大阪市営地下鉄-千日前線全駅にホームドア設置、御堂筋線-心斎橋駅、天王寺駅にも導入!

homesaku_rosennzu.jpg
大阪市交通局は2014年2月13日、野田阪神~南巽間の13.1kmを結ぶ地下鉄千日前線の全駅に可動式ホーム柵を設置すると発表しました。合わせてホームの端を嵩上げして、車両との段差と隙間を小さくする対策も実施されます。設置工事は南巽駅から始まり、来月15日の同駅の終電後から工事に着手、4月中に共用開始する予定です。その後はは南巽駅駅から西側に向かって順番に行われ、2015年2月までに千日前線の全駅に設置する計画です。

















image002-2.jpg




千日前線へのホームドア導入に伴い車両側の対応工事も行われました。車体側面のラインカラーは腰部に加えて、車両上部にもカラーテープを貼り付け、ホームドア導入後の視認性を確保する為の対策が施されました。また、ホームドア設置後のワンマン化を見据えて対応工事も行われました。
















dansasukima.gif



ホームドアの設置に合わせて、ホーム端の嵩上げも行われホームと車両の隙間が少なくなります。段差は0~15mm、隙間は最小20mmまで小さくなり安全性が高まります。以前今里筋線の各駅を取材した時に、車両との隙間が少なくて感心した事がありますが、それと同じ様な感じになりそうです。


大阪市交通局の地下鉄路線では、長堀鶴見緑地線と今里筋線、南港ポートタウン線でホームドアの設置が完了しており、御堂筋線でも2014年度中に心斎橋駅と天王寺駅に導入する予定となっています。利用客の多い両駅での運用が上手く行けば、他の駅への設置が一気に進むかもしれません。また、外来客に対するイメージアップにも繋がると思います。
関連記事
[ 2014/02/14 16:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

御堂筋線のホームドアは車両側の対応が間に合わないので、定位置停止装置等を使わずに使用するそうですね。
同様に定位置停止装置を使わないJR東西線は車両が20m級4ドア車で、ホームドアの幅を広くして余裕を作っていますが、御堂筋線は18m級4ドア車なのでドア幅にもあまり余裕はないはずです。オーバーランが起きなければ良いのですが…
[ 2014/02/14 17:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2235-f3bee800