JR阪和線-東岸和田駅高架化工事の状況(上りホーム外観・高架線編) 17.08

th_IMG_0164_2017081718442791d.jpg



JR阪和線ー東岸和田駅付近高架化事業は、岸和田市内の下松町から土生町までの約2.1kmのうち、東岸和田駅を含む約1.0kmを高架化する都市計画事業です。2003年度から事業用地の測量と買収を開始し、2012年10月に線路を仮線に切り替える工事が完了、2015年2月8日から、関空・和歌山方面行き下り線が高架線に切り替えられました。現在は、いわゆる玉突き方式で下り線仮設ホーム跡に、上り線の高架が建設されています。

長らく高架化工事が行われてきた東岸和田駅ですが、20171022日(日曜日)から上り線高架線の使用を開始する事になりました。これにより、東岸和田駅駅は上下線の高架化が完成します。また、東岸和田駅は高架化に伴い現在位置から若干ずれるため、隣接する駅からの営業距離も変更となります。現在は下松~東岸和田間と東岸和田~東貝塚間が各1.5kmとなっていますが、高架化後の1022日からは下松~東岸和田間が0.1km短い1.4kmに、逆に東岸和田~東貝塚間は0.1km長い1.6kmに変更されます。




【出典元】
東岸和田駅付近高架化事業パンフレット (PDF)

【過去記事】
JR阪和線-東岸和田駅高架化工事の状況(上りホーム外観・高架線編) 17.04
JR阪和線-東岸和田駅高架化工事の状況(上りホーム施設編) 17.04
JR阪和線-東岸和田駅上りホーム高架化工事の状況 16.04
JR阪和線-東岸和田駅下り線ホームが2015年2月8日から高架化!








th_001_20150208185914a57.jpg


1.上り線高架供用開始日

2017年10月22日(日)始発列車から


2.上り線高架化区間 

東岸和田駅付近約 1.6km 


3.事業の概要

事業名称:JR 阪和線東岸和田駅付近高架化事業 
事業主体:大阪府・岸和田市 
事業手法:限度額立体交差事業(単独立体) 
事業区間:岸和田市下松町~土生町 事業延長:約 2.1Km 
踏切廃止数:7箇所 交差道路:8箇所 
駅施設:ホーム面数2面、線数4線 

4.上り線高架化に伴うホーム施設整備について 
エレベーター、エスカレーター、列車長と同等長さの屋根、待合室 階段部2段手すりなど









th_IMG_0157_20170817184429072.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年04月頃だったので約4ヶ月振りの取材です。読者さんから「東岸和田駅の高架化工事がかなりすすでおり、駅らしくなっていますよ」との情報を頂いたので早速取材に行ってきました。













th_IMG_0160_20170817184429201.jpg


こちらは現在の地上ホーム上り線から見た、高架駅舎のエントランス付近の様子です。












th_IMG_0151_201708171844311ed.jpg



内部の様子です。先に高架化された下り線の通路が変更になっており、一部が高架駅舎の内部を通っていました。その為、完成後のコンコース部分の一部を見る事が出来ました。天井のデザインテイストなどは、新大阪駅など最近のJR西日本の流儀にそった都会的な雰囲気になっています。











th_IMG_0167_201708171844326be.jpg


撮影ポイントを変えて。こちらは天王寺方面の上り高架線の様子です。













th_IMG_0153_20170817184441efd.jpg



さらに撮影ポイントを変えて。跨線橋から見た、高架駅舎の様子です。手前が工事中の上り線ですが、外観はほとんど完成している様に見えました。

















th_IMG_0109_201708171844429eb.jpg



さらに、さらに撮影ポイントを変えて。写真右側が工事中の上り線の様子です。(和歌山側)




















th_IMG_0137_20170817184447c17.jpg


こちらは天王寺側の様子です。写真左側が工事中の上り線です。



















th_IMG_0111_20170817184443154.jpg


高架化工事が終盤戦を迎えた東岸和田駅。次回は、工事中の上り高架ホームの施設、設備をご紹介したいと思います。





関連記事
[ 2017/08/17 19:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(1)

グランドメゾン新梅田タワーの建設状況 17.08

th_IMG_0651_2017031323465220f.jpg


グランドメゾン新梅田タワーは、ザ・シンフォニーホールの東隣の区画に計画されている、地上39階、塔屋2階、高さ133m(軒高)の超高層タワーマンションです。延床面積は36.295㎡、総戸数は現時点では不明です。建築主は積水ハウス、設計・施工は竹中工務店が担当します。前回までは(仮称)大淀南2丁目計画の名称でご紹介してきましたが、正式な物件名称はグランドメゾン新梅田タワーになりました。




【公式HP】
グランドメゾン新梅田タワー









th_IMG_0673_20170313234658d0c.jpg


【スペック】
名称:グランドメゾン新梅田タワー
所在地:大阪市北区大淀南二丁目1番1(地名地番)
階数: 地上39階、塔屋2階
高さ:133m※軒高 
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅(分譲)、飲食店舗、オフィス
総戸数:
住宅297戸(非分譲住戸29戸含む)、他非分譲店舗・非分譲事務所9区画
敷地面積:2,700㎡
建築面積:1,536㎡
延床面積:36,562㎡(容積対象面積:25,542㎡)
建築主:積水ハウス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2016年06月(予定)
竣工:2019年06月(予定)










th_IMG_0016_2017081718085618b.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年06月だったので約2ヶ月振りの撮影です。だいぶ高くなってきました。













th_IMG_0020_2017081718085556e.jpg



階数表示が見当たらなかったので目測ですが、地上13〜14階付近を構築している所でした。













th_IMG_0024_2017081718085397e.jpg



北東側、なにわ筋越しに見た様子です。













th_IMG_0039_20170817180853d19.jpg



北西側から見た様子です。












th_IMG_0044_2017081718085157b.jpg



南西側から見た様子です。手前の3階建てのビルは先行開業した3階建て商業棟で、店舗・事務所で構成されています。













th_IMG_0049_201708171809069fd.jpg



撮影ポイントを変えて、明治安田生命大阪梅田ビルから見た、グランドメゾン新梅田タワーの様子です。














th_IMG_0048_201708171809055c9.jpg




引き気味のアンルグルで、周囲のタワーマンションを入れてみました。グランドメゾン新梅田タワーがハッキリ確認出来る様になってきました。
関連記事