読売テレビ新社屋の建設状況 17.10

th_001_20161023003516174.jpg


読売テレビは2014年8月28日に、OBP(大阪ビジネスパーク)内に新しい社屋を建設し、5年後の2019年8月に移転すると発表しました。新しい社屋は、現在の社屋から南へ約400m離れた毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」(平成28年春に閉館)の跡地を含む場所です。新社屋の規模は延床最大4.5万㎡、高さ80mの高層ビルを想定、敷地面積は約1万2千㎡です。社屋の移転は2019年8月の予定となっています。



【出典元】
国土交通省>讀賣テレビ放送株式会社の民間都市再生事業計画を認定



過去記事】
読売テレビ新社屋の建設状況 17.08 ~3機目のタワークレーンが稼働開始!
読売テレビ新社屋の建設状況 17.07 ~鉄骨が地上に姿を現し3機目のタワークレーンの組み立てが始まる!

読売テレビ新社屋の建設状況 17.05 ~ついにタワークレーンが姿を現す!

読売テレビ新社屋の建設状況 16.11

読売テレビ新社屋の完成予想図がついに明らかに!

読売テレビが跡地に新社屋を計画している「シアターBRAVA!」の解体工事の状況 16.07

読売テレビが新社屋を建設する「シアターBRAVA!」の状況 14.09
読売テレビがOBPの「シアターBRAVA!」跡に高さ約80m、延床4.5万㎡の新社屋を建設!






th_003_20161023003521e03.jpg


新ビルの概念図です。TV局の社屋の為、非常に複雑なフロア構成になっています。読売テレビの新社屋が完成すれば、同局からOBP発信の情報が増える事が予想されるので、OPBエリア全体が再び脚光を浴びる事になりそうです。
















th_IMG_0805_2016112222250500b.jpg


【スペック】
名称:読売テレビ新社屋
所在地大阪市中央区城見1丁目3番2他
階数:地上17階、塔屋2階、地下1階
高さ:85.06m
構造鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造
杭・基礎 
主用途:テレビスタジオ
総戸数:-----
敷地面積:12,495.90m2
建築面積:6,995.39m2
延床面積:51,194.58m2 ※容積対象面積:45,393.30㎡
建築主読売テレビ放送
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年10月
竣工2019年01月(予定)












th_IMG_1566.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年08月頃だったので約1ヶ月振りの取材です。


















th_IMG_1581_201711052248113f6.jpg



前回の取材時に比べると鉄骨建方がかなり進み、ビルの低層部のボリューム感が掴める様になってきました。


















th_IMG_1585.jpg


読売テレビ新社屋では、柱がコンクリート、梁が鉄骨という珍しい工法が採用されています。このRCS工法(柱RC梁S混合構造)は、圧縮に強いコンクリートを柱に、曲げとせん断に強く軽量な鉄骨を梁に、との適材適所の考え方から生まれた混合構造です。梁をS造とするため、ロングスパン構造物に適しており、倉庫やショッピングセンター、オフィスビルなど、さまざまな用途の建物に適用できます。



















th_IMG_1586_20171105224815938.jpg



近くで見た様子です。読売テレビ新社屋はロングスパンが必要なフロアレイアウトに加え、重量のある放送機材が設置される為、RCS工法(柱RC梁S混合構造)が採用されています。

















th_IMG_1591_20171105224817c4d.jpg



北西側から見た様子です。














th_IMG_1589_2017110522481506c.jpg



この現場の3機のタワークレーンには愛称がついており、東側のタワークレーンは「はにわさん号」、西側は「森ちゃん号」、南側は「すまたんバンド号」となっています。











th_IMG_1554_20171105224819ebf.jpg


最後はJO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)から見た読売テレビ新社屋の様子です。
関連記事

だんじり大阪城2017か開催される。天守閣やOBP等の景観と勇壮な地車パフォーマンスが融合した凄いイベントだった!

th_IMG_1526.jpg


だんじり祭 in 大阪城 201780年前に市民の力で再建された大阪城に、再建81年目の平成24年より大阪人の心意気で、力を合わせ創出したお祭りとして、今年で6回目の開催となりました。だんじり大阪城2017では、大阪市内を中心に東大阪・大東市・富田林市・堺市・泉大津市の地車約29台が大阪城に集結。メイン会場の大阪城公園・太陽の広場をベースに、大阪城公園内森ノ宮駅前噴水広場~極楽橋前でだんじり巡行が行われました。




▼引用始め


大阪は昔から文化発祥の地として、日本経済の中心地として栄えてきました。しかし、ここ数十年の間、世界経済のグローバル化が進むなかで、あらゆる資本(人・モノ・お金・情報)が首都に集中するようになり、一時期、大阪の地盤沈下が叫ばれていましたが、昨今インバウンドの効果もあり賑わいをとり戻しています。


しかし、まだまだ大阪の文化を発信しきれているとは言えず、この賑わいを一過性にしない為にも、大阪ならではの名物として、賑いの原点である「だんじり」を盛り上げていきたいと考えます。かつて豊臣秀吉による大阪城築城の際に、「地車囃子」が工事をスムーズに進めるための音頭だったと言われ、築城も古墳造営と同じく大規模な土木工事のため「だんじり」の原型である修羅が用いられていました。この大阪城築城以降に大阪の地(摂津国)に「地車」と「囃子」が定着していったと言われています。


まさにだんじり祭りの発祥の地と言っていい大阪城に、人々の賑いを定着化し、魅力溢れる国際都市を創出するため、大阪市内にある数多くの「地車」が一堂に集結します。そして本年も、夏・秋に行われる各地区のだんじり祭りのフィナーレとして【だんじり祭in大阪城2017】を、例年よりも参加台数を増やし開催いたします。


▲引用終わり











th_IMG_1538_20171105210103001.jpg


◆地車 in 大阪城 2017

・主催:だんじり祭in大阪城2017実行委員会

・開催日時
2017114日(土) 10:0020:00
2017115日(日) 10:0016:30

・実施場所
メイン会場:大阪城公園・太陽の広場
だんじり巡行:大阪城公園内森ノ宮駅前噴水広場~極楽橋前

・参加地車:約29台(大阪市内中心に東大阪・大東市・富田林市・堺市・泉大津市)

・後援
大阪市・大阪府・大阪商工会議所・公益財団法人関西広域連合・大阪21世紀協会・大阪ユネスコ協会・城東区・大阪観光局

・協力
関西五社会(マスコミ)










th_IMG_1533_2017110521010056b.jpg


現地の様子です。勇壮な地車と近代的な超高層ビルが林立するOBP。まさに伝統と文化、現在が融合した大阪ならではの光景です!











th_IMG_1532_20171105210058b9a.jpg


出番待ちの地車です。













th_IMG_1531_20171105210058f49.jpg


アップで見た様子です。いやー、カッコイイでですね。人力で引廻す地車には、見た者に特有のパワーの様なモノを与える様な気がします。












th_IMG_1525_20171105210056fb7.jpg


最後は、もう一度、大阪城天守閣と地車との組み合わせです。台湾から帰って来たばかり、だからでしょうか?この光景が一際輝いて見えました。
関連記事
[ 2017/11/06 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(3)