スカイライトタワー

entry_img_2154.jpg


スカイライトタワーは、東京都中央区佃1丁目の大川端リバーシティに建設された、地上40階、高さ139m、総戸数336戸のタワーマンションです。分譲当時の売主は三井不動産、施工会社は三井建設・日本国土・佐藤工業のJV。隣接するセンチュリーパークタワーとブルーのトーンで色分けされデザインを統一した高級なマンションです。














IMG_2147_201312280016130c0.jpg



【スペック】
名称:スカイライトタワー
所在地:東京都中央区佃1丁目11-7
階数:地上40階、塔屋2階、地下2階
高さ:139m
構造:SRC造
杭・基礎 :---
主用途:事務所
総戸数:336戸
敷地面積:31,555㎡(施設全体)
建築面積:---
延床面積:39.950㎡
建築主:三井不動産
設計者:三井建設
施工者:三井建設・日本国土・佐藤工業JV
着工:1990年08月
竣工:1993年02月










IMG_2201.jpg



スカイライトタワーの竣工年を調べてみると1993年竣工だったので驚きました。築20年とはとても思えない新しさです。











IMG_1997.jpg 


大川端リバーシティは周囲が川に囲まれている為、将来にわたって良好な眺望が確約されている所がポイントです。開発開始から20数年が経過し、植えられた木々が立派に育ちちょっとした森の様になっています。住環境は非常に良好で、現在でも人気が衰えない理由が分かりますね。










IMG_2174_20131228001612680.jpg



北側から見た、スカイライトタワーの様子です。













IMG_2056_2013122800161590a.jpg 

センチュリーパークタワー
(写真右)とリバーシティ21・イーストタワーズⅡ(写真左)の間からスカイライトタワーが見えました。











IMG_2205_20131228001609bda.jpg



最後は、住吉神社近くの船だまりと大川端リバーシティの高層ビル群との対比です。
関連記事
[ 2014/02/16 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(1)

大川端リバーシティはリバーフロント超高層マンションの先駆けですね。
バブル経済真っ盛りの1988年前後に私は上京したのですが、それ以前の超高層ビル街と言えば西新宿くらいしかなく(あえて言えば紀尾井町あたりも該当しましたが)、下町に分類されるべき佃島にこれらの高層マンションが林立し始める様子には驚いたものです。よほど普遍的なデザインだったのか、今でも当時と変わらぬスタイリッシュさを維持できているのは立派です。
[ 2014/02/15 23:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2154-d8896fa6