(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの状況 17.09

001_20170906085023399.jpg


東急ホテルズが2016年10月26日に発表したニュースリリースで、2016年1月に閉館した御堂会館」の建替着手および「エクセルホテル東急」が関西初出店すると発表、日本で初めてとなる寺院の山門と一体となった高層ホテルが御堂筋に誕生する事になりました。計画地は、大阪市中央区久太郎町四丁目68番5、 敷地面積2,589.76㎡、定期借地権設定期間は2017年10月1日から2077年9月30日までの60年間。建築・設備設計はIAO竹田設計、構造設計は竹中工務店、施工は同じく竹中工務店が担当します。御堂会館の建替え計画は、東京五輪前の2019年冬の開業を目指しています。















th_IMG_0760_20170913225254a6e.jpg

【スペック】
名称:(仮称)積和不動産関西南御堂ビル
計画名称:(仮称)御堂会館建替計画 新築工事
所在地大阪市中央区久太郎町4丁目68番5
階数:地上17階
高さ:72,97m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
杭・基礎
主用途:複合施設(事務所、店舗、ホテル)
客室数:約360室
敷地面積:2,515.58m2
建築面積:1,670.39m2
延床面積:22,278.48m2 ※容積率対象面積20,684.15㎡
建築主:積和不動産関西
設計者IAO竹田設計
施工者竹中工務店
着工:201709月
竣工2019年09月(予定)













002_201709060850243e5.jpg



日本初の寺院山門一体のホテル「(仮称)大阪エクセルホテル東急」は、以前から注目を集めている計画です。暫く旧建物の解体工事が行われてきましたが、2017年09月07日から本体工事に着手しました。ホテル外観は低層部中央に参道を設けており、その特徴的な外観が注目を集めそうです。全体的なデザインはグレーを基調にしたシックな色合いで、低層部と客室部が明確に分かれた外装は「南御堂」への参道の入り口をイメージした様に思えます。










th_IMG_0771_20170913225256c6a.jpg


完成予想パースの奥に描かれている南御堂の本堂の様子です。











th_IMG_0757_20170913225253863.jpg


御堂越しに見たた現地の様子です。前回の撮影が2017年07月だったので約2ヶ月振りの取材です。














th_IMG_0753_20170913225259ec5.jpg


新ホテルのコンセプトは『大阪万華鏡』。
大阪のにぎやかさ、はなやかさ、おどろきを感じられる内装・インテリアで館内を演出します。高層階にあるフロントロビーやレストランからは万華鏡の輝きのような夜景もお楽しみいただける、としています。客室面積は1ベッド:約23㎡、2ベッド:約32㎡とビジネスホテルとLuxuryホテルの中間的な客室面積となっています。また最近のトレンド通り、客室でバス・トイレ・洗面を分離した客室レイアウトとなっています。

「(仮称)大阪エクセルホテル東急」は、関西エリアでは初出店のブランドとなり、全国では2018年に「渋谷ストリーム」内に開業を予定するエクセルホテル東急に次いで11店舗目の出店となります。









th_IMG_0751_201709132253087af.jpg

北東側から見た現地の様子です。












th_IMG_0768_20170913225310374.jpg


仮囲いの透明箇所から見た内部の様子です。















th_IMG_0342_2017091323205628f.jpg


最後はオリックス本町ビルから見た現地の様子です。
関連記事
[ 2017/09/16 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(5)

難波の旧市立精華小学校跡地にエディオンの旗艦店が出店!(仮称)中央区難波3丁目新築工事の状況 17.09

th_IMG_0835_20170913224007333.jpg



(仮称)中央区難波3丁目新築工事は、難波の旧市立精華小学校跡地の再開発計画です。この計画については紆余曲折がありましたが、地上9階、地下1階建て、延床面積約22800㎡の商業ビルが建設される事になりました。建築主は不動産会社の成信、設計はIOA竹田設計が担当、施工者は三井住友建設が担当します。

















th_IMG_0112_20170718230200a31.jpg


【スペック】
名称:
(仮称)中央区難波3丁目新築工事
所在地大阪市中央区難波3丁目25番2の一部、27番22(地名地番)
階数:地上9階、地下1階
高さ:53.60m
構造S造一部SRC
杭・基礎 

主用途:物販店舗・飲食店
総戸数:-----
敷地面積:4,202.26㎡
建築面積:2,931.38㎡
延床面積:22,874.80㎡ 容積率対象面積:21,006.58
建築主成信
設計者:IAO竹田設計
施工者:三井住友建設
着工:2017年03月(予定)
竣工201904月(予定)










th_IMG_0836_201709132240099b8.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年07月だったので約2ヶ月振りの取材です。今回現地を訪れてみるとタワークレーンが建っており驚きました!













th_IMG_0839_20170913224009597.jpg


南東側から見た様子です。この旧市立精華小学校跡地に建設される商業ビルには大手家電量販店のエディオンが入居します関西の旗艦店として、2019年春ごろ開業する予定、新ビルは地下1階、地上9階建てで延べ約2万2800平方メートル。エディオンは「南海難波駅に近い一等地で、集客が見込める」とビル全体の借り上げを計画しているとの事。飲食店フロアの展開も考えているそうです。










th_IMG_0841_2017091322401131c.jpg



順調に工事が進む(仮称)中央区難波3丁目新築工事。早くもタワークレーンが建ったのには驚きました。超高層ビルではないので鉄骨建方が始まればあっという間に建物が姿を現しそうですね。

関連記事
[ 2017/09/16 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(6)