さよなら大丸本館。大丸心斎橋店本館建替え計画の状況 17.09

th_IMG_0660_2017050711582140c.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました。以下同じ


J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は10月30日付のニュースリリースで、老朽化が進んでいる大丸心斎橋店の本館の建て替え計画概要を発表しました。新たに誕生する本館は、高さ約60m、地下3階・地上11階建てで、売場面積は現在の3.1万㎡から約4.0万㎡に約1.3倍に増床されます。さらに新本館と・北館は、大宝寺通りの上空で接続し、売場が一体化されます。開業は新本館が2019年秋、新本館と接続する新北館は2021年春をそれぞれ予定する。大丸心斎橋店の大幅刷新により顧客の取り込みや、訪日外国人客の増加に応じる計画です。心斎橋のランドマークとして、圧倒的な存在感を放つその外観については、御堂筋側の外壁を保存するとともに、新築される高層部はセットバックさせ、保存外壁と景観的調和が図られます




◆スケジュール(予定)
2016年 2月 解体着工
2017年 1月 本館新築工事着工
2019年 秋 新本館開業、本館・北館接続工事着工













th_IMG_0663_20170507115819b4a.jpg



現地に掲示されていたパネルの完成予想パースを拡大しました。PDF配布資料よりも解像度が高く、完成後の様子が良く解ります。御堂筋側の外装はほとんどそのまま保存される様ですね。




















003_20151102124100a57.jpg



内装については、今後、既存内装の調査を行い、再活用できる部材を抽出し1階を中心として店舗内装環境において活用する計画となっています。ここはダイビル本館の様なレベルの高いリノベーションを期待したい所です。

また、百貨店事業者側としては、北館と道路上で一体化される事が今回の建て替え事業の最大のポイントとなります。別棟での売場展開と同じ床で繋がった売場では、見せ方や効率など、使い勝手や顧客に与えるインパクト、客動線の良し悪しに雲泥の差が生まれるからです。旧そごうの新本店として建設された北館は、RC、S造、地下2階 / 地上14階、延べ床面積約58,400㎡の規模があります。この延床5万㎡にはバックルームも含まているので、売り場面積はおそらく5万㎡弱といった所でしょうか?これに新・本館の「売場面積」約40,000㎡が加わる事で、合計8万㎡強の一体的な売り場面積を誇る百貨店に生まれ変わる事になります。











th_IMG_1037_2017012922160513a.jpg



【スペック】
名称:大丸心斎橋店本館建替計画
所在地大阪市中央区心斎橋1丁目1番ほか20筆(住居表示:大阪市中央区心斎橋1丁目1-7-1)
階数:地上11階、塔屋3階、地下2階
高さ:59.97m(申請以外82.5m※北館)
構造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 
主用途:百貨店
総戸数:------
敷地面積:10,755.72㎡※全体
建築面積:5,530.00㎡(申請以外4,190.15㎡※北館)全体:9,720.15㎡
延床面積:66,122.79㎡(申請以外58,477.47㎡※北館)全体:124,600.26㎡
建築主大丸松坂屋百貨店
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2017年01月
竣工2019年08月(予定)










th_IMG_1039_20170129221607e46.jpg


建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。ご覧のとおり、建替えられる本館と営業中の北館は道路の上空で接続され、一体的な売場として展開される事になります。













th_IMG_1044_20170129221609aa9.jpg


配置図を見ると、さらに両館の密接な連携計画が見て取れます。店舗運営者側からすると、別館体制と1館体制では、売場作りの面から見て圧倒的な効率の差が生まれます。また配置する人員、機材などのコスト面のメリットも無視出来きないレベルです。大丸心斎橋店本館の建替え計画はこれらの面から見ても非常に合理的な設計になっている事が解ります。














th_IMG_0160_201709162206256f5.jpg



現地の様子です。2017年04月だったので約5ヶ月振りの取材です。















th_IMG_0166_2017091622062770f.jpg


御堂筋側の旧建物の外壁は保蔵されるので背後の建物の解体工事が進んでも防護壁はそのままの高さのままです。

















th_IMG_0163_20170916220628cee.jpg


防護壁の上から旧建物の塔屋が頭を出していました。
















th_IMG_0152_20170916220629ab0.jpg



保存部分以外の旧建物は解体工事が進んでいます。















th_IMG_0157_201709162206308cd.jpg


保存箇所を北東側から見た様子です。













th_IMG_0156_20170916220634eb3.jpg


最後は心斎橋筋側から見た様子です。大きな仮囲いが延々と続いているので殺風景な感じですが、建替え工事が終われば、華やかな雰囲気が戻ってくる事でしょう。





関連記事
[ 2017/09/20 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(5)

(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.09

th_001_20160223230937e38.jpg
【出典元】→産経WEST>近畿産業信用組合、平成30年に北浜に新本店ビル



(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事は、大阪市中央区淡路町2丁目の堺筋沿いに計画されている高層ビルの建設計画です。新ビルの規模は、地上18階、地下1階、高さ77.9m、延床面積11,178.52m²で、近畿産業信用組合の新本店となる予定です。現在の本店(大阪市天王寺区)は、経営破綻し、同信組が事業譲渡を受けた旧信用組合関西興銀本店で、老朽化のため移転後に売却される事になります。



【過去記事】
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.07
(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事の状況 17.01
近畿産業信用組合が淡路町の堺筋沿いに新本店ビルを建設!









th_IMG_0072_2017080323464869e.jpg


【スペック】
名称:(仮称)近畿産業信用組合 新本店新築工事
所在地:大阪市中央区淡路町2丁目1−3(住居表示)
階数:地上18階、地下1階
高さ:77.9m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :
主用途:事務所
総戸数:-----
敷地面積:1,134.39 m²
建築面積:656.49 m²
延床面積:11,327.75m² ※容積対象面積:9,858.65㎡
建築主:近畿産業信用組合
設計者:大成建設
施工者:大成建設、長谷工コーポレーションJV
着工:2017年03月(予定)
竣工:2019年01月(予定)









th_IMG_0615_20170916215502955.jpg


現地の様子です。前回の取材が2017年07月だったので約2ヶ月振りの取材です。

















th_IMG_0612_20170916215502c55.jpg


現地では順調に基礎工事が行われていました。















th_IMG_0617_20170916215500954.jpg


最後は南西側から見た様子です。







関連記事