台北101から見た台北市の夕景

th_IMG_0800_20171106234421be5.jpg

台北市は、中華民国の首都で、台北市の人口は約270万人。周辺都市を含めた台北大都市圏の人口は約704万人に達する巨大都市で香港と同規模の都市圏を形成しています。上の画像は世界屈指の超高層ビルで、台湾NO.1の高さを誇る、台北101から見た台北都心部の様子です。










th_IMG_0796_201711062344233b0.jpg


台北101は、地上101階建てで、高さは509.2m7年間の工期を経て、2004年に世界一の超高層建築物として竣工。設計は李祖原建築事務所、施工は熊谷組を中心としたJVにより行われました。総工費は約600億元です。地上89階の屋内展望台は高さ382.2m、地上91の屋外展望台は高さ390mあります。展望台から見た街並みは、まるで航空機から見た様なレベルの高さでした。











th_IMG_0795_20171106234425b43.jpg

ファーイースタンプラザ、地上43階建て、高さ165 mのツインタワーです。台北の五つ星ホテル、 シャングリ・ラ ファーイースタンプラザホテル 台北が入居しています。











th_IMG_0798_20171106234428e9c.jpg


台北市内は超高層ビルが他の東南アジア諸国の大都市に比べて少ないです。台北市にある高さ100m以上の超高層ビルは37棟となっています。現在3棟ほどの超高層ビルが建設中でした。











th_IMG_0792_20171106234428760.jpg


台北101から見た市街地は、25階位の高層ビルが所々に固まって建っている感じに見えました。








th_IMG_0786_201711062344307e5.jpg


台北市は非常に道路が広く、地下鉄(MRT網)や都市高速も整備されており、非常に発展した大都会でした。台北は古くからの東南アジア的な街並みと近代的なビル群が混在した独特の雰囲気があります。今回は社用で台北を訪れた為、本格的な取材とは行きませんでしたが、地下鉄駅や、ランドマーク的なビル、繁華街などを撮影する事が出来たので、これから数回にわけてご紹介して行きたいと思います。










関連記事
[ 2017/11/07 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(7)

正式名称は「ケイ・オプティコムビル」に決定!(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.11

th_IMG_1630_20171106231951b2f.jpg



(仮称)新MID大阪京橋ビルは、OBP(大阪ビジネスパーク)にある旧パナソニック大阪京橋ビル跡に建設される、地上22階、塔屋2階、高さ116.27mの超高層ビルです。パナソニック大阪京橋ビルは、1974年8月竣工の古参のビルで、延床17,143.04 ㎡、敷地面積は3,698.55 ㎡のビルでしたがろ老朽化に伴い、新たな超高層ビルに建て替えられる事になりました。

前回まで、計画名称である
(仮称)新MID大阪京橋ビルの呼称でご紹介してきましたが、正式名称は「ケイ・オプティコムビル」に決定関西電力系のインターネット・プロバイダー、ケイ・オプティコムの新本社屋として201814日から稼働開始します。




【過去記事】
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.07
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.05
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.03
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.07
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.05
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.10
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.05
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.10
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.08
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.05
OBPにあるパナソニック大阪京橋ビルの解体工事が始まる。次なる再開発への布石か?

















th_IMG_1597_20171106224919504.jpg



「ケイ・オプティコムビル」は、地上 22階、延床面積約 49,660㎡、基準階貸室約 1,800 ㎡(約 540 坪)のテナントオフィスビルで、アウトフレーム構造の採用により三面開放の整形無柱執務空間を実現しています。また、ビルの構造がRC造、一部S造となってる所が超高層オフィスでは珍しいです。RC造は形状の自由度が高く、耐火・遮音性に優れていますが、費用が割高な為、遮音性が重視されるマンションに多く採用される形状で、超高層オフィスビルに採用されるケースはまだ少ないです。














th_IMG_1599_20171106224917e38.jpg




【スペック】
名称:
ケイ・オプティコムビル
計画名称:(仮称)新MID大阪京橋ビル
所在地:大阪市中央区城見2丁目
階数: 地上22階、塔屋2階
高さ:116.27m
構造RC造、S造
杭・基礎 
主用途:一般事務所
総戸数:---
敷地面積:31,869.70
建築面積:2,536.38 
延床面積:49,662.14
建築主:MID都市開発
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:201504
竣工:201709月(予定)















th_IMG_1606_2017110622491561e.jpg


前回の撮影が2017年07月だったので約3ヶ月振りの取材です
















th_IMG_1612_20171106224915fd5.jpg


北側から見た様子です。













th_IMG_1615_20171106224913f7e.jpg



南東側から見た様子です。


















th_IMG_1575_20171106224941ba5.jpg


南側から見た様子です。


















th_IMG_1576.jpg



頂部付近のアップです。よく見ると屋上が緑化されていますね。


















th_IMG_1616_20171106225243079.jpg



続いて、建物周辺・エントランス付近の様子を見て行きます。




















th_IMG_1631_20171106225246ed2.jpg



1Fの南側はピロティになっており、金色のオブジェが置かれていました。


















th_IMG_1628_20171106225244f74.jpg


エントランスホールの様子です。












th_IMG_1570.jpg


大阪城ホール側から見た、ケイ・オプティコムビルの様子です。









th_IMG_1636_201711062323309cf.jpg 


夕日に輝くケイ・オプティコムビルの様子です。














th_IMG_1596_20171106224935a4d.jpg

最後はTWIN21 -ツイン21-と並び立つ、ケイ・オプティコムビルの様子です。

関連記事