大阪府庁咲洲庁舎の低層階のホテルへのコンバーションが決定。7階〜17階の全フロアに部屋数378室、定員756人規模のホテルが出現!

th_IMG_1162_2017071522513006a.jpg


先日の記事でお伝えした、大阪府咲州庁舎(コスモタワー)の7階~17階までの空き室に入るテナントを公募、2者からの応募があった件ですが、選考の結果、株式会社リコジャパン、株式会社西辻工務店による共同応募を決定事業者として発表しました。今後は2社の100%出資子会社「株式会社さきしまコスモタワーホテル開発を設立、ホテルを運営する計画です。入居面積は同庁舎の7階から17階の全フロアで、合わせて約5000坪、月額賃料は3195万6750円(月坪6300円、税抜)。今回の入居で、同庁舎の稼働率は、約20%増の84%に向上します。






▼引用始め


大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)低層階(7階から17階)の入居事業者の決定について
http://www.pref.osaka.lg.jp/yodo/koubojyouhou/sakishima_koubo_6_8.html


   大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)の空きスペースの活用促進と稼働率向上を図るため、6月12日(月曜日)から7月14日(金曜日)の間、同庁舎の低層階(7階から17階)に入居する事業者を募集したところ、2件の応募がありました。
   その後、応募資格の審査を行い、月額賃料の総額を比較し、入居事業者を決定したので、お知らせします。



1 決定事業者名
  株式会社リコジャパン(堺市)及び株式会社西辻工務店(和泉市)[2者による共同応募]
  ※「辻」は、常用漢字で表記していますが、正しくは、シンニョウの点が一つになります。

2 使用目的(用途)
  宿泊施設
  ※両者の100%出資子会社である「株式会社さきしまコスモタワーホテル開発」を新規設立し、ホテルを運営予定。

3 決定区画
  22区画(7階から17階の全フロア)

4 決定価格 
  月額31,956,750円(月坪6,300円、消費税抜き)

5 希望入居期間

  20年

6 事業者のスケジュール(予定)

  平成30年2月 工事開始
  平成30年8月 第1期オープン(5期に分けて順次オープン予定)
  平成32年2月 グランドオープン

7 その他
    今回の入居により、咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)の稼働率は、約84%に向上(約20%増)


引用終わり▲








th_IMG_0077_20170715225132207.jpg

入居するホテルのグレードはラグジュアリーとビジネスの中間程度を想定、部屋数は378室、定員は756人の規模となります。2018年02月に工事を開始し、同年8月に第1期オープンの予定で、5期に分け順次オープンし、2020年2月のグランドオープンを目指す計画です。グランフロントオープンまでかなり時間がかかりますね。






関連記事
[ 2017/08/10 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.08

th_0001.jpg



梅田1丁目1番地計画は、 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングと隣接する新阪急ビルを一体的なビルに建て替える大規模再開発計画です。 新ビルは地上38階、地下3階、高さ188.9m、延床面積約257,000m2の超巨大なビルになります。工事は東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工され、1期工事は2018年春に、2期工事は2021年秋に竣工する予定です。



【出典元】
H2OリテイリングHP>阪神梅田本店建替えの工事施行計画の決定について(PDF)
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) において改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分の建築工事がはじまりました



【過去記事】
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.06
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.06


梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.05

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.01
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.01


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.10
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.10

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.07

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.06

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.06


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.05
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.05

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05

阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース











th_001_20160507233136377.jpg







 ■工事施行計画 

 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。

 

 ■総投資額 約450億円 


 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。 


 ●準備工事(ビル縮小に伴う階段・エレベーター等の移設工事) 
2014年2月~ 

 ●Ⅰ期工事 
2015年春頃 大阪神ビルディング東側解体工事着手 
2018年春頃 Ⅰ期棟竣工・阪神梅田本店Ⅰ期棟オープン 

●Ⅱ期工事 
2018年春頃 大阪神ビルディング西側解体工事着手
2021年秋頃 Ⅱ期棟竣工 

●阪神梅田本店グランドオープン 
2021年秋頃 阪神梅田本店グランドオープン 













th_IMG_0778_20170809224117c60.jpg


【スペック】
名称:梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
所在地:大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
階数: 地上38階、地下3階
高さ:188.9m
構造:S造、RC造、SRC造
杭・基礎 :
主用途:百貨店、オフィス、集会所、駐車場 
総戸数:---
敷地面積:12,192.83㎡
建築面積:10,348.95㎡
延床面積:258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
建築主:阪神電気鉄道、阪急電鉄
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2015年07月
竣工:2022年03月下旬(予定)




















th_IMG_0801_20170809224120d51.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年06月中旬だったので約1.5ヶ月振りの取材です。






















th_IMG_0720_20170809224113e7c.jpg


前回に比べると大阪神ビル側の外装カーテンウォールの取り付けが進み、道路を隔てた旧新阪急ビルと一体化しています。また、超高層部分となるオフィスフロアの鉄骨が遂に姿を表しました!写真右側の頂部付近に2フロア分、明らかに他の箇所と向きが異なる柱の感覚が広い鉄骨が見て取れます。


















th_IMG_0723_201708092241157ab.jpg


梅田歩道橋との接続箇所付近の様子です。タワークレーンのマストと思しき銀色の鉄骨パーツが並べられていました。クライミングするためのパーツでしょうか。




















th_IMG_0829_2017080922411840c.jpg


撮影ポイントを変えて。大阪ステーションシティ、ノースゲートビルディング側から見た様子です。写真を眺めていてふと思ったのですが、オフィスフロアとなる超高層部分の鉄骨建方はどのタイミングで本格化するのでしょうか?超高層部分は1期棟にもかかっていますが、ほとんどが「これから解体される」現阪神百貨店側に位置しています。まあ、順当に考えれば、現阪神百貨店部分の解体→新築→高さが1期棟に追いついたタイミング、で1期部分とセットで伸び始めるパターンになると思いますが・・。


















th_IMG_0826_2017080922412155a.jpg


最後は梅田阪急ビルとの並びです。今回、超高層部分の片鱗を見つけた事で、写真の真っ青な青空の部分に巨大なガラスの塔が建ち、2つの超高層ビルがそびえ立つ姿が少しだけ想像出来ました。



関連記事
[ 2017/08/10 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(2)