新歌舞伎座跡地に「ベルコ」結婚式場など建設へ

IMG_1492_20120524141101.jpg


毎日新聞によると、老朽化の為に閉鎖されていた「新歌舞伎座」跡地に、大手の冠婚葬祭会社「ベルコ」(兵庫県西宮市)が結婚式場とホテルなどの 複合施設の建設を計画している、との事です。劇場の跡地は約2200平米、同社は結婚式場とホテル、同社の本社機能などを備えた複合ビルの建設を計画しており、現在は設計など計画の具体化を進めており、固ま り次第、市への建築確認申請や解体工事などに入るとの事です。


※読者の福島区民さんに情報を頂きました、ありがとうございました <(_ _)>











IMG_1488.jpg


難波駅前の一等地にあり、長らく空きビルのまま放置されてきた新歌舞伎座跡。結婚式場・ホテルとオフィスの複合ビルとなれば、それなりの高層ビルになると思います。

ホテルと商業施設の複合ビルと言えば、チャスカ茶屋町の敷地面積が2,670.14m2で地上23階、地下2階、ホテルエルセラーン大阪はオフィスが別棟ですが、敷地面積1,748.85m2で地上15 階、塔屋1 階、地下3階といった規模となっています。新歌舞伎座跡に建設される再開発ビルは敷地面積から考えて、地上20~25階、延床面積2.5万平米程度の高層ビルになるのでは無いでしょうか。ようやく動き始めた新歌舞伎座跡の再開発計画。再開発ビルの詳細発表を楽しみにたいと思います。









新歌舞伎座:跡地に「ベルコ」結婚式場など建設へ

【記事引用元】→毎日新聞
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20120522k0000e040242000c

 老朽化のため閉鎖された大阪市中央区難波4の「新歌舞伎座」跡地に、大手の冠婚葬祭会社「ベルコ」(兵庫県西宮市)が、結婚式場とホテルなどの 複合施設の建設を計画していることが分かった。大阪・ミナミの一等地だが、これまで具体的な事業計画は明らかになっていなかった。ベルコは既に今年3月末 に用地を取得しており、数年後の開業を目指すという。

 新歌舞伎座は日本を代表する建築家、村野藤吾(故人)が設計し、1958年に開場。杉良太郎さん、五木ひろしさんらによる座長公演で集客し、ミ ナミのシンボルとして親しまれていた。しかし老朽化に伴い09年6月に閉館し、10年9月に近鉄・大阪上本町駅南の複合ビル「上本町YUFURA」(同市 天王寺区)に移転。現在は劇場の建物がそのまま残っている。

 劇場の敷地は約2200平方メートル。御堂筋沿いで、南海電鉄の難波駅や地下鉄なんば駅も近い。不動産登記によると、大手信託銀行が06年6 月、劇場を運営する株式会社「新歌舞伎座」から土地の管理や処分の信託を受け、今年3月29日にベルコが買収した。買収額は明らかにしていないが、近隣の 公示地価(今年1月1日時点)から、不動産価値は70億円を超えるとみられる。

 ベルコによると、同社は結婚式場とホテル、同社の本社機能などを備えた複合ビルの建設を計画。現在は設計など、計画の具体化を進めており、固ま り次第、市への建築確認申請や解体工事などに入るという。ベルコ幹部は「一時より地価も下がってきており、今が進出の好機と捉えた」と話す。

 信用調査会社などによると、ベルコは1969年4月創業。「ベルクラシック」などの名称で、全国34カ所で結婚式場を展開し、「シティホール」の名称で150超の斎場を持つ国内大手の冠婚葬祭会社。昨年度は約587億円を売り上げている。【杉本修作、山田毅】

関連記事
[ 2012/05/24 16:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(3)

【民間】旧新歌舞伎座の建て替え工事が始動/既存建屋の解体関連工事は鹿島建設/ベルコ難波ホテルプロジェクト

http://constnews.com/?p=1782

 2009年6月に閉館した大阪市中央区の旧新歌舞伎座の建て替え工事「ベルコ難波ホテルプロジェクト」がいよいよ始まる。
既存建屋の解体関連工事は鹿島建設が担当している。現在は建物の周辺を仮囲いが覆い、養生棚(落下防止棚)を設けている。
冠婚葬祭王手のベルコ(本社・兵庫県西宮市津門川町1-1、齋藤斎代表)が12年3月に用地(約2200平方㍍)の取得を済ませており、既存建物の解体後に結婚式場やホテル、同社の本社などの機能を備えた複合施設を建設する。
御堂筋の反対側の敷地には小規模な飲食店が軒を連ねているが、こちらも立ち退きが進んでおり、一体的な開発になりそうだ。

 旧新歌舞伎座は1958年に竣工したRC造地下2階地上5階建て延べ1万1088平方㍍の建物。所在地は大阪市中央区難波4-3-25。
有名建築家の村野藤吾の代表作として長年親しまれてきた。老朽化していたことから09年6月に閉館、新歌舞伎座は10年9月に大阪・上本町に移転して再開場した。
旧新歌舞伎座の敷地所有は大手信託銀行が06年6月に劇場を運営する新歌舞伎座から土地の管理や処分の信託を受け、12年3月29日にベルコが買収、施設の建て替えを検討していた。
[ 2014/03/20 19:00 ] [ 編集 ]

難波4丁目

小耳に挟んだ情報ですが

旧大阪新歌舞伎座跡のベルコの進出が以前ニュースにありましたが、
その東側に隣接する飲食店が入る雑居ビルも立ち退きになり再開発されるそうです。
ただ全てベルコになるかは不明ですが。
これから何らかの情報が出てくると思います。

以上の情報は現地飲食店経営者からの情報です。
[ 2012/09/17 22:30 ] [ 編集 ]

POP

貴重な建物だと思うんですが。ビルなのにここまで和風な感じのものってなかなかないですよね。
[ 2012/05/24 22:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/1489-020df670