大阪初進出となる「エクセルホテル東急」が入居する(仮称)御堂会館建替計画の状況 17.05

th_IMG_1219_201706100837006f2.jpg

東急ホテルズが2016年10月26日に発表したニュースリリースで、2016年1月に閉館した御堂会館」の建替着手および「エクセルホテル東急」が関西初出店すると発表、日本で初めてとなる寺院の山門と一体となった高層ホテルが御堂筋に誕生する事になりました。計画地は、大阪市中央区久太郎町四丁目68番5、 敷地面積2,589.76㎡、定期借地権設定期間は2017年10月1日から2077年9月30日までの60年間。建築・設備設計はIAO竹田設計、構造設計は竹中工務店、施工は同じく竹中工務店が担当します。御堂会館の建替え計画は、東京五輪前の2019年冬の開業を目指しています。













th_IMG_1221_2017061008370220a.jpg


現地の様子です。前回の取材が2017年01月頃だったので約4ヶ月振りの取材です。旧建物は防護壁でスッポリの覆われており、解体工事がかなり進んでいました。
















th_IMG_0996_2017013122261986a.jpg


ちなみにこちらは2017年01月頃の現地の様子です。
















th_IMG_1214.jpg


御堂筋を渡り南側から見ると・・・。旧建物が無い!











th_IMG_1216_201706100837005a2.jpg


仮囲いの透明箇所から見た内部の様子です。御堂筋側から見るよりも解体工事は進んでおり、旧建物はほとんど姿を消していました!











th_IMG_1210_20170610083704f0a.jpg


最後は北西から見た様子です。旧建物の解体工事が進む(仮称)御堂会館建替計画。完成予想パースの発表はまだなので、早く完成後のイメージを見てみたいです。
関連記事
[ 2017/06/10 08:45 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(4)

梅田歩道橋リニューアル工事(阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋)の状況 17.05

 th_IMG_0152_201706100820580ce.jpg


梅田歩道橋のリニューアル工事
大阪神ビルディングの建替え工事に伴い、行われている歩道橋の耐震補強工事及び美装化工事です。また、阪急電鉄が大阪市が公募した梅田新歩道橋のネーミングライツ(命名権)に応募し、優先交渉権パートナー企業に選定されていましたが、名称は「阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋」に決定しました。



【出店元】
梅田新歩道橋におけるネーミングライツの名称が決定しました ~「阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋」~PDF
















th_IMG_0154_20170610082100a99.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年04月だったので約1ヶ月振りの取材です。梅田阪急ビルのスカイロビーから見ると、歩道橋の手摺が取り外されているのが見えました。










th_IMG_1502_201706100821008f3.jpg


撮影ポイントを変えて、JR寄りの北側から見た様子です。歩道橋の仮囲いされているエリアがこの1ヶ月間で大幅に広がっていました。











th_IMG_1497_20170610082102ffa.jpg


アップで見た様子です。リニューアル工事が着々と進んでいます。










th_IMG_1532_20170610082104ed6.jpg


反対側のバスロータリー側から見た様子です。












th_IMG_1544_20170610082106a7a.jpg


最後は一番工事が進んでいる、阪神百貨店側の様子です。









関連記事
[ 2017/06/10 08:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(3)