大阪市がインテックス大阪の新築移転を含め将来像を含め検討を開始!

th_IMG_1626_2017091423574613e.jpg


インテックス大阪(大阪国際見本市会場)は、大阪市のベイエリア、咲州にある国際展示場です。1985年に港区朝潮橋から移転・開場しました。インテックス大阪の愛称は、Intex Osaka= International Exhibition Centerが語源となっています。敷地面積128986㎡、延床面積132709㎡、総展示面積72978㎡の規模で、国内では3番目の展示面積を誇る展示場です。そんなインテックス大阪ですが、昨日の報道各社が伝える所によると、開場から約32年が経過し老朽化が進んでいる事、展示面積(約7.3万㎡)は競合他国、他都市の国際会議場と比べ見劣る状態になっており、新築移転を含めた将来像の検討が始まったとの事です。日本の国際展示場の展示面積は世界各都市に比べると非常に見劣りしており、国内最大の展示面積を誇る東京ビッグサイトでも世界ランキングでベスト50位にも入りません。


【総展示面積の比較】
1)東京ビッグサイト:95,420m2
2)幕張メッセ:75,098m2(国際会議場含む)
3)インテックス大阪:72,978m2






▼引用始め

アジアには10万平方メートル以上多数、7万平方メートルの国際展示場「インテックス大阪」将来像検討へ…老朽化などに対応
産経WEST 2017.9.14
http://www.sankei.com/west/news/170914/wst1709140053-n1.html


大阪市住之江区の咲洲にある西日本最大級の国際展示場「インテックス大阪」について、老朽化や国際競争力強化に対応するため、大阪市が具体的な将来像の検討に入ることが14日、市などへの取材で分かった。市は7月から専門家や民間事業者でつくる検討会を実施しており、今月22日の検討会で集約した意見を基に、方向性を協議する。

インテックス大阪は昭和60(1985)年に開業し、国内3番目となる約7万平方メートルの延べ床面積がある。アジア各国には10万平方メートル以上の施設が多数あり、今後の在り方の検討が迫られている上、大阪での平成37(2025)年国際博覧会(万博)実現や、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を見据えて「将来的にどういう施設が必要かの意見収集を始めた」(市担当課)という。

松井一郎府知事は14日、「インテックス大阪がこのままでいいのかどうか、大阪にどのくらいの規模の展示場が必要なのか議論すべきだ」と話した。

▲引用終わり







th_IMG_1631_2017091423574497b.jpg





世界国際展示場の展示面積ランキング(2011 年、上位 30位 

1
ハノーバー国際見本市会場; 466,100 ハノーバー ドイツ
2 フランクフルト見本市会場; 345,697 フランクフルト ドイツ 
3
フィエラ・ミラノ国際見本市会場: 345,000 ミラノ イタリア 
4 中国出口商品交易会琶洲展示館: 338,000 広州 中国 
5 ケルン・メッセ国際見本市会場: 284,000 ケルン ドイツ
6 デュッセルドルフ見本市会場: 262,704 デュッセルドルフ ドイツ 
7 パリ・ノール見本市会場 241,582 パリ フランス 
8 マコーミックプレイス:241,524 シカゴ アメリカ 
9 バレンシア見本市会場:230,602 バレンシア スペイン 
10 ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場:228,211 パリ フランス
11 クロッカス・エキスポ:226,399 モスクワ ロシア
12 フィラ・デ・バルセロナ(グランビアセンター):205,000 バルセロナ スペイン 
13 ボローニャ・フィエラ:200,000 ボローニャ イタリア 
13 マドリード見本市会場:200,000 マドリード スペイン 
13 上海新国際博覧中心:200,000 上海 中国 
16 The NEC198,983 バーミンガム イギリス 
17 オレンジ カウンティー・コンベンションセンター:195,077 オーランド アメリカ 
18 武漢国際展示会場:190,000 武漢 中国 
19 ラスベガス・コンベンションセンター:184,372 ラスベガス アメリカ 
20 新ミュンヘン国際見本市会場:180,000 ミュンヘン ドイツ 
21 中国出口商品交易会流花路展示館:170,000 広州 中国 
22 ローマ見本市会場 167,000 ローマ イタリア 
23 MCHメッセ・バーゼル: 162,000 バーゼル スイス 
24 メッセ・ベルリン見本市会場: 160,000 ベルリン ドイツ 
24 ニュルンベルク・メッセ: 160,000 ニュルンベルク ドイツ 
26 IMPACT: 137,000 バンコク タイ 
27 ヴェローナ見本市会場: 135,904 ヴェローナ イタリア 
28 ジョージア・ワールド・コングレスセンター: 130,052 アトランタ アメリカ 
29 フィエラ デル レヴァンテ:128,000 バーリ イタリア 
30 ブルノ見本市会場(Veletrhy):120,300 ブルノ チェコ
出典:UFI2013


インテックス大阪は開場から30年以上が経過しており、施設の老朽化が進んでいます。また、最大の展示面積がある6号館が多層階4区画構成となっており、使い勝手の面で問題を抱えています。国際展示場の世界ランキングを見ても、インテックス大阪の規模の小ささが解ると思います。都市間競争の観点から考えるとインテックス大阪の全面的な刷新と規模の拡大、アクセス向上は必須と言えます。













th_IMG_1751_201709150042433f1.jpg 



私案1:現:インテックス大阪の北側敷地を活用し10〜15万㎡の展示場を整備する。

インテックス大阪の北側にはIBMのビルがありますが、これを市が取得し大ブロックとします。その上で大ブロックに最新鋭の新館を建設。新館の完成後、しばらくは新館にインテックス大阪の機能を移転、現在のインテックス大阪を解体の上、新しい展示場を建設するプランです。現在の2倍程度、展示面積10〜15万㎡の展示場が作れるのではないでしょうか。ただし、現在の場所とほぼ同じですのでニュートラム乗り換えの手間はそのまま残り、アクセス面の不満点は解消できません。










th_IMG_1667_20170915004245372.jpg



私案2:夢洲のIRに併設する形で展示面積20〜30万㎡の展示場を整備

夢洲には広大な敷地があります。また、地下鉄中央線を伸ばせば、現在のニュートラム乗り換えの手間も省け、本町からダイレクトにアクセスする事が可能になります。推測ですが、現在大阪市で検討されているプランで最も有力な案だと思います。国際展示場世界ランキングを見ると、展示面積は最低20万、出来れば30万㎡以上が欲しい所です。ただ現在のインテックス大阪の稼働率から考えると、展示面積は15万〜20万程度になるかもしれません。







th_001_201405142131377fe.jpg
th_002_20140514213142083.jpg


また、夢洲案の強みは鉄軌道系のインフラ整備に関するトンネル部の準備工事が終わっている事です。地下鉄中央線のコスモスクエア駅からIRの建設が想定される夢洲間には夢咲トンネルは既に開通しており鉄道を敷設する空間が用意されています。この為、都心と夢洲のIRを結ぶ鉄道の整備は比較的短期間で整備する事が可能です。大阪都心部を東西に貫く地下鉄中央線の都心側のターミナルである本町駅から夢洲新駅までは17分(1駅3分で計算)で、梅田から乗り換え時間を含めて27分(乗り換え7分で計算)程度で到達出来ると思います。

ただし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがある桜島方面との接続は、JRゆめ咲線を延伸する形で臨海部に新たな鉄道新線を建設する必要があります。ゆめ咲線を延伸した場合、大阪駅から西九条〜ユニバーサルシティ駅〜舞洲新駅を経由、夢洲新駅までの所要時間は22分程度(新線区間7分で計算)になります。ただし、2箇所の海底トンネルを新たに建設する必要がある為、1000億〜2000億円規模の建設費が必要になってくると思います。












th_IMG_1627_20170914235742edd.jpg


将来像について具体的な検討が始まったインテックス大阪。大阪が真の国際都市として世界と戦って行く為には、人、モノ、金が集まるハブ都市として、その地位を高めて行く必要があります。幸いにして関西国際空港というインフラが本領を発揮しつつあり国際観光都市としての地位は確立できつつあります。受け入れる為のホテル群も随時建設中で、国際観光都市として世界1級都市となる事は間違いなさそうです。これは莫大な金を生み出します。

次は世界的なイベントを毎年開催出来るようなインフラ整備とソフト整備の番です。大規模な見本市、展示会、イベントは、これまた膨大な情報、人、モノが集まるので金を産みます。ハード面、展示場のインフラ整備は、インテックス大阪の新築移転、もしくは増築建替えで規模の拡大を図る事になります。


ソフト面は・・・。大阪で10万、20万、30万㎡の展示面積を埋める展示会を開く「意味」があるか?参加者にメリットがあるか?が問われます。現在では、せいぜい関西エリアの企業+西日本の一部企業向けに、東京からワンテンポ遅れて情報が得られる場所、といった位置づけで、大阪で無ければ得られない情報発進の場としては機能していません。その為、7万㎡の展示面積を埋めるのにも四苦八苦している状況です。それでは、どうすれば「大阪」の新しい巨大展示場を埋めるイベントが開催出来るのでしょうか。


たとえば東京で夏、冬に開催されるコミケ。3日間で50万人もの人が集まる一大イベントです。西日本でもコミケの様な大規模なイベントを企画、開催する事は出来ないでしょうか。コミケとは別のイベントとして、夏・冬に対して、春、秋に実施する西の巨大イベントが実施出来れば、それは物凄いインパクトがあると思います。

なぜ海外のローカルな都市(僕が無知なだけかもしれませんが)で20万、30万㎡の展示場が成り立つのでしょうか?
インテックス大阪の移転、廃止などの報道記事を読みつつ、色々な事を考えてしまいました。問題提示は簡単に出来ますが、代案を提示し、問題を解決するプランを僕は思いつけずにいます。
関連記事
[ 2017/09/15 01:20 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(17)

桜橋御幸ビルの建設状況 17.09

th_001_20170130235841ed4.jpg


桜橋御幸ビルは、大阪市北区梅田2丁目のブリーゼタワーの近く、桜橋交差点北西角で建設中のオフィスビルです。地上14階、高さ59.91m、延床面積9,577.91㎡の比較的小規模なビルですが、桜橋交差点に面する立地からかなり目立つビルになりそうです。


【出典元】
桜橋御幸ビル(PDF)













th_IMG_0311_20170912233732664.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年01月だったので約8ヶ月振りの取材です。ビルは既に完成状態で低層部のテナント等の内装工事が行われている所でした。














th_IMG_0316_20170912233734c1a.jpg


【スペック】
名称:桜橋御幸ビル
所在地大阪市北区梅田2-1-24
階数:地上14階(1.2階店舗)
高さ:59.91m
構造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 
主用途:事務所・店舗
総戸数:------
敷地面積:863.29㎡
建築面積:737.4 
延床面積:9,577.91
建築主御幸ビルディング
設計者日建設計
施工者大林組
着工:2016年05月
竣工2017年09月(予定)




















th_IMG_0318_201709122337379f8.jpg


頂部の様子です。塔屋含め、外装デザインは結構凝ってますね。














th_IMG_0323_20170912233738ad5.jpg


東側から見た様子です。このビルは東側(四つ橋筋側)を頂点にした三角形状の形状をしており、この辺りが頂点になります。


















th_IMG_0325_2017091223373962a.jpg



頂点部分を見るとメチャクチャ奥行きの薄いビルに見えますが、西側は結構奥行きがあります。


関連記事
[ 2017/09/15 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(5)