納屋橋東第1種市街地再開発事業 14.09

1entry_img_2258.jpg



納屋橋東第1種市街地再開発事業は、名古屋市中区栄一目1番201番地に計画されている再開発計画です。再開発の対象面積は、約1万1000平米。再開発ビルは30階、高さ99mの高層マンション(約280戸)と地下1階地上3階建ての商業・業務施設で構成する。延べ面積は約6万8000平方メートル。
 
納屋橋東地区では、地権者による準備組合が1991年に発足し再開発を検討。2007年に住宅と商業施設の高層ツインタワービル建設を決めたものの翌年のリーマン・ショックで計画は白紙に戻りました。今回、準備組合が都市再生機構のサポートを受け、新たな計画を作成、実現に向けて動き出しました。


事業を進める「納屋橋東地区市街地再開発準備組合」は、14年4月に本組合を設立、再開発ビルの着工は15年2月で、17年6月の完成を目指しています。

【出典元】
納屋橋東地区第一種市街地再開発事









th_IMG_5827_2014102620403290f.jpg



現地の様子です。写真中央の古めかしいビルは「昭和ビル」です。











th_IMG_5834_20141026204032f0c.jpg


計画地に隣接する
劇団四季 シアター 新名古屋ミュージカル劇場の様子です。こちらは今回の再開発エリアの外にあります。













th_IMG_5831_2014102620403157f.jpg



堀川付近の様子です。遊歩道が整備され、中々雰囲気があります。











th_IMG_5659.jpg


最後はミッドランドスクエアから見た、納屋橋東第1種市街地再開発事業 の計画地付近の様子です。



関連記事
[ 2014/11/04 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2258-1c0513d5