開通後、約半月強が経過した第2ヨドバシ橋(Bデッキ)の週末の状況 17.11

th_IMG_1992_20171112220032a54.jpg


話題となったヨドバシ橋(Aデッキ)。ヨドバシ橋の開通につづいて、ヨドバシ梅田の外周を取り巻くペデストリアンデッキと、グランフロント大阪とヨドバシ梅田を接続する第2ヨドバシ橋「Bデッキ」が進められていましたが、2017年10月25日16時、ついにBデッキが開通しました。


【出典元】
梅田「ヨドバシ橋B」、開通日が10月25日に決定



【過去記事】
第2ヨドバシ橋(Bデッキ)が遂に開通!大阪駅とヨドバシ梅田が更に近くなり、梅田ダンジョンの攻略が進む!
第2ヨドバシ橋(Bデッキ)は2017年10月25日16時に開通する事が決定!

第2ヨドバシ橋(Bデッキ)の開通は2017年9月末から10月中旬に延期されました!

第2ヨドバシ橋(Bデッキ)とヨドバシ梅田外周を取り巻くペデストリアンデッキの建設状況17.09

2本目のヨドバシ橋(Bデッキ)が一気に架設される!ヨドバシ梅田とグランフロント大阪を接続する「Bデッキ」の建設状況 17.08-2
ヨドバシ梅田とグランフロント大阪を接続する「Bデッキ」の建設状況 17.08

ヨドバシ梅田とグランフロント大阪を接続する「Bデッキ」の建設状況 17.07
開通したヨドバシ橋(淀橋)の週末の状況 17.07
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ「ヨドバシ橋」が遂に開通!なお正式名称はシンプルに「淀橋」の模様です。
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06-3 ~ヨドバシ梅田側のデッキ上部にもアーチ状の鉄骨が設置され始める
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06-2 ~カリヨン広場前のAデッキは2017年06月30日に完成すると公式に発表される!
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06 ~ヨドバシ梅田とルクアの東側を結ぶ歩行者デッキが一気に架設される!
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.05
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.04






th_001_2017061422235003c.jpg


開通した「Bデッキ」の建設場所はこちらです。上の図の赤が第1ヨドバシ橋、青が第2ヨドバシ橋で、既に両方とも開通しています。














th_IMG_1973.jpg


今回は開通後、約半月強が経過し、認知度も上がって来た頃合いを見計らって週末に第2ヨドバシ橋の利用状況をウォッチしてきました。









th_IMG_1975_20171112220036f7e.jpg


まずは、開通した第2ヨドバシ橋(Bデッキ)の様子を改めてご紹介します。第2ヨドバシ橋はグランフロント側とヨドバシ側でデザインが大きく異なっています。長さも先に開通した第1ヨドバシ橋の2倍ぐらいあります。上の写真はグランフロント側の様子です。












th_IMG_1988_20171112220038fdf.jpg


こちらはヨドバシ梅田側の様子です。第1ヨドバシ橋と同じデザインです。











th_IMG_1970.jpg


グランフロント側から第2ヨドバシ橋(Bデッキ)を渡ってヨドバシ梅田に向かいます。第2ヨドバシ橋はJR大阪駅のアトリウム広場とグランフロントを結ぶ歩行者デッキから「T字」型のレイアウトで接続されました。











th_IMG_1979_20171112220048b96.jpg


おおお!認知度が低かった開通直後と比べるとメチャクチャ利用者が増えているではありまでんか!












th_IMG_1980_20171112220050af1.jpg


結構な数の利用者がいますね。やはりJR大阪駅の橋上駅舎と中央コンコースから最短距離となる、Bデッキの方も多くの利用者で賑わっていました。











th_IMG_1963_201711122200515aa.jpg


地上から見た第2ヨドバシ橋の様子です。今回改めてじっくり見てみると・・・。









th_IMG_1969_20171112220053a72.jpg


グランフロント側の2本の柱にもヨドバシ橋の接続箇所がありました。別の支柱が建てられたので、この門の様な柱は飾りだと思っていましたが、この柱もヨドバシ橋を支える役目を果たしている様ですね。










th_IMG_1984.jpg


Bデッキの開通後も北側に向かって歩行者デッキの延伸工事が続いています。将来的には、ヨドバシ梅田タワーの外周デッキに接続される事になります。









th_IMG_1994_20171112220034042.jpg


開通後、認知度上がり利用者が増加した第2ヨドバシ橋。先に開通した第1ヨドバシ橋と合わせて、利便性は劇的に向上し、梅田ダンジョンの一部が遂に陥落しました。



関連記事
[ 2017/11/13 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(3)

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.11

th_IMG_1827.jpg


三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館は、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されている、地上21階、高さ104.5mの超高層ビルです。厳しい高さ規制が課せられていた御堂筋ですが、高度成長期に建設された沿道ビルの建て替えを促進し御堂筋の活性化を図る為、昨年に高さ規制が大幅に緩和されましたが、この計画は新基準を適用した初めての建て替え計画として注目を集めています。





三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.05
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.05

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.04
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.04

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.03
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.03

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.01
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.01

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.10
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.10 

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.05
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.05

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.02
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.02 

御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.09
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.07
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.05
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.04
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.03
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.01 
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.12
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.11
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.10
御堂筋の規制緩和後の新基準を適用した伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース
三菱東京UFJ銀行大阪ビルの建て替え計画が始動、御堂筋の高さ規制緩和を受け107m高層ビルを建設! 
御堂筋の新しい景観ガイドドライン-御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)が公表されました









th_IMG_0538_2016103123160979e.jpg



【スペック】
名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目5番6号
階数: 地上21階、塔屋2階、地下3階
高さ:104.50軒高101.30
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:3,178.14
建築面積:2,353.83
延床面積:49,289.43
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201507月(予定)※解体工事は2014年10月に着手

竣工:2017年11月(予定)







th_IMG_1828_201711122118327a3.jpg 


現地の様子です。前回の取材が2017年09月だったので約2ヶ月振りの取材です。
















th_IMG_1829.jpg



低層部の様子です。御堂筋側にあった詰所が撤去され、低層部の外装改装ウォールの仕上げが始まりました。















th_IMG_1830_20171112211834de3.jpg


西側からの眺めです。











th_IMG_1832.jpg 


南西側から見た様子です。
















th_IMG_1834_20171112211847efb.jpg


50mの軒線部分の様子です。














th_IMG_1835_20171112211850b01.jpg


御堂筋側の様子です。詰所がなくなり、歩道からセットバックした部分が解る様になりました。













th_IMG_1837_20171112211851ac4.jpg 


南側から見た様子です。公開敷地では植彩も行われていました。














th_IMG_1852.jpg 


最後は北東側から見た様子です。
関連記事