阪急梅田本店・二期棟がついにオープン!

IMG_5265.jpg


2005年から始まり約7年間に及んだ建て替え工事がほぼ完了し、阪急うめだ本店の二期棟が2012年10月25日に先行オープンしました。また、二期棟の開業と入れ替わる様に一期棟が一時的に閉鎖され全面改装に入りました。先行オープン中の売場面積は全面開業時の約8割。一期、二期棟を合わせた全面開業は11月21日です。

阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.09
阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.08
阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.06
阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.04
阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.03
阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.01
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.11
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.10
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.08
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.06
阪急梅田本店・二期棟の最新イメージパース
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.05
→阪急梅田本店・二期棟建設工事 10.12

→阪急梅田本店・二期棟建設工事 10.10
→阪急梅田本店・二期棟建設工事 10.05
→阪急梅田本店・二期棟建設工事 10.03
→梅田阪急ビル 朝と夜
→阪急工事中
→梅田阪急ビル 09.08
→伸びる阪急2
→伸びる阪急
阪急梅田本店立て替え








IMG_5269_20121112000131.jpg


外側のファザードの様子です。灯りが灯ったアイアンワークや照明器具、田の字窓がいい雰囲気です。










IMG_5292.jpg


続いて完全体になった阪急百貨店前の南北コンコースの様子です!うおおっ!百貨店側のファザードに灯が入り前回の取材時と比べると、さらに雰囲気が一変しました!












IMG_5289_20121112000131.jpg

この新しいコンコースのデザインコンセプトは「クラシック」「モダン」「エレガント」が融合する世界観西日本最大級の鉄道ターミナル駅に相応しい象徴的な空間となるようにデザインされており、コンコースを挟み相対するファサードは大理石をはじめ共通素材を用い、印象的なアイアンワーク(金属装飾)で仕上げられます。完成した新しいコンコースは、新生阪急の世界観を上手く表現出来ていると思います。











IMG_5295.jpg


東西・南北コンコースが交差する部分のエントランス付近の様子です。ほのかにライトアップされたアイアンワークがメチャいい感じです。上手い比喩表現が思いつきませんが、艶のあるヌメッとした感じが気持ちいいです。













IMG_5335.jpg


続いて地上から全面開通した南北コンコースと灯の入ったファザードの様子を見て行きましょう!写真は阪急グランドビル側のファザードの様子です。阪急グランドビル側のファザードは、アールデコ調の実直で力強いデザインとなっています。














IMG_5296.jpg



こちらは百貨店側のファザードの様子です。百貨店側のデザインはアールヌーボー調の柔和で優美なデザインとなっています。













IMG_5300_20121112000200.jpg

また建替え前の阪急うめだ本店の「名物的存在」だったシースルーウインドーも復活しました。以前よりも明るい感じですが、昔の雰囲気をキッチリと受け継いでおり非常に好感が持てる出来映えです。












IMG_5303.jpg

この空間、このファザードを眺めていると、じんわりと涙があふれてきました。なんて素晴らしいんだろう・・・!売場に入る前段階で感動しまくりです。。













IMG_5314.jpg

シースルーウィンドウは全部で7カ所が設置されていますが、そのうち2カ所の上部はLEDビジョンになっており、動画が映し出されていました。












IMG_5308.jpg

シースルーウィンドウの上部に組み込まれたLEDビジョンの様子です。












IMG_5312_20121112000200.jpg

他のシースルーウィンドウの上部には影絵が置かれています。また、影絵を照らす灯りもLED照明の様で刻々と色が変化しており見応えがありました。











IMG_5321_20121112000159.jpg


シースルーウィンドウのアップです。生花を用いたとても美しいディスプレイで多くの人が携帯電話のカメラで写真をとっていました。











IMG_5331.jpg


ついに開業した阪急梅田本店・二期棟。阪急うめだ本店の初年度売上目標はメンズ館と合わせて2130億円となっていますが、この数字は外商を除いた店頭販売額としては日本最高レベルの非常に高い売上目標です。現実的には1800億円ぐらいの実績で着地するかもしれません。でも、この写真から感じられる圧倒的な集客力に最高の店舗デザイン、他に類を見ない品揃え、サービスを見ると、阪急うめだ本店は本当に日本一の百貨店になるかもしれませんね。。

関連記事
[ 2012/11/12 01:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(6)

日本一なれ!

現在、日本一の伊勢丹新宿本店の売上が2350億円ですが、三越法人外商の売上が、「三越日本橋本店」から「伊勢丹新宿本店」の売上に加算されているというカラクリがあるので、阪急うめだ本店は日本一なるかも。。
[ 2012/11/13 10:43 ] [ 編集 ]

11月に入り、オープン後の目標に対しての達成率は70~80%の推移という業界関係者の話です。正しいかどうかやっかみもありますので。
すべては日経MG等か阪急から、12月に11月の売上が発表されますから待ちましょう。私は順調に推移して来年は日本一か日本二の売上になると期待しています。
[ 2012/11/13 01:51 ] [ 編集 ]

まだオープンしたてなので
苦戦?というのはオープン後の話じゃないでしょ
[ 2012/11/13 00:33 ] [ 編集 ]

行ってきました

先週末についに行って来ました。
感想は、いや~、待った甲斐がありましたね。

他の方々も書かれているように、空間の一体感、統一感は文句なし! 
凄まじいほどの華やかな雰囲気、品揃え、本当にここまでワクワクする百貨店が誕生したことが何より嬉しいです。
入口も広く、沢山のお客さんがまるで吸い込まれていくのが印象的でした。

館内で印象に残った部分はたくさんありますが、祝祭広場での、皆があの空間と一瞬一瞬を楽しんで共有するその風景がなんとも言えませんね。

所で 大阪淀屋さん、売上って苦戦してるんですか?あの混雑、多くのお客さんが阪急の紙袋を抱えていたのを間近にすると、えっ!と一瞬思いましたが、やっぱり難しいものなんですね。

でも、結果のみ急ぐのではなく、いつまでもワクワクする百貨店を目指す、親切日本一を目指す、この過程を大切にしながら、名実共に日本一の百貨店になってもらいたいですね。


[ 2012/11/12 22:38 ] [ 編集 ]

この華々しさは凄いですね。上から見下ろすコンコースはまるでパーティー会場のようで、通り行く人達皆がパーティー参加者かのように見えます。素晴らしい空間演出だと思います。
外部空間、内部空間共にここまで一つのコンセプトで作りこまれた百貨店は確かに日本でここ一つだけだと思います。これなら遠くてもわざわざ行ってみたいと思わせる店舗になったのではないでしょうか。空間演出、企画、品揃え、全てにおいて完成度がかなり高いです。
三越伊勢丹は東京ブランドを過信して正直阪急を舐めていたんじゃないでしょうか。大阪駅のあの店作りじゃ到底太刀打ちできるとは思えませんが。阪急のデキの良さを見て今頃焦っているのではないでしょうか。しかも本丸のグランドオープンはまだこれからという。年末商戦と相まって阪急は盛り上がるでしょうね。
[ 2012/11/12 14:46 ] [ 編集 ]

素晴らしい写真ありがとうございます。新コンコースと百貨店が一体となってここが日本かというくらい素晴らしい空間を演出しているのが良くわかりました。写真で見ると重厚な前のコンコースよりは百貨店との一体感で全体が良くなっていますね。
阪急は本当に素晴らしい企業です。角会長の言葉、我々は大阪を離れられない企業で、大阪を良くするために努力しているという言葉をまさに実践しています。
売上は見立て通り、少し苦戦していると聞きますが、上期決算発表時に上方修正していますので、何としても計画通りの売上に固執すると思います。グランドオープンやヴォーグファッションショーをはじめとしたイベントを機会に公約通り西日本全域を商圏とできる対策をどう打つかにかかっていると思います。
まぁ、売上はともかく日本一の百貨店ということには大賛成です。
[ 2012/11/12 10:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/1672-8efa2721