(仮称)清和梅田ビル 13.07

 IMG_3569_201308011548309d5.jpg


(仮称)清和梅田ビル
は、曽根崎2丁目にある「旭屋書店本店」と、隣接する「梅田第一ビルディング」を地上21階、塔屋1階、地下2階、高さ106.15mの超高層ビルに建て替える再開発計画です。また、(仮称)清和梅田ビルに、ビル埋込み型としては世界で初めて機械式立体駐輪場(サイクルツリー)が設置されます。















IMG_3572.jpg



【スペック】

名称:(仮称)清和梅田ビル
階数:地上21階,塔屋1階,地下2階
高さ:106.15m
敷地面積:1,941.27m2
建築面積:1,160.74m2
延床面積:21,926.02m2
着工:2012年7月(予定)
竣工:2015年3月(予定)










IMG_3584_201308011548071f5.jpg


久々に現地を取材してみると既にタワークレーンが姿を現しており鉄骨の一部が出現していました!










IMG_3589.jpg


地上から見た、鉄骨の様子です。地上2階程度の高さまで成長していました。










IMG_3574_20130801154806c42.jpg


タワークレーンが設置され、鉄骨の成長が始まった(仮称)清和梅田ビル。通いなれた旭屋書店のビルが解体され跡地に超高層ビルが建設されている事に、未だに現実感が持てずにいましたが、こうやってタワークレーンと鉄骨を目の当たりにすると「ああ、あの本屋さんが無くなったんやぁ」という実感が湧いて来ました。。
関連記事
[ 2013/08/06 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/1941-710a6f68