大手町タワー(THE OTEMACHI TOWER)

th_IMG_6735.jpg


大手町タワー(THE OTEMACHI TOWER)は、東京都千代田区大手町一丁目に建設された、地上38階、高さ199.70mの超高層ビルです。計画地は、みずほ銀行大手町本部ビルと大手町フィナンシャルセンター跡地で、オフィス、高級ホテル、店舗の複合高層ビルとなっています。













th_IMG_6729.jpg 





【スペック】
名称:大手町タワー
所在地:東京都千代田区大手町一丁目6-6他
階数:地上38階、塔屋3階、地下6階
高さ:199.70m
構造:地上:S造(CFT柱)、地下:RC、一部SRC造
杭・基礎 :直接基礎
主用途:オフィス、ホテル、店舗
敷地面積:11,037.84m²
建築面積:5,880.34m²
延床面積:198,390.13m²
建築主:東京プライムステージ、東京建物、大成建設
設計者:大成建設
施工者:大成建設
着工:2009年11月30日
竣工:2014年04月30日(予定)










大手町タワーth_IMG_6731.jpg


低層部の様子です。商業ゾーン OOTEMORI(オーテモリ)が入居しています。












th_IMG_6821.jpg




高層部の様子です。大手町タワー(THE OTEMACHI TOWER)の高層階にはAMAN,TOKYOが入居します。アマンリゾーツグループは、究極の隠れ家」と称されるホテルグループで、「アマンプリ」「アマンダリ」など国際的に高い評価を受ける最高級ラグジュアリーホテルを展開しています。同グループは、世界17ヶ国・26のリゾートホテルを展開しています。また、アマンリゾーツグループは最高のサービスを提供するために、部屋数を50部屋以下に抑えたスモール・ラグジュアリー・ホテルである事も特徴です。









th_IMG_6855.jpg 


大手町タワーは高さ約200mの超高層ビルで大手町界隈でも最高峰の高さを誇りますが、延べ床面積が20万㎡に迫る巨大ビルの為、それほど高く感じません。











th_IMG_6823.jpg 



大手町タワーの敷地内約3600平方メートルの森「大手町の森」が作られました。自然の森の創出を目指して整備された大手町の森は、箱庭的な人口庭園ではなく、枝葉の充実した樹木のほかに 、あえて太陽を求めて細々と高く伸びた樹木(通称"負け木")も植えることで、多様な自然の姿を再現しているそうです。高木・中低木・地被(地面を覆う背の低い植物)合せて100種ほどが植えられています。









th_IMG_6819.jpg


最後は、少し引き気味で見た大手町タワーの様子です。



関連記事
[ 2014/05/03 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2329-070187a2