東海道新幹線が23年ぶりにスピートアップ、最高速度は285km/hに向上!

entry_img_2282.jpg



JR東海は本日発表したニュースリリースで東海道新幹線の最高速度を引き上げると発表、現行の270km/hが285km/hにスピードアップされる事が明らかになりました!対象車両は最新形式のN700A及びN700系(改)。2015年春の時点ではおおよそ毎時1本が285km/hで運転され、その後車両更新と改造工事の進展に合わせて段階的に拡大する計画です。


【出展元】
JR東海ニュースリリース>東海道新幹線の速度向上について



≪速度向上等の概要≫

1.最高速度 : 285km/h (現行:270km/h)
2.対象車両 : N700A及びN700系(改造)
3.営業運転開始時期 : 平成27年春(予定)
4.運行計画 : 平成27年春の時点では、おおよそ毎時1本の285km/h運転を目指します。 その後、車両更新と改造工事の進展に合わせて、段階的に拡大する計画です。












th_IMG_1557.jpg


東海道新幹線のスピードアップは300系のぞみの登場以来23年ぶりの事で、新大阪〜東京間の到達時間が2〜3分程度短縮される見込みです。また来月3月15日に実施されるダイヤ改正では、新大阪〜東京間の「のぞみ」の運転本数が最大で1時間10本に増発されるそうです。東海道新幹線のスピードアップについては、京都ー米原間で330kmになる!?などの噂や憶測が飛び交っていましたが、実際一番現実的なラインである285kmに落ち着きました。
関連記事
[ 2014/02/27 20:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(3)

高速走行は消費電力の増加等経営面でマイナスもあるので、一概に
良い経営判断かどうかは分かりません。利用者としては価格が据え置きで
速度が早くなるので手放しで喜ぶべき話です。

N700Aに搭載された定速装置と合わせて走行時間を短縮できれば余裕時分を
削ることも出来ます。余裕時分に当てるのであれば、定刻通りに走っている限り
全く消費電力を増やすこともなく時短出来るのですから不思議なものです。

さて山陽新幹線ですが、そもそも360km/hで走行可能な規格で建設されていますが、
騒音基準のせいで現実的にはこれ以上の高速化は難しいのでは無いでしょうか。
JR東日本が東北新幹線で360km/h運転を始めたらその技術を移転する形で実現される
と思います。それはいつになることやら…
[ 2014/03/03 22:35 ] [ 編集 ]

デジタルATCのおかげで車間距離を縮めることが出来るようになったので、スピードアップが可能になったんですね。
[ 2014/02/27 21:29 ] [ 編集 ]

ついに速度向上となりましたね。
とはいえ、最初JR東海が当初から言っていた300km/h運転については会見でも否定しなかったので、
将来的な更なる速度向上は見据えていると思われます。
285km/hに留めたのは、既存の270km/h走行する先行列車に追いつくことを防ぐ意味もあると思われます。
今後、N700A化が進むにつれて、300km/h化となるのではないでしょうか。
個人的にはJR西がこの動きに合わせて、山陽新幹線でも速度向上を行ってくるかどうかにも興味がありますが。
[ 2014/02/27 21:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2282-edebff31