JR九州が「熊本駅ビル」の開発概要を発表!新駅ビルは地上12階、地下1階建て、延べ床10.7万㎡の規模で2021年春の開業を予定

th_005_20171108234103d35.jpg

JR九州は、2017年11月8日付けのニュースで熊本駅ビルの開発概要」を発表しました。熊本駅周辺地域では、2018 年春に豊肥本線及び鹿児島本線下り線の鉄道高架化が完成します。熊本駅ビルの開発計画は、陸の玄関口「熊本駅」に相応しい、地上 12 階、地下 1 階建ての駅ビルで、商業とホテ ル、立体駐車場による複合施設を建設し、2021 年春に開業させる計画です。その後も、駅ビルの開発にあわせて住居等の開発を計画、駅周辺のまちづくりを進めていく予定です。

【出典元】
熊本駅ビルの開発概要について(PDF)











th_004_201711082341022cf.jpg

◆駅ビルの計画概要 
敷地面積 19,000㎡ 熊本駅周辺開発の敷地面積は約70,000㎡ 
延床面積 107,000㎡ 商業店舗面積 37,000㎡ 
用途 ホテル(200 室、プレミアム宿泊主体型ホテル) 結婚式場(多目的バンケット) 商業(シネマコンプレックス含む) 
階数 地下1階 地上12階建て 
駐車場台数 800台(駅ビル直結駐車場)  開発計画全体での駐車場台数は2,100



◆駅ビルの特徴 
1)陸の玄関口「熊本駅」のにぎわいの創 
・ファッション、雑貨、シネコン、そして飲食・食品を充実させ、様々な世代に ご利用頂ける商業施設をつくります。 
・駅ビルの大屋根や駅前広場を中心に様々なイベントや情報発信を行います。


2)「水と緑の立体庭園」 
・熊本の陸の玄関口として、熊本の新たなシンボルとなる「水と緑の立体庭園」 を設けます。
・水と緑のうるおいの中に店舗を配置し、憩いとにぎわいを感じる空間とします。 


3)駅立地を活かした多機能施設整備による魅力の向上 
・JR九州グループのプレミアム宿泊主体型ホテル「Blossom(ブラッサム)」を ベースに、熊本駅直結の利便性に加え、新しい熊本駅に相応しい高品質なホテ ルをつくります。 
・結婚式場を設け、新たな生活のスタートの場所とし、また平日も多目的な利用 ができるバンケットとして交流やにぎわいの場をつくります。 
・鉄道や路面電車・バスに加えて、2,100 台(3 箇所)収容可能な駐車場を整備す ることで、快適なアクセスを実現します。








th_003_20171108234101046.jpg


◆駅ビル以外の開発計画

熊本駅ビルの開発計画にあわせて、熊本駅周辺の開発敷地面積約 70,000 ㎡を活用し、 以下の熊本駅周辺の「まちづくり」を推進。
・駅をご利用になるみなさまや周辺にお住まいのみなさまの利便性を向上させる 高架下商業施設のリニューアルオープン ・快適なアクセスを実現させる立体駐車場の整備
・熊本駅周辺での住居系開発










th_002_201711082341009ee.jpg


駅前広場側に設けられた大屋根と巨大なガラスの箱に覆われた水と緑の立体庭園が夜の熊本駅前に浮かび上がっています。










th_001_2017110823410534b.jpg

熊本駅ビル完成後の駅周辺の完成予想パースです。街外れで閑散とした印象だった熊本駅前が劇的に生まれ変わります。












th_IMG_6555.jpg

最後は計画地付近の様子です。写真右側に熊本駅ビルが建設されます。

関連記事
[ 2017/11/09 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(11)

京阪枚方市駅が無印良品デザインでリニューアル!良品計画が初めて「駅内」のデザインを手がける挑戦的な試み!

th_002_20171108224454637.jpg

京阪ホールディングスは2017年11月7日のニュースリリースで、京阪本線の枚方市駅を「無印良品」を展開する良品計画のデザインでリニューアルすると発表しました!良品計画が駅デザインを手がけるのは今回が初めてです。


京阪グループは中期経営計画「創生果敢」における主軸戦略の1つとして「沿線再耕」を掲げており、駅を中心に沿線の「くらしの価値」を高める事に主眼に置き、沿線を新たにデザインする事に取り組んでいます。
その中でも「枚方市及び周辺エリアの再開発」は最重点プロジェクトに位置づけられており、枚方の歴史や地域性も踏まえながら、駅全体の魅力と価値を向上させ、中核市の顔として相応しい駅えと再生するとの事です。






th_001_20171108224451392.jpg


今回の枚方市駅のリニューアル計画は、単なる美装化ではなく「新しいまちづくり 駅からはじめます」という沿線再耕の基本的な考え方のもと、「感じ良いくらし」を提案する良品計画をパートナーに迎え、これからの時代の駅に求められる機能なサービスについて、ハードとソフトの両面から検討が進められました。リニューアルコンセプトは「いつも使いたい、一度は1行ってみたい駅」。


駅構内と商業施設を一体的なゾーンとし、木目調を基本に天井のスケルトン化や一部壁面のガラス化など、開放感のあるシンプルで心地良い空間へデザインが一新されます。店舗内装と正面ファサードは駅コンコースと一体的にトータルデザインされ、新しい買い物空間が演出されます。リニューアルの完成後は、改札内外の垣根が無い、ありそうで無かった空間が生まれそうです。まるで無印良品の店舗の中心に自動改札機が並んでいる様な・・・。



th_IMG_0087_20171108224453723.jpg



無印良品デザインでリニューアルされる事になった枚方市駅。沿線企業の消失による就業人口の減少や、少子高齢化など、京阪を取り巻く社会環境は厳しい状況です。そんな中で将来に渡って京阪沿線に愛着を持って住み、鉄道を利用してもら得るように、京阪は鉄道を中心に沿線全域を再ブランディングしています。沿線イメージを変え、ブランド力をアップする事は非常に時間がかかる長期的な取り組みとなりますが、京阪は生き残りをかけて、本気でRe:ブランディングを行っています。

関連記事
[ 2017/11/09 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(4)