新仙台放送会館移転整備

th_001_20140228000524ac6.jpg






NHK仙台放送会館は、1961年に竣工した現在の施設の老朽化・狭隘化が著しい為、新放送会館建設し移転させる計画が進んでいます。NHKは新仙台放送会館基本設計業務の委託に伴う公募型プロポーザルを実施、山下設計が最優秀提案者に特定されました。2015年2月までに実施設計を完了させ、着工し、17年5月の完成、18年1月の供用開始を目指します。事業費は建設費が91億円程度、放送設備費は40億円程度を見込んでいます。。



新放送会館の規模は、地上7階、地下1階建て、延べ2万0474㎡を想定、大震災の経験を踏まえ、免震構造を採用する他、非常時にも放送できるよう100時間分の自家発電用燃料タンクや、2系統受電化および空調エネルギーの多様化、蓄熱空調方式の採用のほか、非構造部材の耐震対策にも取り組む計画です。放送センター機能は4-5階に配置され、スタジオ機能は1階にテレビスタジオ、2階には公開スタジオが設けられます。視聴者対応機能として、1-2階吹き抜けの公開スペースのほか、1階には200席程度の多目的スペースが設置されます。
関連記事
[ 2014/02/28 00:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(1)

せめて低層部は当初の森トラストのビルに入居していたと仮定した感じの1階分床面積にしてほしかったですね
防災のためだったらなおさらです。
[ 2015/09/02 14:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2259-e182c6a4