京橋駅周辺地区が都市再生緊急整備地域に拡大指定!京橋駅・天満橋駅エリアの再開発が加速する!?

th_IMG_0833_20170811000012ce6.jpg


JR西日本と京阪ホールディングスの両者は2017年08月08日付けのニュースリリースで、京橋駅周辺地区のまちづくりに関する連携について発表しました。201782日(水曜日)に京橋駅周辺地区が都市再生緊急整備地域に拡大指定されました。これを受け、京阪ホールディングスJR西日本の2者は、地域整備方針に掲げられているターミナル駅としてふさわしい駅利用者の利便性向上に資する交通結節点としての機能整備に連携して取り組む事になったと発表。同地区における短期・中期・長期のスパンごとの地域の将来像・プランの策定など、将来のまちづくり構想の策定に向け、今後、大阪市とも連携しつつ、関係先と検討を進めたいとしています。


【出典元】
JR西日本>京橋駅周辺地区のまちづくりに関する連携について







th_001_20170810235127056.jpg



【出典元】
大阪京橋駅・大阪ビジネスパーク駅周辺・天満橋駅周辺地域(PDF)

【緊急整備地域名称】
大阪京橋駅・大阪ビジネスパーク駅周辺・天満橋駅周辺地域

【指定面積】
約68ヘクタール

【都市開発事業】 
1   
KDDI大阪第2ビル
2
(仮称)新MID大阪京橋ビル新築工事 
3   
読売テレビ新社屋建設計画

4 (仮称)京阪京橋駅周辺開発計画 
5 (仮称)イオン京橋開発計画













th_IMG_1138_20170811000456770.jpg


今回の発表で注目されるのが、都市開発事業の1〜5の計画の中で新たに判明した計画、  4(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画 、(仮称)イオン京橋開発計画です。



4(仮称)京阪京橋駅周辺開発計画は、大阪市都島区東野田町二丁目 1.7haに対する再開発で、 商業、宿泊、駅施設、駐車場等が新たに整備されます。事業者は京阪ホールディングス(株)。駅前北側、1号線近くにある一部の雑居ビルのテナント退去が進んでいる事から「再開発が始まるのでは?」との噂もありましたが、その後現在に至るまで音沙汰がありません。今回の発表に伴い、京阪京橋駅の北側エリアの大規模な再開発が行われる可能性が出てきました。



5(仮称)イオン京橋開発計画は、大阪市都島区片町二丁目にあるイオン京橋店周辺に対する再開発計画です。現在の所事業者、主用途、規模は不明ですが、JRと京阪に囲まれた最高の立地なので、超高層ビルに建てかえらえる可能性が高そうです。出来れば低層部商業施設、中層部オフィス、高層部ホテルといった超高層複合ビルになってほしいです。













th_001_20170810222937558.jpg


また、このタイミングに合わせるかの様に、長年放置プレイが続き老朽化が著しいJR京橋駅の大規模リニューアル工事も今月8月下旬から始まる事が明らかになりました。















th_IMG_0599_20170811000014774.jpg


さらに天満橋駅周辺も都市再生緊急整備地域に指定されました。このエリアも大規模な再開発計画が浮上する可能性が高まりました。OMMビルの建替えなどもあるかもしれません。天満橋エリアは具体的な計画名が未掲載なので続報が待たれる所です。

風雲急を告げる、と言う感じになってきた京橋・天満橋エリア。得に京橋駅周辺は今回の都市再生緊急整備地域の拡大指定をきっかけに、現在近いようで遠い分断されたイメージが強いOBPと駅の一体化を図り、大阪第4ターミナルとしての地位を盤石なモノにして磨き上げて欲しいと思いました。










th_IMG_0018_20170811005542666.jpg


大都会の魅力は多様性にあります。綺麗、猥雑、清潔、恐怖、冒険、歴史、文化、グルメ。様々な体験が来訪者の感動を呼び「また来たい」と思わせます。大都会ならではの懐の深さ、奥深さといった所でしょうか。幸い大阪都心部は1200万都市圏(神戸、京都は独自の200万都市圏を持っています)の母都市として機能しており、梅田、心斎橋・難波(いわゆるミナミ)の超巨大繁華街をツートップに据え、天王寺・阿倍野、京橋、新大阪の3大サブターミナルがあります。












th_IMG_0604_2017081100363357d.jpg


2トップ(梅田、心斎橋・難波)、プラス3(天王寺、京橋、新大阪)
と僕は勝手に呼んでいますが、大阪都心の2トップ、プラス3は、幸いにして、それぞれ個性を持っています。新大阪は国土幹線軸に直結した長距離ターミナル駅を軸にベンチャー、IT企業が集積するビジネスエリア。京橋はOBP+大阪城+京橋駅周辺の雑多な繁華街、天王寺・阿倍野地区は箱物商業施設+天王寺公園+動物園といった具合です。
これらの拠点が、それぞれの個性更に伸ばし発展する事がベストです。都市内でのエリア間競争が都市全体を活性化に向かわせる、新陳代謝を促す。インバウンド需要やIRの流れと捉えつつ、そんな循環が出来れば・・と考えさせられたニュースでした。




関連記事
[ 2017/08/11 00:40 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(19)

JR西日本が京橋駅の大規模リニューアル工事を開始すると発表!大阪環状線改造プロジェクトが京橋駅を変える!

 th_001_20170810222937558.jpg


JR西日本は2017年08月10日付けのニュースリリースで、JR京橋駅リニューアル工事を開始すると発表、老朽化が著しい同駅の大規模改良工事がスタートする事になりました!京橋駅は大阪環状線の乗り換えターミナル駅で、JR京橋駅の1日あたりの乗降客数は259,400人/日。京阪京橋駅は177,841/日、地下鉄京橋駅は34,070/日。3社3駅の合計乗降客数が471,311人/日に達する一大ターミナル駅です。


JR京橋駅は、都市計画道路の延伸計画や、それに伴うJR学研都市線ホームの地下化構想など、様々な理由が折り重なり、抜本的な改良工事は行われず長年放置プレイが続いてきました。2015年度に行われた、大阪環状線の顧客満足度調査「オレンジ白書」によると、大阪環状線の19駅中で利用客数が「3位」の京橋駅の満足度は「18位」と最低に近い評価となっています。この様な調査結果やバリアフリー化の観点からJR西日本はJR京橋駅大規模リニューアル工事を計画、今回の発表となりました。

【関連記事】
2015年度「大阪環状線のお客様満足度調査」の結果、「オレンジ白書」がオモシロイ!
JR京橋駅ー学研都市線2番のりばのホームドア(可動式ホーム柵)が使用開始!





▼引用始め

『大阪環状線改造プロジェクト』進行中
京橋駅リニューアル工事を開始します!~生まれ変わる京橋駅にご期待ください~
https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_10939.html


JR
西日本グループでは、2013年度から『大阪環状線改造プロジェクト』をスタートし、大阪環状線のイメージ刷新とお客様満足度向上を図るため、さまざまな施策を展開しています。

その大阪環状線の中でも、京橋エリアはビジネスとレジャーが融合するまちであり、大阪環状線のほか京阪本線、地下鉄長堀鶴見緑地線、JR東西線、学研都市線と複数の鉄道路線が乗り入れる大阪「ヒガシ」の玄関口です。このたび、京橋駅周辺地区が政令で都市再生緊急整備地域に指定されたことを受け、去る88日にお知らせしたとおり、京阪ホールディングス株式会社と当社で将来のまちづくりに向けて、交通結節点としての機能整備に連携して取り組むこととなりました。

つきましては、当社、京橋駅が当エリアの魅力あるまちづくりの一端を担うと同時に、ターミナル駅としてふさわしい機能を整備することを目的に、以下のとおりリニューアル工事を開始します。

リニューアルにあたっては、現状の課題解決を図るとともに、「駅と駅」、「駅とまち」をつなぐターミナル機能を強化し、魅力あるまちづくりに貢献していきます。


▲引用終わり







th_002_20170810222936b57.jpg

1 主なリニューアル工事内容

①北口リニューアル
駅舎デザインを刷新し、京橋駅の玄関口としての顔作りを図り、お 客様や地域の皆様に親しまれる駅を目指します。 また床面、壁面、天井の美装、LED照明化により明るく、きれい な空間を作ると共に、店舗のリニューアルにより、快適性、利便性 の向上を図ります。


②トイレリニューアル
北口・南口・西口のトイレをリニューアルします。北口トイレにつ いては多目的トイレを新設し、どなたでも安心してご利用頂けるト イレに生まれ変わります。また京橋駅のトイレリニューアルをもっ て、大阪環状線内すべての駅のトイレ改良が完了します。

③エレベーター増設
エレベーターを3基増設し、大阪環状線(内回り・外回り)とJR 東西線・学研都市線の乗換え時のエレベーター利用回数が全ルート 1回となり、お客様の移動時間の短縮を図ります。

④エスカレーター増設
コンコース~ホームの円滑かつ安全な移動を促進するためエスカ レーターを北口に2基、南口に1基増設します。

⑤案内サイン改良(駅全体)
複雑な駅構造や他社線への乗換えにおいて、不慣れなお客様にも分 かりやすくご案内出来るよう、駅全体の案内サインを改良します。

⑥その他
ホーム(内回り・外回り)・南口・西口を美装し、明るくきれいな 空間を作り、快適性の向上を図ります。


2 工事期間
20178月下旬から2021年(予定)













th_IMG_1114_20170620225959262.jpg
美しく美装かされた京阪京橋駅。老朽化が著しいJR京橋駅との対比が凄い


京阪京橋駅は、同社最大の利用者数を誇る一大ターミナル駅なので大規模リニューアルが行われ拠点駅に相応しい体裁が整っています。現在のJR京橋駅とは雲泥の差があります。
















th_IMG_0402_201506072138263e1.jpg



こちらは大阪環状線改造プロジェクトのパイロットケースとして先んじてリニューアルが行われた森ノ宮駅の様子です。京橋駅とは規模が全く異なりますが、このデザインテイストを基本フォーマットにしたリニューアルが行われると予想されます。JR京橋駅改良工事の工期は今年8月下旬〜2021年まで、となっているので完成まではかなり時間がかなる事になります。一体どんな駅に生まれ変わるのか?あの戦前のバラックの様な波打った上屋やホームがどう変わるのか?JR京橋駅のこれからの変化は大いに注目を集める事になりそうです。


関連記事
[ 2017/08/11 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(7)