ブランズタワー梅田 North(旧ラマダホテル大阪跡の再開発)の建設状況 17.08

th_002_2017032622090424c.jpg 


ブランズタワー梅田 North、御堂筋線中津駅そばにあった旧ラマダホテル(東洋ホテル)跡に建設されている、地上50階、塔屋2階、地下1階建て、高さ168mの超高層タワーマンションです。事業主は東急不動産と住友商事の2社で、設計は大林組が担当。前回までは(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画の計画名でご紹介してきましたが、正式名称はブランズタワー梅田 Northに決まりました。


【過去記事】
ブランズタワー梅田 North(旧ラマダホテル大阪跡の再開発)の建設状況 17.07
ブランズタワー梅田 North(旧ラマダホテル大阪跡の再開発)の建設状況 17.05
ブランズタワー梅田 North(旧ラマダホテル大阪跡の再開発)の建設状況 17.03
旧ラマダホテル大阪跡の再開発(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画の状況 16.06
旧ラマダホテル大阪跡の再開発(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画の状況 16.03
御堂筋線中津駅前にあった旧ラマダホテル大阪跡は地上50階、高さ168mのタワーマンション!(仮称)大阪市北区豊崎三丁目新築工事計画(ブランズタワー中津)の再開発計画の概要が判明!
ラマダホテル大阪跡の状況 14.10
ラマダホテル大阪跡の所有権をオリックス不動産が取得、跡地には超高層タワーマンションが建設される?
オリックス不動産がラマダホテル大阪跡地を取得、タワーマンションへの建替えの可能性が高まる








th_IMG_0704_201604031604258f6.jpg


【スペック】
名称:
ブランズタワー梅田 North
所在地:大阪市北区豊崎三丁目21番1他
階数: 地上50階、塔屋2階、地下1階建て
高さ:168m
構造RC造
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:653戸
敷地面積5,154.75m2
建築面積2,424.22m2
延床面積68,111.54
建築主:東急不動産、住友商事
設計者:大林組
施工者:
大林組
着工:201607
竣工:202003月(予定)














th_001_201703262209052eb.jpg




公式HPにグラフィカルな立面図が掲載されていました。完成後の外観イメージがと手解りやすく描かれています。



▼引用始め

◆基壇部デザイン:古典的な様式美を追求、重厚な風格を魅せる基壇部。

この地に深く根ざしてゆく普遍的なレジデンスでありたい。そんな意志を込めた基壇部には重厚な印象を刻むタイルを巡らせ、列柱をイメージしたクラシカルな様式に。邸宅らしい風格をもたらす質感豊かなタイルを厳選して、古典的な建築美が滲み出る意匠を演出しました。


◆中層部デザイン:天空へと上昇するシルエットが印象的なファサード。

「古典的建築」をテーマにデザインした基壇部のイメージを継承しつつ、複数のガラス素材を使い分けて天空への上昇感を演出する光輝なシルエットを描きました。建物のコーナー部をシャープに突起させることで、豊かな陰影を魅せながら奥行きのある表情を奏でます。


◆高層部デザイン:スカイラインに映える、メタリック調の光輝な造形美。

天空へ突き抜けるようなマリオン(飾り柱)をアクセントに、メタリック風のデザインでまとめたタワー棟頂部。陽光に煌めくガラス素材と相まって、清新な造形美を追求しました。未来に誇るタワーにふさわしい光輝な意匠で、先鋭的なシンボル性を高めています。


▲引用終わり











th_IMG_1021_20170605225627084.jpg


こちらは現地に掲示されていたパネルを撮影したモノです。グランフロント大阪やアプローズタワーなどから、ブランズタワー梅田 Northの位置が良く分かるパースだと思います。










th_IMG_0268_20170826002909034.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年07月だったので約1ヶ月振りの取材です。




















th_IMG_0254_2017082600290702a.jpg



仮囲いの外から見た限りではあまり変化をみる事はできませんでした。





















th_IMG_0272_20170826002905e87.jpg



南東側から見た様子です。



















th_IMG_0260_201708260029118e6.jpg



西側から見た様子です。



















th_IMG_0262_20170826002912de7.jpg



最後は茶屋町界隈の高層ビル群と、ブランズタワー梅田 Northの建設現場を絡めた1枚です。




関連記事
[ 2017/08/26 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(3)

京奈和自動車道ー大和御所道路の御所南IC~五條北ICが 8月19日に開通!和歌山JCTから橿原大和高ICの区間が遂に全通!

th_003_2017082523395762b.jpg 


京奈和自動車道は、大阪を起点に放射状に伸びる高速道路網を外縁部で結ぶ大環状高速道路網です。京都〜奈良〜和歌山を結ぶ自動車専用道路で、総延長は約120km。これまで地道に建設工事が進められてきまたが、2017年8月19日(土)PM4時に御所南IC~五條北ICが開通、ついに南阪奈道路(大和高田バイパス)から和歌山JCTまでの区間が全通しました!


【出典元】
京奈和自動車道 大和御所道路 8月19日(土) 御所南IC~五條北ICが開通します(PDF)


【過去記事】
阪和自動車道と京奈和自動車道がついに接続!2017年3月18日(土)岩出根来 IC~和歌山 JCTが開通!
第二阪和国道が2017年4月1日に全線開通!大阪南部と和歌山北部の道路アクセス状況が飛躍的に向上!
2015年3月22日に開通した、西名阪自動車道と京奈和自動車道を接続する郡山下ツ道(こおりやましもつみち)JCTの状況









th_002_20170825233959542.jpg  

今回の開通区間は、御所南IC~五條北IC7.2km。この区間の開通により、京奈和自動車道の南半分の区間でミッシングリンク(Missing-link)が解消され、奈良県南部と和歌山市が1本の高速道路で結ばれる事になりました!た、奈良県内では初めて、京奈和道の路線番号「E24」を使用した高速道路ナンバリング標識が設置されます。

今回の開通は暫定2車線(対面通行)ですが、奈良県から和歌山〜南紀白浜方面への移動がメチャクチャ楽になりす。しかも今回結ばれた区間は通行料金が無料となっており、気軽に和歌山〜奈良県(橿原市・大和高田市付近)を移動する事が出来ます。
今度白浜に行ってみよう!

残るミッシングリンクは柏原北〜柏原大和高田4.4km。この区間は大規模ショッピングセンターイオン橿原(アルル)やニトリなど大型ショッピング施設が集積する割に道路インフラが貧弱で慢性的に渋滞が発生しています。特に土日の渋滞は酷いものです。この一番混む4.4kmの区間が未接続なのが本当に悔やまれます。ここがつながれば、一般道の渋滞は劇的に少なくなり、今度は西名阪自動車道ー郡山下ツ道JCTから和歌山JCTまでが直結される事になります。

奈良市の区間はルートの選定含め、まだまだ時間がかかりそうなので、この4.4kmの区間の早期着工を期待したいと思いました。










関連記事
[ 2017/08/26 00:00 ] その他 道路/工場/倉庫 | TB(0) | CM(2)