大阪環状線改造プロジェクトー玉造駅リニューアル工事の状況 17.09

th_IMG_0120_201709171037463e1.jpg


JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。




大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。



【過去記事】

▼鶴橋駅
大阪環状線改造プロジェクトー鶴橋駅リニューアル工事の状況 17.09
大阪環状線改造プロジェクトー鶴橋駅リニューアル工事の状況 17.08

大阪環状線改造プロジェクトー鶴橋駅リニューアル工事の状況 17.06

大阪環状線改造プロジェクトー鶴橋駅リニューアル工事の状況 17.05



▼桃谷駅
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(駅舎外観・ビエラ桃谷南側エリア)の状況 17.04
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(改札内コンコース・ホーム編) 17.04

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11~ビエラ桃谷南側エリアの状況~
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09~部分オープンしたビエラ桃谷の状況~

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.07

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.05

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.03

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 15.06


▼寺田町駅
大阪環状線改造プロジェクトー寺田町駅で発見された旧駅名標が「鉄道遺産」として保存される!



▼天王寺駅
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.04
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.02

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 16.11

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事 16.03 東口・跨線橋のLCD(液晶モニタ)発車標が完成!
JR天王寺駅ー阪和線(地上)ホームリニューアル工事の状況 16.03

JR天王寺駅ー環状線(11.12.13.14番)ホームリニューアル工事の状況 16.03
JR天王寺駅ー大和路線(15.16.17.18番)ホームリニューアル工事の状況 16.03


▼新今宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー新今宮駅リニューアル工事 15.07


▼西九条駅
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 15.01
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12-2
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12


▼大阪城公園駅
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.03
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 14.10


▼森ノ宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.05

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.04

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.03

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.10
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.09
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.08
大阪環状線改造プロジェクトの第一弾、森ノ宮駅改良駅舎の外観イメージが決定!
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.07
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.05
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04













th_002_20170918215239dc0.jpg



次なるグランドリニューアル工事の対象駅は玉造駅。JR西日本は2017年09月04日付けのリニューアルで、玉造駅のリニューアル工事を開始しすると発表しました。入口は駅名の由来「勾玉(まがたま)」形のひさしが設けられます。


【出典元】
JR西日本>
玉造駅リニューアル工事を開始します!~入口は駅名の由来「勾玉(まがたま)」形のひさし~
















th_IMG_0106_20170917103748ad4.jpg



1 主な改良概要
1)駅舎デザイン刷新
北口に駅名の由来でもある勾玉(まがたま)をモチーフとしたひさしを設けるとともに、温もりを感じるデザインとすることで、玉造駅の玄関口としての顔作りを図り、お客様や地域の方々に親しまれる駅をめざします。

2)店舗リニューアル
駅構内店舗約750平方メートルを全面リニューアルすることで、親しみやすく、気軽に立ち寄れる、お客様の生活に寄り添った駅をめざします。

3)コンコースリニューアル
駅構内店舗リニューアルに合わせて、壁面、床面、天井の美装、LED照明化を行います。またコンコースのレイアウト変更により見通しの良い開放感のある駅空間を創出します。

2 工事期間
201795日から2019年春ごろまで(予定)













th_IMG_0115_201709171037480d0.jpg


現地の様子です。駅リニューアル工事に伴い、北口とそこから続く商業施設エリアは閉鎖されており、工事が本格的に始まっていいました。














th_IMG_0113_2017091710375021b.jpg



改札口付近の様子です。他の環状線駅に比べると比較的キレイな方の駅だと思いますが、今回のグランドリニューアル対象駅に選ばれました。













th_IMG_0111_20170917103751100.jpg


改札内コンコースの様子です。














th_IMG_0100_20170917103800592.jpg


乗り換え階(中2階)の様子です。














th_IMG_0102_2017091710380276c.jpg


駅の南側には商業施設「ビエラタウン玉造」が既に開業しています。















th_IMG_0097_20170917103805d9b.jpg



乗り換え階からホームに繋がる階段を見下ろした様子です。森ノ宮駅や、桃谷駅に比べると階段の幅が狭いですね。エスカレーターの新設は今回も難しそうです。













th_IMG_0095_2017091710380636c.jpg


階段を上がった所の様子です。床材は部分的にタイル貼りになっていますが、これは花博時代に行われたリニューアルのモノです。













th_IMG_0085_20170917103808754.jpg



内回りホームの様子です。リニューアルされた他駅にくらべると野暮ったい印象を受けます。













th_IMG_0088_2017091710411012b.jpg


駅名票を含むインフォメーションボードの様子です。駅名の由来となった「勾玉(まがたま)が描かれています。













th_IMG_0091_2017091710411299d.jpg


最後は、内回り、外回りホームとエレベーターの様子です。


関連記事
[ 2017/09/22 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

ザ ロイヤルパーク キャンバス大阪北浜ーJA共済連が北浜に計画中のホテル、(仮称)大阪北浜計画の状況 17.09

th_001_20170916203048c8a.jpg

ザ ロイヤルパーク キャンバス大阪北浜(仮称)大阪北浜計画)はJA共済連(全国共済農業協同組合連合会)が大阪市中央区北浜1丁目に計画している店舗付きホテル計画です。ビルの規模は地上12 階、塔屋1階、地下階、高さ48.05m、延床面積は9264.71 ㎡で、2017年06月着工、2018年11月の竣工を予定しています。入居するホテルブランドは、三菱地所グループ 「ロイヤルパークホテルズ」の新ブランド「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」に決まりました。





th_IMG_0641_201709162014200f5.jpg


【スペック】
名称:
ザ ロイヤルパーク キャンバス大阪北浜
計画名;(仮称)大阪北浜計画
所在地大阪市中央区北浜1-62-1 地名地番
階数:地上12 階、塔屋1階、地下
高さ:43.24m
構造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 
主用途:ホテル、店舗
客室数:約240室
敷地面積:1149.11 
建築面積:850.04
延床面積:9372.09 ㎡ ※容積対象:8,602.75㎡
建築主全国共済農業協同組合連合会
設計者三菱地所設計
施工者清水建設
着工:2017年06月(予定)
竣工2018年11月
(予定)









th_IMG_0636_20170916201422b30.jpg



現地の様子です。撮影時点では地中障害物除去工事が行われていました。











th_IMG_0638_20170916201418ce3.jpg



新ブランド「ザ ロイヤルパーク キャンバス」ブランドコンセプト 

場合によっては過剰サービスとも捉えられかねない、従来の一般的な既成のサービスを提供するのではなく、 お客様が自ら必要なサービスを選択でき、心地よく過ごしていただくことを目指します。 

ホテルスタッフは、さまざまな場面でお客様とコンタクトし、共に過ごし、お客様の滞在がより楽しく、よ り豊かなものになるようサポートすることを目指します。 

客室は、リラックスし鋭気を養う空間として、機能性を重視しシンプルなデザインとする一方で、お客様の スタイルに合わせてお使いいただくことができ、自然と足が向かい、集うコンテンポラリーで充実したラウ ンジ空間を提供致します。 

お客様がいつでもアクセスできるラウンジは、機能のみならず、デザイン性も重視し、お客様のホテル滞在 が印象的なものになることを目指します。 

このようなホテルでのお客様の活動そのものを自由に描く絵画と見立て、その場をロイヤルパークホテルズ が提供させていただくという考えを、「キャンバス」という名前で表現しました。















th_IMG_0635_201709162014175d4.jpg



ホテルブランドが決定した、JA共済連が北浜に計画中のホテル、(仮称)大阪北浜計画。

三菱地所グループのホテル統括会社であるロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは、新ホテルブランド「ザ ロイヤルパーク キャンバス」を展開する事を発表しました。

新ブランド第一弾は、東京・銀座、大阪・北浜、名古屋の 3 ホテルで展開、名古屋については既存の 「ロイヤルパークホテル 名古屋」をリブランド。 新ブランドの「ザ ロイヤルパーク キャンバス」は、お客様のスタイルに合わせて自由にご利用いただけるホテルを目指し、「キャンバスに絵を描くかのごとく、自由に自分色でご利用いただく」という想いを「キャンバス」に込めてネーミングしたとの事。 ロイヤルパークホテルズは、現在、総合型シティホテルを 3 ホテル、宿泊主体型ホテルを ホテル、計8ホテ ルを経営・運営していますが、旺盛な宿泊需要に応えるべく、新規ホテル出店を加速させており、現時点で計5ホテルの新規開業を予定しています。 

関連記事