旧堺港沿いにリゾートホテル、飲食、物販、温浴・スパで構成された複合施設が誕生!大浜北町市有地活用事業の優先交渉権者が決定

th_005_20170601002641d97.jpg

堺市は、歴史ある堺の港ならではの魅力あるウォーターフロントの形成を目指して、商業施設や公共施設 整備を一体的に行う大浜北町市有地活用事業者を募集していましたが、2017年5月31日に株式会社アゴーラ・ホスピタリティー・グループを代表法人とする企業グループに決定したと発表しました。提案内容には、ホテル(客室数 約270室、年間宿泊客数 約15万人)、飲食、物販、温浴・スパ(年間利用人数 約60万人)等で構成された、地上12階建て、延床面積38,735㎡商業施設を建設する計画です。





【出典元】
大浜北町市有地活用事業の優先交渉権者が決定しました(PDF)


※生粋の堺っ子さんから情報を頂きました、ありがとうございました!









th_001_2017060100263844b.jpg


対象地は、南海本線堺駅からほど近い、旧堺港に面した大浜北町市有地です。旧堺港にはマリーナがありクルーザーが多数停泊する日本離れした景観ですが、その背後にリゾートホテルを中心とした新しい商業施設が誕生する事になります。














th_002_20170601002637edb.jpg

貿易港としての風格と衣・食・住・遊の融合拠点 
アーバンリゾートタウン『ポルトマーレ(仮称)』の誕生

中世以降貿易港として周辺地域活性化に多大なる貢献をしてきた堺旧港が 今また新たなる再生の時を迎えています。活性化が叫ばれる今日、衣・食・ 住・遊をテーマとした施設づくりが求められています。『ポルトマーレ(仮称)』は都心地域西側の活性化の核として、「市民に憩 いと交流の場の提供」「まちとしてのにぎわいの創出」を実現すると共に堺 新港として地域住民はもとより、堺市域や広範な地域から親しみを持たれ、 訪れたくなる拠点となります。


ポルトはポルトガル語で「港」を意味し、マーレは造語でポルトガ ル語のマー、Mar”「海」からきており、「海港」を意味する造語












th_003_2017060100263987d.jpg


導入施設概要
1
階:駐車場(乗用車 247 台、大型バス5台※台数は立体駐車場分を含む)
2
階:都市型マルシェスペース・物販飲食施設・アンテナショップ
3
階:シーフードレストラン
4
階:スパ・エステティックサロン・温浴施設
5 - 12
階:ホテル(アゴーラリージェンシー堺アネックス;270 室)














th_004_20170601002642b68.jpg


今回の提案内容は、以下の内容が評価され、大浜北町市有地活用事業の優先交渉権者が決定されました。

1,宿泊施設を利用する観光客等により昼夜とも賑わいが創出される
2,レストラン等が海に向かい、開放的な空間として整備される
3,宿泊施設利用者に限定せず、観光客や市民も利用できる空間(シーサイドテラス)が配置される
4,既存ホテルでの周辺地域住民に対する交流イベントや、地域行事への参画実績を踏まえ、 本事業においても市民向けの地域活性化イベントを積極的に展開する提案である











th_P1020431.jpg


最後は少し前の写真ですが、計画地付近の旧堺港の様子です。ここに
地上12階建て、延床面積38,735㎡、約270室のリゾートホテルを中心とした複合ビルが建設される時が来るとは・・・。5〜6年前なら想像も出来なかった事ですが、インバウンド観光需要の急激な高まりなど、ホテル需要の高まりから事業者も名乗りを上げる様になったのだと思います。堺市にとって相当インパクトのある再開発計画になるのではないでしょうか。




関連記事
[ 2017/06/01 00:30 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

近鉄アプリがバージョンアップ。近畿圏の民鉄初となる「列車走行位置」提供サービスが6月1日(木)よりスタート!

 th_002_20170531230552949.jpg


近鉄は2017年05月29日付けのニュースリリースで、同社が提供中のスマートフォン向けアプリ「近鉄アプリ」をバージョンアップし、個々の列車の走行位置を、路線ごとに列車種別や遅れ時分とともに表示する 「列車走行位置」提供サービスを6月1日(木)より開始すると発表しました!なお、列車走行位置の提供はJR西日本が2017428日から始めていますが、民鉄としては近鉄が近畿圏初となります。




▼引用始め

「近鉄アプリ」で「列車走行位置」提供サービスを開始します
http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/soukouapuri.pdf

近鉄では、お客様のニーズの高い運行情報のご案内をさらに充実するために、スマートフォンアプリ 「近鉄アプリ」にて、個々の列車の走行位置を、路線ごとに列車種別や遅れ時分とともに表示する 「列車走行位置」提供サービスを6月1日(木)より開始いたします。 これにより、ご自身がご乗車される予定の列車が現在どこにいるのか、といった個々の列車の「今」 の動きを、お客様のお手もとのスマートフォン等で確認できるようになりますので、近鉄電車をご利用 される際の目安としてお使い頂ければと考えております。なお、列車走行位置の提供は関西民鉄では初 となります。 昨年12月にスタートした「近鉄アプリ」は、現在ダウンロード数が5万件を超えており、多くのお 客さまにご利用いただいております。今後も新たな機能を順次追加し、さらなる利便性の向上を図って まいります。


▲引用終わり







th_001_20170531230551e5b.jpg


1.サービス開始日
2017年6月1日(木) 既に「近鉄アプリ」をご利用いただいている場合は、アプリをアップデートすることでご利 用いただけます。 


2.サービス提供路線
14路線(難波・奈良線、京都線、橿原線、大阪線、名古屋線、生駒線、天理線、田原本線、 信貴線、湯の山線、鈴鹿線、山田線、鳥羽線、志摩線)
他の路線(南大阪線、けいはんな線等)についても順次拡大を検討しております。(実施時期は未定です) 


3.サービス内容
スマートフォンの画面上で、上記の提供路線における個々の列車の走行位置を、駅または駅間 の単位で列車種別(特急・急行など)と共に表示します。また、列車に遅れが発生している場合 には、その遅れている時分についても1分単位で表示します。 さらに、列車や駅名をタップすると、それぞれの詳細な情報を表示しますので、列車にご乗車される際の目安としてお使いください。


4.サービス提供時間
原則5時から翌日1時まで 


5.利用料
無料(ただし、通信料はお客様負担となります) 


6.対応OS
Android(4.4以降)、iOS(8以降) 


 7.その他
「列車走行位置」提供サービスの開始に合わせて、現在車掌が携帯している緊急連絡用携帯 電話をスマートフォンに更新します。これにより、ダイヤ乱れ時に受信していた運行情報メー ルと共に列車走行位置情報を活用して、車掌からお客様への情報提供をより細やかに行うよう 努めてまいります。














th_IMG_0357_20170531230745c26.jpg


バージョンアップされ列車位置情報サービスが提供される近鉄アプリ。今までの近鉄アプリは、既存サービスのリンク集の様な感じでしたが、こんな感じで徐々に機能を追加して行く様ですね。1分毎に実際の列車の位置が見られるのは中々面白そうです。「この準急が詰まってるから、ノロノロ運転なんや」など、何か新しい気付きがあるかも(笑)。JR西日本では既にサービスインしているモノですが、ちょっときになります。近畿圏の民鉄初となるこのサービス、僕も早速アプリをバージョンアップして使ってみたいと思います。





関連記事
[ 2017/06/01 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 17.05

 th_IMG_0145_20161109221224873.jpg



ザ・ファインタワー 梅田豊崎
は、御堂筋線中津駅の直上にあった「三井生命ビルディング」跡地の再開発計画で、 地上45階、塔屋2階、高さ151mのタワーマンションが建設されます。三井生命ビルディングには、オフィスや同じ三井系のビジネスホテル「ホテルコムズ大阪」が入居していましたが2013年3月末で閉館しました。また、正式名称はザ・ファインタワー 梅田豊崎に決まりました。

【公式HP】
ザ・ファインタワー 梅田豊崎


【過去記事】
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 17.03
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 16.10
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 16.06
中津にあったホテルコムズ跡にタワーマンションを建設する(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画新築工事の状況 15.11
中津にあったホテルコムズ跡にタワーマンションを建設する(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画新築工事の状況 15.06
中津にあったホテルコムズ跡にタワーマンションを建設する(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画新築工事の状況 15.04
ホテルコムズ大阪が入居していた旧三井生命ビルディング解体工事の状況 14.10
ホテルコムズ大阪が入居していた三井生命ビルディングの解体工事が始まる















th_IMG_0129_2016110922122620c.jpg



【スペック】
名称:
ザ・ファインタワー 梅田豊崎
所在地:大阪市北区豊崎3丁目23番1
階数: 地上45階、塔屋2階、地下1階
高さ:151.6m
構造RC造
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:312戸 
敷地面積:2,499.72
建築面積:980.92 
延床面積:34,945.34
建築主:京阪電鉄不動産、サンキョウホーム
設計者:竹中工務店
施工者:
竹中工務店
着工:
201604
竣工:201903月(予定)











th_IMG_0993_20170531223826302.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年03月頃だったので、約2ヶ月振りの取材です。















th_IMG_0998_20170531223830e0e.jpg 


久々に現地を訪れましたが、撮影時点では8〜9階付近を構築している所でした。ザ・ファインタワー 梅田豊崎は現在の所フロアクライミング式のタワークレーン1機で建設工事が進められており成長速度は非常にゆっくりしています。















th_IMG_1000_2017053122382614b.jpg



防護ネットから完成後の外壁が姿を表していました。特徴的なデザインの角の部分です。













th_IMG_1010_20170531223824bd6.jpg 

少し角度を変えて。南西側から見た様子です。

















th_IMG_1023_201705312238280c5.jpg 


旧ビル時代からあった大きな街路樹1本がそのまま残されています。ビルは新しいタワーに建て替わっても、この木は生き続ける事になりそうです。


















th_IMG_1007_20170531223832857.jpg



建設工事が進むザ・ファインタワー 梅田豊崎。建設ペースはゆっくりとしており、現在の予定では2019年02月の竣工予定となっています。



関連記事
[ 2017/06/01 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)