宝塚ホテルが宝塚大劇場の西側隣接地に新築移転!新ホテルはクラシカルな現ホテルのデザインを継承

th_001_20170518233700679.jpg


阪急電鉄と阪急阪神ホテルズは、2017年5月18日付のニュースリリースで、「宝塚ホテル」の移転計画を発表しました。

宝塚ホテルは、1926年(大正15年)に、当時としては先進的な洋館ホテルとして開業し、 その後、ホテル機能の充実と規模の拡大を図りながら、90年余の永きにわたり多くのお客様に愛されてきました。しかしな、経年により躯体や基幹設備の老朽化が進んでいるこ に加え、現行法上の耐震基準を満たしていないこと等から、今般、宝塚大劇場の西側隣接地(現 西駐 車場)に移転・新築することになりました。

新しい宝塚ホテル(以下、新ホテル)は、現在のホテルのデザインを継承するなど伝統を受け継ぐとともに、これまで以上に宝塚歌劇と連携して新たな魅力を発信すること等により、地域の良好 な都市イメージのさらなる向上に務める計画で、2020年春の開業を目指しています。 現在の宝塚ホテルは、新ホテルの開業まで、営業を継続する予定です(但し、開業準備のた めの期間は除く)。










th_002_20170518233700945.jpg

計画の概要 
地:兵庫県宝塚市栄町1丁目292番1ほか(地番) 
敷地面積 :約12,300㎡ 
 :鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造 
 :地上5階 地下1階 
延床面積 :約23,000㎡ 

工事期間 
敷地整備工事 2017年9月~2018年春(予定)
ホテル新築工事 2018年春~2020年春(予定) 
2020年春開業(予定)







 




施設の構成
新ホテルでは、魅力あふれる高品位なサービスとくつろぎの空間を提供されます。 客室は、宝塚歌劇の観劇やビジネスユースなど幅広いニーズに対応できる様々なルームタイプ を備え、現在のホテルを上回る約200室を予定。 宴会場は、宝塚大劇場のオフィシャルホテルとして、宝塚歌劇のディナーショーを開催できる大宴会場と、地域のコミュニティホテルとしてご利用いただける中・小宴会場の合計4室をご用意。また、料飲施設は、親しみやすいカフェレストラン&バイキングのほか、上質なお食事と サービスを提供する日本料理や鉄板焼、落ち着いた空間でアフターヌーンティーやお酒が楽しめるラウンジの計4施設が設けられます。









現ホテルのデザインの継承 

新ホテルは、阪神間モダニズムと称されるクラシカルな現ホテルのデザインを継承することと しており、切妻屋根の壁面などに描かれている植物モチーフのレリーフや、建物の外壁を特徴づ けるドーマー窓と半円形屋根のほか、アーチ天井を持つ回廊、階段の手すりに施された装飾など、 温もりが感じられる色彩や細やかな装飾を復元する予定です。 これらにより、今後も地域のシンボルとしてご愛顧いただけるホテルを目指します。














th_IMG_0055_20170518233658a47.jpg



最後は、伊丹空港離陸直後の宝塚付近の様子です。エンジンの熱でピンぼけですが、現地の雰囲気が良く分かると思います。新ホテルは、宝塚大劇場の隣接地に移転する事で、非常に集客力を増すことになりそうです。また、宝塚のオフィシャルホテルとして、ディナーショウなども、新ホテルで行われるのではないでしょうか。さらに、先の計画になると思いますが、現ホテルの跡地の再開発もドミノ方式で行われると思います。





関連記事
[ 2017/05/19 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

ささしまライブ地区を貫く幹線道路、椿町線と笹島線の建設状況 17.04

th_IMG_1125_20170519002126a0a.jpg


ささしまライブ24土地区画整理事業に伴い、同地区を貫く幹線道路の整備が進んでいます。1つは名古屋駅方面から近鉄とJRの車両基地の地下をくぐり抜けるアンダーパスを含め南北方向の幹線道路「椿町線」、もう一つは、ささしまライブ駅前で椿町線とT字型に接続される東西方向の幹線道路「笹島線」です。両路線とも幅員40mの幹線道路として整備が進んでいます。



【出典元】
→ささしまライブ24アンダーパスの概要
http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000055884.html


→ささしまライブ24土地区画整理事業の概要
http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000010057.html






keikakuzu.gif 


ささしまライブエリアの地区計画図です。











th_IMG_1132_2017051900212847d.jpg


まずは、ささしまライブ地区の中心部を貫く「笹島線」の様子です。本線部分が下り坂になっており、丁度ささしまライブ駅前の地下1階レベルで名古屋駅方面に繋がるアンダーパスと接続されます。












th_IMG_1114_201705190021270ca.jpg


反対側から見た「笹島線」の様子です。










th_IMG_0994_2017051900213063a.jpg


こちは、ささしまライブ駅前の工区です。JRと近鉄の車庫の地下をくぐり抜けるアンダーパスとT字接続される予定の場所です。少し前まではみずが溜まって池のようでしたが、今回取材して様子が一変していました。












kuikikeikaku.jpg 


車両基地の地下をくぐり抜けるアンダーパスはそのまま、JR名古屋駅方面に繋がる幹線道路に接続lされます。この「椿町線」が開通すると、名古屋駅方面からの自動車でのアクセスが劇的に改善される事になります。









th_IMG_1027_20170519002132610.jpg


こちらはアンダーパスの出口付近の様子です。かなり工事が進んでいますね。












th_IMG_1028_20170519002133064.jpg


その先の椿町線の様子です。舗装も美しく、こちらも工事が進んでいる様に見えました。












th_IMG_1125_20170519002142b4a.jpg


再開発エリアを貫くl幹線道路の整備が進むささしまライブ地区。特にアンダーパスが完成すると、同地区のアクセス性が飛躍的に向上する事になりそうですね。

関連記事
[ 2017/05/19 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)