階 の 24・25 階はエグゼクティブフロアと位置づけ、上質な滞在空間を提供。また、最上階の 25 階には宿泊者専用のエグゼクティブラウンジを設け、大阪の街並みを見渡しながら優雅なひと時を過ごせるとしています。 













th_IMG_1204_20170507231206b5c.jpg



計画地は、大阪屈指のビジネス街として栄える御堂筋エリアで且つ、大阪市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅 と「本町」駅から至近、また関西エリアの交通のハブである大阪・梅田駅にも近く、非常に交通利便性の高い場所に位置しています。 新ホテルはその立地を生かし、宿泊主体型における関西地区のフラッグシップホテルとすることを予定しています。




ホテル概要(予定) 
・ホテル賃借面積  15,523.61 ㎡(4,695.89 坪) 
・施設構成  客室(1525 階、352 室)、レストラン、バー、宿泊者専用エグゼクティブラウンジ 
・ホテル経営  株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ(三菱地所㈱100%出資) 
・ホテル運営  株式会社ロイヤルパークホテルマネジメント(㈱ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ 100%出資) 
・開    2020 年春
















th_IMG_1207_20170507231208253.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年01月頃だったので約3ヶ月振りの取材です。前回はクローラークレーンなどの重機が稼働していましたが、今回取材してみると、それらの重機は姿を消しており、とてもヒッソリとした感じに見えました。


















th_IMG_1211_201705072312097a7.jpg



ゲートが開いていたので仮囲いの内部を見る事が出来ました。なんとモックアップが組み立てられているではありませんか!かなりビックリしました。

















th_IMG_1213_201705072312114bf.jpg




内部を見渡すと、こんな感じです。オービックが計画している超高層ビル「(仮称)御堂筋平野町計画」ですが、今月(5月)の正式着工に向けて順調に準備が進んでいる様子でした!
関連記事