旧朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地にタワーマンション!(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画の状況17.08

th_IMG_0026_2017081422163401a.jpg


旧朝日放送・ホテルプラザ跡ホロニクスグループの医療法人「医誠会」が、医誠会国際病院、医療モール、i-Mall Wellness、 IMWプロジェクトから成る、最先端のメディカルコンプレックス施設を計画していましたが、計画が動き出す事は無く長らく更地の状態が続いていました。そんな同地ですが、積水ハウスなどからなる5社が、旧朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地のうち、約1haを2016年12月に取得し、超高層タワーマンションを建設する事になりました。











th_IMG_0028_20170814221635846.jpg


読者の方から頂いた情報で「現地に建築計画のお知らせが掲示されれている」事を知り早速取材にいってきました!確かにありました、建築計画のお知らせ。長年待ち焦がれた再開発計画がようやく動き出した瞬間です。予想どおり超高層タワーマンションが計画されています。しかも高さは航空法の高さ制限ギリギリの178m(制限は海抜179m)ですが、延べ床面積は10万㎡に迫る超弩級の大型タワーマンションです。


【スペック】
名称:(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画
所在地大阪市北区大淀南2丁目2番1(地名地番)
階数:地上51階、塔屋2階、地下1階
高さ:178m
構造RC造、一部S造
杭・基礎
主用途:共同住宅、店舗
総戸数:約900戸
敷地面積:10,337.43m2
建築面積:4,050m2
延床面積:99,990m2 ※容積率対象面積72,300㎡
建築主:積水ハウス、三菱地所レジデンス、東急不動産、東京建物、アサヒプロパティズ
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:201805月(予定)
竣工2022年06月(予定)









th_IMG_0031_201708142216361e9.jpg




大阪都心部で延床面積が10万平米クラスのタワーマンションは、他には
ザ・サンクタスタワー(高さ189.55m、延床面積99,731.33㎡、総戸数874戸)、ザ・パークハウス中之島タワー(高さ193m、延床面積:99,700㎡、総戸数894戸)、計画中のモノでは住友不動産がもと大阪北小学校跡で計画している(仮称)梅田曽根崎計画 (高さ約193m、延床面積約111,500m2、総戸数:約900戸/客室数:約200室)の3棟だけです。(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画はその中では最も高さが低いですが、横幅が若干太いタワー形状(東西47m✕南北56m)となっています。











th_IMG_0034_201708142216374d8.jpg



配置図です。(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画の超高層タワーは敷地西側に位置しており、既存のローレルタワーサンクタス梅田との「お見合い配置」は避ける位置になっています。














th_IMG_0037_20170814221639337.jpg


現地の様子です。なお、ABCセンター跡ですが、敷地南東角の土地約3,900㎡については済生会が取得しています。この写真では右側手前の部分がそれにあたります。











th_IMG_0043_20170814221646f19.jpg


計画地を南西側から見た様子です。既存のローレルタワーサンクタス梅田が見えています。












th_IMG_0052_20170814221648232.jpg

最後は、明治安田生命大阪梅田ビルから見た計画地の様子です。ついに具体的な計画が明らかになった、(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画。梅田付近の高さ制限がなければ200m級のタワーマンションになっていたと思います。


それにしても、不思議に思うのが最近の東京都心部では航空法の上限を何十メートルも超える計画が明らかになっている事。例を上げると虎ノ門ヒルズ森タワー(最高部255.5m)付近の、航空法における高さ制限は、「円錐表面」で制限高(標高)は約230mです。虎ノ門ヒルズは航空法を超える高さで存在しています。さらに、この近くで計画されている、東京都港区虎ノ門五丁目のA街区では高さ約330mの超高層ビルが建設される予定です。標高を差し引いて考えると羽田空港高さ制限回答システム上限を100m以上も上回る高さのビルが可能になっています。

これをを見ていると大阪都心部、特に梅田の厳しすぎる高さ制限が未だに厳格に守られているのが不思議でなりません。梅北2期でも同様に梅田・中之島周辺だけでも航空法の高さ制限を100m緩和する事はできないのでしょうか。もし規制緩和されれば、280m級の超高層ビルが建設可能になります。280mと言えばシンガポールのスカイラインの上限ぐらいですので、梅田地区に相当迫力のあるスカイラインが形成出来ます。

航空法の高さ規制について素人ので詳しくは解りませんが、単に東京都心は国家戦略特区なので規制緩和されており特例でOKで、大阪都心は特区ではないのでNGという事なのでしょうか?もしくは、
より羽田空港に近い品川地区はそんなに高いビルが無いので空港からの実距離が◯◯m離れると特例が認められる等があるのでしょうか?それとも他に明確な理由があるのかもしれませんが・・・。


関連記事

ドン・キホーテあべの天王寺駅前店の夜間照明はLED照明によるアニメーション表示が可能。密かに美しくてビックリ!

th_IMG_0146_20170814234527f6c.jpg



2017年04月21日(金)にグランドオープンした商業施設、ドン・キホーテあべの天王寺駅前店ドン・キホーテあべの天王寺駅前店は、関西初となるホテル一体型の店舗で、同ビルの1階~6階に入居しています。取り扱い品目は、食品、酒、日用消耗品、家庭雑貨、化粧品、海外ブランド品、家電製品、衣料品、雑貨、玩具などで、売り場面積は2059㎡。営業時間は24時間。ドン・キホーテあべの天王寺駅前は、社員14人、アルバイトスタッフ約135人、ウエルカムクルー5人(中国語、韓国語に対応)の150人体制で運営されるそうで、「道頓堀店や梅田本店のように大阪の新スポットとして注目される存在を目指し、売り上げ目標は年商25億円としています。


【出展元】
(仮称)ヴィアイン天王寺、(仮称)ヴィアイン梅田 新規出店のお知らせ(平成29年開業予定
2017 年春 ホテルヴィアイン併設店舗 『ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)』誕生(PDF)

【過去記事】
ドン・キホーテあべの天王寺駅前店が2017年4月21日オープン!ヴィアインあべの天王寺は4月27日にグランドオープン!
ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)とヴィアインあべの天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 17.03
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.12
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.08
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.07
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.06
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.03
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.01
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 15.11
ジェイアール西日本デイリーサービスネットが「(仮称)ヴィアイン天王寺」「(仮称)ヴィアイン梅田」の2ホテルを 新規出店すると発表!




th_IMG_0148_20170814234530607.jpg


読者の方から「夜間はライトアップしていますよ」との情報を頂いたので、こちらも取材してきました。おおっ。昼間は白色のポリカーボネート樹脂の装飾だった部分がカラフルに発光しているではありませんか!!











th_IMG_0151_2017081423453149f.jpg


近くで見た様子です。内部にLED照明が仕込まれており、単に点灯する、色が変わるだけでなく、簡易的なグラッフィクスを表示し、動かす事も可能な凝った照明です。











th_IMG_0154_20170814234526983.jpg


色々なカラーパターンがあり、めまぐるしく色が変わります。またアニメーション効果もあり見ていて飽きません。











th_IMG_0156_20170814234533862.jpg


全開に明るくなるとこんな感じになります。写真の色が飛んでますね。











th_IMG_0153_201708142345340ad.jpg


ドン・キホーテあべの天王寺駅前店の夜間照明。LED照明による動きのある照明は想像以上に凝っており驚きました。夜に天王寺・あべのに行く機会があれば、一見の価値ありです。
関連記事
[ 2017/08/15 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(8)