新梅田シティに高さ9m・長さ78mの巨大緑化モニュメント「希望の壁」創出!環境都市を目指す大阪の新名所に

IMG_2634.jpg



積水ハウスは2013年6月17日発表のニュースリリースで、建築家の安藤忠雄氏の発案を受けて、同社の本社がある「新梅田シティ」に、四季に応じて表情が変わる巨大緑化モニュメント「希望の壁」を創出すると発表しました。


【公式HP】
→積水ハウスニュースリリース
建築家 安藤忠雄氏の発案を受けて「新梅田シティ」に巨大緑化モニュメント「希望の壁」創出










002_20130618082438.jpg

「希望の壁」の設置場所はこちらです。新梅田シティの北側に広がる「新・里山」東側に設置されます。



【希望の壁 概要】
所在地:新梅田シティ東側
規模:高さ9m、長さ78m緑化内容:壁の両面はプランターとステンレスネットで構成し、
積水ハウスが進めている「5本の樹」計画での選定樹種を多数植栽。
※「5本の樹」計画とは、各地の気候風土に適した自生種・在来種を中心に
お客様の庭に植栽する事で、中宅地の緑を郊外の森や里山と結んで、生き物
を支えるネットワークを形成、拡大する事で生態系保全に貢献しようという取り組み
竣工時期:2013年9月下旬(予定)
施工:竹中工務店








001_20130618081731.jpg


積水ハウスのニュースリリースからお借りした完成予想パースです。高さが9mもあるので、まさに「緑の壁」です!











004_20130618083934.jpg

【出展元】→建築家 安藤忠雄氏の発案を受けて「新梅田シティ」に巨大緑化モニュメント「希望の壁」創出


希望の壁をアップで見たパースです。完全な壁ではなく所々に開口部が設けられており圧迫感を軽減する配慮がなされています。なんだかリスなどの小動物が住み着きそいうな密林的な雰囲気です。











IMG_7812_2.jpg



新梅田シティに設置される巨大緑化モニュメント「希望の壁」。前代未聞と言える高さ9m、幅78mの超横長の緑の壁はあまりに斬新で、見る人々にメチャクチャ大きなインパクトを与えると思います。僕は、最初にパースを見た瞬間、強い違和感を持ちましたが、しばらく眺めて、このモニュメントを小山や丘として捉えると「これはありかもしれない」と思うようになりました。

安藤さんは、一般的な緑を算定する指標である「緑化率」から、実際の体感とほぼマッチする緑化の指標、風景の中に見える緑の量を重視する「緑視率」を意識した街づくりを啓蒙、提案されているのだと思います。

うろおぼえで申し訳ないのですが、以前に読んだ書籍に「緑視率が5%を超えると人は潤いを感じる」との記述がありました。現状の大阪都心部で「緑化率」を現状から5%高める為には気の遠くなるような金額と年月がかかります。でも壁面緑化やこのグリーンウォールの様なアプローチで緑化を進めれば「緑視率」を5%高める事は十分可能ではないでしょうか。

あと、大阪都心部に続々とオープンする新施設に対して、開業20周年を迎える新梅田シティが今後も存在感を持ち続ける為には、これぐらいインパクトのある事をやらないといけないのかもしれませんね。「希望の壁」が完成する9月下旬が楽しみです。


関連記事
[ 2013/06/18 09:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(5)

いいねぇ♪ いいねぇ♪

世界的大都市は経済やインフラはもちろん、景観やブランドも凄く大事やと思う
そこにいくと大阪は「汚い・ゴミゴミしてそう」という悪いイメージが強いので
こういう水や緑などの景観が重視されてる都市計画は凄く良いと思う

最近「水都大阪」などの都市計画があって大阪のこれからが楽しみやわ


それと最近、大阪に関する色々な事を記事にされてるこのブログを見るのが楽しいです
お疲れ様です(^-^)
[ 2013/07/06 17:58 ] [ 編集 ]

おやおや……

> JR大阪駅北側にある複合施設「新梅田シティ」の庭園内で、
> 積水ハウスが設置工事を進めていることを17日発表した
> 巨大な緑化壁「希望の壁」(高さ9メートル、長さ78メートル)を巡り、
> 庭園を設計した造園家吉村元男さん(75)が
> 「庭園の統一されたデザインが損なわれ、著作権を侵害する」として、
> 同社に工事中止を求める仮処分を19日、大阪地裁に申請する。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130618-OYT1T00787.htm
[ 2013/06/19 11:19 ] [ 編集 ]

夏には涼しそうで素敵な計画ですね、これも楽しみです
はやくうめきた二期工事がはじまって、
スカイビルとウェスティンが独りぼっちじゃなくなればいいのに
[ 2013/06/19 10:51 ] [ 編集 ]

壁が本物の木で作られていると良のではと思いました。強度的にはコンクリートなんでしょうが、地震のことなど考えると壁の強度に不安が。大木が生い茂っている方が安全で、見た目も良いのではないでしょうか?小さく壊れて良いから、大きき壊れない壁にして欲しいです。素人考えなので、何の根拠ありません、単なる感想です。
[ 2013/06/18 23:34 ] [ 編集 ]

再開ありがとうございます。
安藤忠雄が、勝手連でアイデアを企業に提案して採用されるだけでも驚きなのに、4億という巨費をいくら1兆円を超える積水ハウスといえ、社内で喧々諤々相当議論して決裁したのだから安藤忠雄も凄いが、積水ハウスも凄い。安藤ブランドだけで巨費を投じることはなく、このアイデアに大賛同した結果でしょう。
私としてはロング様の意見に賛同です。相当話題になるうえ、大阪のイメージも変わります。これで梅田に安藤関連がマルビル、ジュンク堂、グランフロント北口広場、新梅田シティ、安藤建築研究所本社ビルと安藤忠雄コレクションが出来そうなくらいとなり、ほっとしました。
安藤さんにはこれからもどんどん提案をしていただいて大阪の緑化率を高めてほしいですね。
[ 2013/06/18 10:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/1897-aaf11002