阪急電鉄が伊丹空港線を検討!梅田から伊丹空港が直結される?

th_P1050335.jpg


鉄道ネタが続きますが、またまた驚くべきニュースが飛び込んできました。報道各社が伝える所によると、阪急電鉄が伊丹空港に乗り入れる新線を検討している事が明らかになりました。宝塚線の曽根駅付近で分岐させ、伊丹空港までの約3kmの地下新線を建設する構想で、実現すれば梅田から伊丹空港まで乗り換え無しで直結、定時運行性にも優れた強固なアクセスルートが誕生する事になります。




▼引用始め

阪急「伊丹空港線」検討地下を運行・梅田直結(読売オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170901-OYT1T50077.html


阪急電鉄が、大阪(伊丹)空港に乗り入れる新線を検討していることがわかった。 宝塚線(梅田―宝塚)の曽根駅(大阪府豊中市)で分岐させ、空港まで約3キロの地下を運行する構想だ。伊丹空港への交通の利便性を高める狙いで、今後、需要の見通しなどを詰め、事業化の是非を決める。

 現在、伊丹空港に乗り入れる鉄道は大阪モノレールだけで、梅田からは乗り換える必要がある。新線が実現すれば、大阪の都心部と伊丹空港が初めて鉄道で直結され、空港までの所要時間の短縮が見込まれる。

 具体的なルートや途中駅を設置するかどうかは今後検討する。地下路線は市街地の用地買収が不要な一方で大規模な地下工事が必要になるため、事業費は1000億円規模に上るとの見方もある。


▲引用終わり





th_001_20170902004503c9e.jpg 

出典元:産経WEST>阪急「大阪空港」への新線検討、梅田から直結で利便性高まる

今年に入って大阪では鉄道新線の構想が相次い発表されています。南北の新しい幹線軸となる「なにわ筋線」を中心に、阪急の十三を経由して新大阪に至る「なにわ筋連絡線」「新大阪連絡線」。京阪は中之島線を地下鉄中央線の九条につなげる計画を明らかにしました。関空の利用者の急増がなにわ筋を現実化させ、阪急も呼応する様に、なにわ筋への対応や新大阪駅へのアクセスなどネットワークの強化に乗り出しました。






th_P1050354_20170902010815909.jpg



阪急の伊丹空港連絡構想については、疑問点が山積みで個人的にはまだ消化しきれない印象です。まず宝塚線の曽根付近で分岐させるとの事ですが、梅田に直通させるなら広軌新線、なにわ筋に直通させるなら狭軌新線になります。狭軌新線の場合は宝塚線の走行区間はどうなるのか?まさかの4線狭軌化?過密ダイヤである宝塚線の豊中方面と伊丹空港線の行き先の割り振り、伊丹空港と関空を繋ぐならば、新大阪駅へのアクセスはどうなるのか?などなど。まだ構想段階の路線なので色々妄想すのも楽しいですね。ともあれ、大阪圏の鐡道ネットワークが再構築される動きが出てきている事は非常に良い傾向だと思います。



関連記事
[ 2017/09/02 01:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(1) | CM(14)

JR西日本がPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入!2018年秋頃にサービスを開始する予定!



th_th_00195_1_ana.jpg
 




JR西日本は2017年9月1日付けのニュースリリースで、JR西日本の近畿圏エリア(予定)でPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入を導入すると発表しました。これまではJR西日本を含む全国相互利用対象エリアでPiTaPaカード内に予めチャージ(入金)した電子バリューをプリペイド方式で利用する事が出来ました。ただプリペイド方式なのでPiTaPaの最大の利点である、チャージ不要の後払いの利便性はスポイルされていました。今回、新たにJR西日本の近畿圏エリア(予定)でポストペイによるご利用が可能になった事で、PiTaPaユーザーは近畿圏で生活するにおいては、事前チャージとはオサラバする事になります。さらには、ポストペイならではの運賃割引サービスを適用するとしています。


【出典元】
ICカード乗車券を活用した連携サービスの拡大について
JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入~









th_001_20170902000802387.jpg

ポストペイとは、利用代金を後払い(自動引き落とし)する方式で、ICCOAなど普通の鉄道系ICカードで必要な「チャージ」が不要な方式です。クレジットカードと紐付いたスマートICOCAであっても、専用のチャージ機か対応券売機でチャージ操作が必要です。PiTaPaでは、1カ月間(1日から末日まで)の利用代金を自動集計し、後日指定口座から後払いで支払います。クレジットカードと同じで「チャージする」という行為が基本的に不要になります。他の電子マネーでは、QUICPayがクレジットカードと紐付いたポストペイ型を採用しています。











01.png 


最近では、カード発行までの手間がかかる(与信審査などクレカと同様の手続きが必要)PiTaPaよりも、500円のデポジットですぐに発行出来るプリペイド方式のICOCAが発行枚数ではPiTaPaを圧倒している状況ですが、このタイミングでJR西日本がPiTaPaのポストペイに対応するとは本当に驚きました!

僕は普段からPiTaPaを愛用しており、私鉄、地下鉄共にPiTaPa定期券、PiTaPaプレミアムを登録して生活しています。もちろんJRも利用するのでオートチャージはONにしていますが、姫路など遠方に取材に行くと毎回現金チャージする手間が発生しました。JR西日本がPiTaPaのポストペイに対応してくれる事は諸手を上げて歓迎です。導入時期は2018年秋の予定で、あと1年も先ですが、サービスが始まると本当に便利になりそうで楽しみです。









関連記事
[ 2017/09/02 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(6)