新駅「箕面船場駅」前の再開発エリアに計画されている、関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)

計画が具体化している北大阪急行の延伸計画が、新たな再開発を誘発しています。

箕面市は2014年2月12日、北大阪急行の延伸で同市の船場地区に建設される予定の新駅「箕面船場駅」前の再開発エリアに、大阪大学と協力して「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」を整備する方針を明らかにしました。関係機関による連絡協議会を今月中にも発足させ、平成30年度の完成を目指して計画を具体化させる方針です。

同市の計画では、スポーツ科学やヘルスケアの研究所や芸術文化ホールなどの複合施設を整備、研究所では大阪大学の医学部と工学部の研究室がアスリートのための運動、リハビリ指導や、健康上の問題がない期間「健康寿命」を長くするための予防医学の研究を進める計画です。


箕面市は、「箕面船場駅」エリアの再開発の中核施設として、国立循環器病研究センターの移転を誘致していましたが、国立循環器病研究センターの移転先は昨年6月に吹田市の吹田操車場跡地に決まりました。箕面市は、「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」を国立循環器病研究センターに代わる再開発の核となる施設にしたい考えです。




箕面市では現在、北大阪急行線の延伸と同時に、新駅(新箕面駅、箕面船場駅。いずれも仮称)周辺のまちづくりについて検討を進めています。このうち、箕面船場駅周辺においては、大阪大学と箕面市が連携し、トップアスリートやダンス・バレエなどのアーティストの受け入れを視野に入れたスポーツ科学・医療・ヘルスケア施設と、芸術文化ホールなどを備えた総合施設の整備を検討しています。このたび、大阪大学、箕面市に加え、スポーツ関連施設などの運営主体となる候補企業数社、そのほか関係機関で構成する関係者連絡協議会を発足し、計画の具体化に向けて協議を進めていきます。

1.「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」構想について

「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」は、診療・研究部門、スポーツ&パフォーミングアーツ部門、ヘルスケア部門、ホールからなる総合施設とする予定で、各部門の連携により、総合施設ならではの相乗効果を狙います。

トップアスリートの運動器検診やリハビリ指導実践により蓄積したデータを基に予防医学研究を進め、住民に還元して健康寿命の延伸モデルをつくります。

「医の知の森」をコンセプトに、うめきたなどとの連携や特区制度の活用を視野に入れ、介護支援機器や光技術を用いたヘルスケア診断機器の開発を進めます。

パラリンピック選手のトレーニングの支援を行うとともに、機能障害補助機器の開発を推進します。

また、これらすべてのリソースを一般住民に広く還元することにより、運動機能の低下防止や介護予防など、住民の健康寿命の延伸をめざします。

関連記事
[ 2014/02/15 00:30 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(15)

北摂エリアは大阪っぽさが市内や泉州エリアと比べて薄いので転勤者にとって住みやすい地域かもしれませんね。
特に箕面市は自然が多いので良いです。
[ 2014/02/17 17:31 ] [ 編集 ]

画像は国立循環器病研究センターの誘致が成功した時のイメージですね。
「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」のイメージ図は産経のものしか見つかりませんでした。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140214/wlf14021415500031-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/photos/140214/wlf14021415500031-p1.htm
[ 2014/02/17 16:40 ] [ 編集 ]

さらに、御堂筋~北急ラインが発展しそうですね!
[ 2014/02/16 19:53 ] [ 編集 ]

お知らせ

同一IDでハンドル名を変えつつ、コメ欄を荒らそうとしている方が数名いましたので
関連コメを削除し関連した方全員にアクセス制限をかけました。
巻き込まれた方もいらっしゃるかもしれませんが、一定期間後に解除しますので
それまでお待ちください。

・ジュビロ頑張れさん、フォローありがとうございます。

・以前からモバイル端末、自宅PC、大学内PCなど複数の端末を駆使しつつ、荒らし的なコメントを続ける人がいます。
真面目な方をおちょくって楽しんでいる輩はスルーが一番です。よろしくお願いいたします。
[ 2014/02/16 14:09 ] [ 編集 ]

今は大阪から離れたところに住んでいますが、大阪はとても魅力的な街だと思います。
市内も、北大阪も、南大阪もそれぞれ良さがあります。
好みや個人的な感情はあるのは仕方ないとは思いますが、
こういう良質なブログのコメント欄で喧嘩になったりするのは残念です。
大阪の魅力の一つに「人の素晴らしさ」もあると思うので。
[ 2014/02/16 13:36 ] [ 編集 ]

転入者は出身地へアクセスしやすい所へ自然と住む傾向があるという説を聞いたことがあります。
大阪だったら新大阪駅へ近い北摂近辺に転入者が集まるのも頷ける話ですね。
[ 2014/02/16 10:01 ] [ 編集 ]

むしろ

このまま市街地を北へ引っ張り上げ、
国土軸へ近づく方が良いかと思います。

限りがあるリソースを徒花的に薄く広く撒いたがために、
国全体が疲弊してるのです。
国土の均衡な発展などは夢物語。

今後、人口や税収の大きな伸びが期待できないわけで、
選択と集中は止むを得ないでしょう。
贅肉を減らして筋肉質な都市を目指すべきです。
[ 2014/02/16 01:35 ] [ 編集 ]

格差といえば・・

私の知り合いで東京の下町出身の女性が、知り合った当初「私、東京とは思えないところで育ったの・・」と言ってたのをふと思い出したんですが(その時の私は「そしたら、東京と思えるとこってどんなとこやねん」と心の中で突っ込んだもんですが)、東京の東部(一部、西部にもありますが)の良く云えば庶民的なエリア、悪く云えば貧困エリアと西部の中流階層の住むエリアとの格差(あるいはざっくりと東京東部・千葉・埼玉と東京西部・神奈川の格差と云ってもいいのかもしれませんが)は大阪の南北格差の比ではないでしょう。
それは例えば東急や小田急沿線の駅前や街並みの雰囲気と京成や東武のそれとを比較したり、それらの路線の乗客の風体などを見比べたら露骨に感じることです。あそこまでの格差は大阪の南北間にはないですよ。
とりあえず大阪の場合、南海本線の高架化とそれに伴う駅前整備は進んでいるものの、高野線や近鉄大阪線・南大阪線の高架化が一向に進んでいないのが問題ですね。予算を重点的にあのあたりに回して少しでも南北格差を縮めるようにしてもらいたいものです。

(もっとも、個人的には、北摂で聞かれる大阪言葉が共通語に汚染されてる傾向が結構みられるのに対して南部では純正の大阪言葉がまだまだ守られてるようなので、仮に南北格差が縮まったとしても、よその人にはなるべく南部に住んでもらいたくないというのが正直なところですが。)
[ 2014/02/16 00:34 ] [ 編集 ]

>BEWさん
なるほど、そうなんですか。
僕も実際のところ所得格差について明確なデータが手元にある訳ではないので、1.5倍は流石に言い過ぎだろうとは思ってるんですが、北摂と大阪市以南では確かに住んでいる人々の服装とか立ち居振る舞いに差異が見受けられますね。
阪急と南港ポートタウン線に乗ってみるとそれがヒシヒシと伝わってきます。

南部はなにか手を打たないと不味いことになるんじゃないかなあ・・・
[ 2014/02/15 21:59 ] [ 編集 ]

>大阪府は南北で所得格差が1.5倍ある

北大阪、とりわけ北摂地区は、金持ちが金持ちを呼ぶ展開になってると思いますね。
統計やデータがある訳ではないですが、東京からの移住者も南大阪と比べたら、
圧倒的に北摂へ転居する人が多いと、地元の不動産業者も言ってます。
[ 2014/02/15 19:53 ] [ 編集 ]

千里・高槻の再開発に続き、箕面でも。
大阪の都心部は確実に北に移動しているようですね。
そういえば大阪府は南北で所得格差が1.5倍あると聞いたのですが、それが真実だとすると南の方もテコ入れしないと、そのうちイタリアみたいになってしまいそうで不安ではありますね。

もちろん、大阪の浮沈をかけた事業を進めるうえで集中と選択は必須でしょうが、南部切り捨てにならないよう、また南部の人々も
積極的に再開発を推し進めるよう、願いたいですね。
[ 2014/02/15 14:28 ] [ 編集 ]

箕面市の施設に大阪はつけにくいのかも、関西もない方が、日本を代表する施設のようでいいのでは。
欧米人はともかく、大阪という地名はアジア人では東京についで認知度が二位で、京都や北海道より高いということは日本政策銀行の調査結果にでている。直近のグーグルのストリートビューでもアジア、台湾、香港で、道頓堀、大阪城、梅田駅と地下街は人気10に入り、東京で唯一人気10に入った浅草寺より上位。こんなことは東京マスコミは報道しないし、国内の知識人も言わないから我々は勘違いするが、アジアでは大阪は一大ブランドである。
問題は市立といえ、国際級の施設かどうかで、中身の問題ではないだろうか。日本国内では東京他にあるのなら、それと違ってどんな特色があるかで、更に長期滞在なら宿泊施設はということではないだろうか。
箕面船場はソックに良く買い物に行ったが、そんな土地があったのかわからないが、ぜひ国際級の施設をつくってもらいたい。
[ 2014/02/15 10:07 ] [ 編集 ]

ibookさんに同感ですね。

対外的に日本の都市で知名度が高いのは広島(長崎)・東京・京都の順でしょうが、大阪ももちろん決して無名というわけではありませんし(そういえば先日観たアメリカ映画でビジネスに関する会話にさりげなく「OSAKA」が出てきてましたね)変に卑下したり萎縮したりすることなく、『首都・東京』を見習ってもっと積極的かつ厚かましく「大阪」をアピールしてもらいたいものですね。
”東京がすべて”の関東と違って独自性を持つ都市の多い関西とはいえ、大阪はどうも謙虚というか控え目にすぎると思います。

これから海外からの観光客2000万人を目指すのならこういうことも大事でしょう。

[ 2014/02/15 03:10 ] [ 編集 ]

なんにでも「関西」とつける習慣はやめた方がいいと思います。
大阪にあるのだから「大阪スポーツ科学〜」とすればいいのではないでしょうか。
ネーミング一つで認知度もいろんな面でかなり変わることを学ぶ必要があると思います。
[ 2014/02/15 01:45 ] [ 編集 ]

今日のロングさんは…

新情報満載ですね(^_^)!

北大阪急行の延伸に関連した新しい開発ですか。~スポーツ科学と長寿の研究~ これからの日本社会にとって、避けては通れない重要な課題に対応するためのもののようですね。 先日のHAT神戸の「超高層特養老人ホーム」もそうですが、これまでになかったタイプの施設が、この先の時代の変化・潮流に適合してゆくにはもはや不可欠なのでしょうね。
しかもこちらは、箕面市が国立循環器病センター移転後を見据えた再開発と言うこともあり、気合の入れ方も相当なものでしょう。

箕面市は北摂で緑豊かな土地柄ですから、健康科学分野の研究等には最適な場所だと思います。是非、良いものを造ってほしいと願います。
[ 2014/02/15 01:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2237-136dd439