福井県で最も高い高層ビルとなる福井駅西口再開発ビルが着工!

001_201401142134288d5.jpg
【出典元】→福井市HP>福井駅西口全体空間デザイン基本方針(PDF)

来年春に金沢まで開業する北陸新幹線が北陸各都市の再開発計画を誘発しています。福井市に北陸新幹線が到達するのは、まだ10年以上先なので、今回の新幹線開業による直接的な影響はありませんが、隣接する石川、富山各県内で再開発が活発化する中、近県の都市に負けじと福井市都心部でもビッグプロジェクトが動き出しました。










002_20140114213429c7a.jpg


JR福井駅西口で建設工事が始まった福井駅西口再開発ビルは、地上21階、地下2階、高さ90mの高層ビルで、福井県で最も高い高層ビルとなります。延床面積約3.5万平米の再開発ビルには、5階に福井市がプラネタリウムなどの映像を投影するドームシアターが設けられる他、1~3階に観光関連施設、3~4階に能舞台を備えた多目的ホール、4階に総合ボランティアセンター1、2階は商業フロア、6~21階の構想部には約90個のマンションが入居する計画です。再開発ビルの完成予定は2016年3月で総事業費は137億円です。













003_20140114213430701.jpg


福井市内を走る路面電車も福井駅方面に延伸されます。本線から福井駅方面に向かう、通称ヒゲ線を現在の福井駅前電停からJR福井駅西口広場まで約150m延伸させ、同時に越前武生駅方面からヒゲ線に直接乗り入れるための短絡線が整備されます。わずか150mの延伸ですが、JR、バス、路面電車が1箇所で乗り換え可能となり、公共交通機関の利便性が飛躍的に高まる事が期待されます。また、短絡線が整備されると越前武生駅方面から福井駅への所要時間が現状より3~5分短縮される見通しです。











IMG_2214_2014011421343344e.jpg


中心市街地の景観が一変する量の開発が行なわれている福井市。2015年の北陸新幹線金沢延伸に伴う開業効果は間接的に福井市にも及んでいます。また、着工された福井駅西口再開発ビルは北陸地方では久々の新規高層ビルなので完成がとても楽しみです。

関連記事
[ 2014/01/17 00:00 ] 北陸・甲信越 福井 | TB(0) | CM(1)

バスターミナルの円形の屋根がカッコいいです!!
[ 2014/02/02 16:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2186-64e8e607