天理駅前広場 CoFuFun(コフフン)がオープン!佐藤オオキ氏デザインによる
古墳モチーフの広場は楽しい仕掛けがいっぱい!

th_IMG_4193_20171203231142e67.jpg


理駅前広場 CoFuFun(コフフン)は、奈良県天理市の天理駅前にオープンした多目的広場で「コフン」をモチーフにした野外ステージ、カフェ、子どもも大人も楽しめる遊具などが集まった、みんなで楽しめるスペースです。円形の不思議なかたちが点在する広場のデザインを手がけたのは、佐藤オオキ氏が率いるデザインオフィス〈nendo〉。デザインのモチーフは名前のとおり「古墳」です。









th_IMG_4203.jpg


現地に掲示されていたCoFuFun(コフフン)の施設MAPです。













th_IMG_4194.jpg



天理駅前広場 CoFuFun(コフフン)の様子です。古墳をモチーフにした施設が駅前広場に登場しました。
















th_IMG_4192_2017120323114675f.jpg



コフフンには遊具も多く子供たちの天国状態になっています。


















th_IMG_4201.jpg


コフフンは以前から「是非とも見てみたい!」施設の1つだったので、今回念願なった形です。出だしから、このすり鉢状の建物にノックアウト。なんか凄いぞココは!














th_IMG_4204_20171203231157187.jpg


コフフンには沢山の遊具があり、トンだり跳ねたたり色々遊べる仕掛けが満載です。駅前にある古墳をモチーフにした施設群・・・。しかも子供がはしゃぎ回る空間。それを楽しむ親子連れ。















th_IMG_4206_20171203231158035.jpg


利用客が多い箇所は人工芝、そうでない所は天然芝とシチュエーションによって芝生の種類を変えています。この辺りは実用性がすっかりと考えてありますね。

















th_IMG_4208.jpg


Fuwafuwa Cofun(ふわふわコフン)
とびきり眺めのいい、屋上トランポリン。子ども達に大人気のふわふわドーム(巨大トランポリン)がステージコフンの屋上にあります。階段をのぼって専用入口を入ると、そこは子どもたちが飛び跳ねる新感覚の遊び場!大人にとっては、広場を一望できる絶好のビューポイントとなっています。














th_IMG_4210_20171203231201949.jpg


施設のデザインも非常に面白いです。夕方には陰影が強くなり、印象的な表情をみせてくれました。


















th_IMG_4219.jpg


トランポリンの様子です。周辺には砂があります。チビっ子天国ですね。
















th_IMG_4222_20171203231237e57.jpg


利用時間は16時までとなっており、撮影時はちょうど施設利用が終了する瞬間でした。















th_IMG_4229.jpg


tage Cofun(ステージコフン)
昼も夜も。風を感じながら文化を楽しむ。

200人を収容できる野外ステージです。ステージ奥は半屋根、アリーナの半径は約7.5m。そのまわりを階段客席が囲みます。アリーナ用の観客椅子も設置することができます。24チャンネルデジタルミキサーを含む音響機器やトラスなどの舞台用備品、夜間用の照明機器や映像機器も備えています。約14畳の楽屋も設置しています。コンサートやパフォーマンス、ライブ、企業のPR活動など、天理・奈良の文化の発信源として活用が期待されます。















th_IMG_4213.jpg


こっちにあるコフンは、なにやら穴があいている様な・・・。
















th_IMG_4240.jpg


Crater Cofun(すりばちコフン)

木の板を大きなすりばち状に張りめぐらせた子ども用の遊具です。広場からの円形階段を上ると、そこには大きな穴が!底まですべり降りて傾斜36度のすりばちの壁を、ぐるぐる回って登って上までたどり着きつく施設です。
















th_IMG_4233.jpg


Info&Lounge Cofun(インフォ & ラウンジコフン)
おいしさに出会い、自然の旅へと誘う。

パークサイドキッチンは、地元の食材を使用した日本食や総菜パンを提供する、「ネオ和食」をコンセプトにしたカフェレストラン。「コフン」のなかで天窓から降りそそぐ太陽を感じながら、天理・奈良でとれた新鮮な食材を使った料理を楽しむ事が出来ます。















th_IMG_4234_201712032312519ff.jpg


ひたすオシャレな空間が広がっています。ランチタイムに訪れてみたいです。













th_IMG_4235.jpg


インフォメーションでは、旅をサポート。山の辺の道や古墳群をはじめとしたいにしえの歴史や龍王山などの自然の景色を見る旅を提案します。ノルディックウォークポールの無料貸出&回収サービス(8km先の山の辺の道沿いにある「トレイルセンター」で回収&貸出いたします)も利用可能です。














th_IMG_4236.jpg


バイシクルカラー。米国スポーツバイクメーカーTREK社の自転車を販売・修理・レンタル。天理駅を拠点に、市内サイクリングや、奈良、桜井、明日香、そして吉野や三重へむかう長距離ツーリングをサポートします。














th_IMG_4253_20171203231254c2f.jpg



案内サイン類もひたすら洒落ています。
















th_IMG_4188_20171203231256412.jpg



天理駅前に誕生した天理駅前広場 CoFuFun(コフフン)。その斬新なデザイン、子どもを楽しませる仕掛け、それによって親子連れが継続的に駅前に集まる仕掛け、「作って終わり」ではなく、人を集め経済を回す為のイベントなど、地方活性化に繋がる取り組みも見え非常に関心しました。個人的にも、こんど子供をつれて遊びに来たいと本気で思いました。





関連記事
[ 2017/12/04 00:01 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(1)

梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」の迂回路への移設が完了!

th_IMG_3390_20171203222840474.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事の進展に伴い梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」の迂回路への移設工事。若干工事が遅れ気味でしたが、2017年11月18日(土)25:00頃に迂回路に移設され切り替えが完了しました!


【過去記事】
2017年11月18日(土)25:00頃に梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」が迂回路に移設!
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.09

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.08
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.06
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.03
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.01
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.07
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.02
JR北梅田駅(仮称)の建設工事がついに動き出す!JR東海道線支線地下化・新駅設置工事が年内に始まる見通し













th_001_20170918221413090.jpg

【出典元】
JR東海道線支線地下化・新駅設置事業 1工区 工事概要説明資料http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou2.pdf
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou5.pdf



迂回路のルートはこんな感じです。冷静に考えると梅北2期エリアに道路が通るのは初めてではないでしょうか。











th_IMG_3398.jpg


現地の様子です。梅北2期エリア内にグイッと引き込まれる様に迂回路が開通しました!今回の移設はJR東海道線支線地下化・新駅設置事業の工事が進んだ事によるもので、迂回路は梅北新駅の上に設置されたメトロデッキの上を通っています。











th_IMG_3393.jpg


道路が北側に移設されたので、阪神高速の梅田ランプ出入口も若干北側に移設されています。












th_IMG_3395.jpg


迂回路の西端付近の様子です。












th_IMG_3408.jpg


続いては迂回路を大阪駅側から福島方面に向けて歩いてみます。












th_IMG_3410_20171203223141733.jpg



梅北2期エリアの南端ですが、エリア内を歩いている!と思うと感慨深いものがありました。












th_IMG_3411.jpg


阪神高速梅田ランプ付近の殴打歩道の様子です。












th_IMG_3414.jpg


旧道は閉鎖されています。












th_IMG_3483_20171203223137b36.jpg


最後は明治安田生命 大阪梅田ビルから見た、迂回路の様子です。











th_IMG_3823_20171203223136a68.jpg


無事移設が完了した、「九条梅田線」。都市伝説化している「うめきた2期の開発計画」ですが、この様に大きな変化があると、いよいよ計画の具体化が近づいてきたな、といった感じがしてきました。「うめきた2期予定地」では、現在2018年度の暫定利用者を募集していますが、暫定利用は来年度が最後となり、2019年度から開発事業が本格化する予定です。








関連記事
[ 2017/12/04 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(4)