JST大阪ビルディング

IMG_3873.jpg

JST大阪ビルディング
は、圧着コネクタなど各種端子の製造を手がけている、日本圧着端子製造社の新本社ビルです。建物周囲に設置された外部木格子が特徴で、町並みへの調和、室内環境の向上を目的としたデザインとなっています。


【過去記事】
道修町に建設中の木で覆われたビル
■追跡取材リスト







IMG_3870_201308221658353ca.jpg


【スペック】
名称:JST大阪ビルディング
在地:大阪市中央区道修町3丁目
階数:地上8階、地上2階
高さ:------------
構造:S造一部RC造、SRC造
主用途:事務所
敷地面積:1226.16平方メートル
建築面積:939.01平方メートル
延床面積:8245.23平方メートル
建築主:日本圧着端子製造
設計者:Atelier KISHISHITA(アトリエキシシタ)
施工者:鹿島建設
着工:2012年01月
竣工:2013年03月








IMG_3879_201308221658495de.jpg



このビルの建築主である、日本圧着端子製造のプレートが設置されていました。










IMG_3880_20130822165851858.jpg



建物周辺の様子です。建物の周囲には白色の小石がしかれており、ちょっと変わった雰囲気です。












IMG_3876_20130822165848678.jpg



反対側の様子です。公開スペースに設置されている違法駐車防止用のポールも木材で覆われています。















IMG_3885_2013082216585296f.jpg



最後はビルの東面にある窪んだ箇所をパチリ。JST大阪ビルディングは小粒ながらも、面白いビルに仕上がっていました。
関連記事

弊社でも JSTさんの部品を使わせていただいております。
ロングさんが 最初に写真をアップされた時に仮囲いが取り払われて 引っ越しがほぼ終わっているようでした。スマホからコメントを入れていたのですがスマホからだと反映されないようです。
設計会社さんですが鉄骨会社の受注リストからアトリエキシシタさんと分かっていたのですが、マンゴーデザインの都倉さんも深くかかわっているようです。内部のスキップフロアの様子は夕方になるときれいですよ。 内部空間は最近の大学のラボの様で、天井スパンドレルも木材で外壁と同じデザインになっています。 google+とか Facebookないに記載がありますよ。 
[ 2013/08/26 17:07 ] [ 編集 ]

素晴らしい建物紹介いただき、ありがとうございます。どんな会社かと思い、失礼ですが、ホームページから会社概要を引用しますと
「日本圧着端子製造株式会社は、1957年の創業以来,順調に業績を伸ばし、無借金経営で規模1,000億円のコネクタ業界トップクラスの企業です。
国内だけでなく、海外にも販売拠点、生産拠点を持つ世界でも有数の電気接続部品の専門メーカーであり、コネクタ業界で収益・シェアとも世界でトップクラスを誇るリーディングカンパニーです。」とあります。業績は発表していませんが、超優良企業でしょう。
シマノやキーエンスと同じ世界企業で、業界NO1超優良企業ですね。こういった企業は東京への本社移転や本社機能移転もなく、地元に立派な本社をつくる典型の会社で本当にありがたいです。大阪の名所となるような素晴らしい建物です。願わくば行政や地域で周辺の電柱地中化を進めてほしいです。
[ 2013/08/26 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/1964-e8218029