読売テレビ新社屋の建設状況 17.07 〜鉄骨が地上に姿を現し3機目のタワークレーンの組み立てが始まる!

th_001_20161023003516174.jpg


読売テレビは2014年8月28日に、OBP(大阪ビジネスパーク)内に新しい社屋を建設し、5年後の2019年8月に移転すると発表しました。新しい社屋は、現在の社屋から南へ約400m離れた毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」(平成28年春に閉館)の跡地を含む場所です。新社屋の規模は延床最大4.5万㎡、高さ80mの高層ビルを想定、敷地面積は約1万2千㎡です。社屋の移転は2019年8月の予定となっています。



【出典元】
国土交通省>讀賣テレビ放送株式会社の民間都市再生事業計画を認定



過去記事】
読売テレビ新社屋の建設状況 17.05 ~ついにタワークレーンが姿を現す!
読売テレビ新社屋の建設状況 16.11

読売テレビ新社屋の完成予想図がついに明らかに!

読売テレビが跡地に新社屋を計画している「シアターBRAVA!」の解体工事の状況 16.07

読売テレビが新社屋を建設する「シアターBRAVA!」の状況 14.09
読売テレビがOBPの「シアターBRAVA!」跡に高さ約80m、延床4.5万㎡の新社屋を建設!






th_003_20161023003521e03.jpg


新ビルの概念図です。TV局の社屋の為、非常に複雑なフロア構成になっています。読売テレビの新社屋が完成すれば、同局からOBP発信の情報が増える事が予想されるので、OPBエリア全体が再び脚光を浴びる事になりそうです。
















th_IMG_0805_2016112222250500b.jpg


【スペック】
名称:読売テレビ新社屋
所在地大阪市中央区城見1丁目3番2他
階数:地上17階、塔屋2階、地下1階
高さ:85.06m
構造鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造
杭・基礎 
主用途:テレビスタジオ
総戸数:-----
敷地面積:12,495.90m2
建築面積:6,995.39m2
延床面積:51,194.58m2 ※容積対象面積:45,393.30㎡
建築主読売テレビ放送
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年10月
竣工2019年01月(予定)






th_IMG_0185_20170803233242dfe.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年05月頃だったので約2ヶ月振りの取材です。















th_IMG_0188_20170803233239cd0.jpg



先ず驚いたのが、鉄骨が地上に姿を表していた事です。放送局はBCP対応など基礎工事に相当時間がかかる施設なので正直もう少し先になると思っていましたが予想外に早く驚きました。
















th_IMG_0181_2017080323323890f.jpg



さらに驚いたのがこのマスト。なんと3機目のタワークレーンの組み立てが始まっていました。













th_IMG_0175_2017080323323787d.jpg



撮影ポイントを変えて。鉄骨建方が東側を中心に進んでいる様子が見て取れます。

















th_IMG_0173_2017080323324072b.jpg



引きでみた現地全体の様子です。












th_IMG_0164_20170803233249a58.jpg




最後は西側から見た様子です。






関連記事

(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.07

th_001_20160223230937e38.jpg
【出典元】→産経WEST>近畿産業信用組合、平成30年に北浜に新本店ビル



(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事は、大阪市中央区淡路町2丁目の堺筋沿いに計画されている高層ビルの建設計画です。新ビルの規模は、地上18階、地下1階、高さ77.9m、延床面積11,178.52m²で、近畿産業信用組合の新本店となる予定です。現在の本店(大阪市天王寺区)は、経営破綻し、同信組が事業譲渡を受けた旧信用組合関西興銀本店で、老朽化のため移転後に売却される事になります。









th_IMG_0072_2017080323464869e.jpg


【スペック】
名称:(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事
所在地:大阪市中央区淡路町2丁目1−3(住居表示)
階数:地上18階、地下1階
高さ:77.9m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :
主用途:事務所
総戸数:-----
敷地面積:1,134.39 m²
建築面積:656.49 m²
延床面積:11,327.75m² ※容積対象面積:9,858.65㎡
建築主:近畿産業信用組合
設計者:大成建設
施工者:大成建設、長谷工コーポレーションJV
着工:2017年03月(予定)
竣工:2019年01月(予定)







th_IMG_0064_2017080323464642b.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年01月だったので約半年振りの取材です。

















th_IMG_0067_201708032346492af.jpg


新本店には、本店営業部のほか、これまで本店以外の大阪市内3カ所に分散していた事務センターや研修室なども本部機能として新ビルに集約されます。設計は大成建設が担当し、自然エネルギーを活用することで標準的なビルに比べ50%以上の省エネ効果がある「ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル) Ready」を関西で初めて目指します。また託児所を設置し女性職員の働きやすさも考慮したビルになります。















th_IMG_0069_20170803234650f6e.jpg

最後は南西側から見た様子です。





関連記事