4月4日12時に開業するエキモ梅田(ekimoうめだ)のオープン直前の状況

 th_IMG_1040.jpg


ekimo(エキモ)梅田は、地下鉄御堂筋線-梅田駅の中改札と南改札を結ぶ通路沿いに誕生する、いわゆる駅ナカ商業施設です。大阪市交通局はサービス向上などのため『御堂筋線梅田・なんば・天 王寺駅「駅ナカ」事業』の運営管理者を募集し、2011年7月に南海電鉄グループの南海商事株式会社と東急不動産株式会社を選定しました。2013年4月18日(木)に開業したekimo天王寺を皮切りに、2013年秋のなんば駅、2014年春の梅田駅の順で、大阪市営地下鉄御堂筋線の3大ターミナルに、駅ナカ商業施設を順次開業していく予定です。


施設名称「ekimo(エキモ)」に は、これからは「駅も街の魅力をサポートする」「駅も街の機能や利便性をサポートする」「駅も街の情報発信をサポー トする」、“街のサポートステーション”という開発への想いが込められたほか、それぞれの駅の個性に合わせた“+α”を提案するという、「もっと」 「more」の意味も持たせたそうです。



→大阪市交通局が御堂筋線の梅田、なんば、天王寺の3駅で「駅ナカ」事業を展開!













th_002_201403012222305ca_2014040213294808c.jpg 


エキモ梅田の場所はこちら。御堂筋線梅田駅の中改札と南改札を改札外で南北に結ぶ地下通路沿いに開業します。
売り場面積は572平米で全14店。国内初出店となるイタリアのファッション店「カルツェドニア」や、駅ナカ商業施設で全国初となる腕時計の「スウォッチ」が入居するほか、靴、かばん、傘の修理店舗などが入居します。












th_IMG_1039.jpg


前回の撮影が2014年2月だったので約1ヶ月振りの取材です。前回取材時はまだ工事真っ盛りの状況で本当に4月4日のオープンに間に合うのか心配しまたが、今回訪れてみると商業施設が見事に出来上がっていました!さすがですね〜。











th_IMG_1033.jpg



天井付近の様子です。一部が鏡張りになっている他、間接照明を効果的に使う等、圧迫感を軽減する工夫がされています。














th_IMG_1032.jpg


ここの通路は比較的マニアックな存在で知名度は低かった(個人的な感想)気がしますが、今回、エキモ梅田としてリニューアルが行われた事で歩行者の通行量が劇的に増えそうな気がしました。

エキモ梅田ですがJR大阪駅の御堂筋コンコース内にある地下鉄行きエスカレーターを利用すればすんなり行く事が出来ます。逆にホワイティから大阪駅1階レベルに移動する際に「階段はしんどい」と思ったら、エキモ梅田を経由し御堂筋線梅田駅中改札付近を通りエスカレーターを使えば楽です。

オープンが明日に迫ったエキモ梅田。開業後にもう一度取材したいと思います。




関連記事
[ 2014/04/03 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

エキモ完成しましたね。個人的には期待以上の仕上がりです。
(いわゆる今どきのモールと同じ様なカンジではあるんですが、照明の使い方なのか通りが狭めなせいなのかキラキラ感の密度が高めなようにカンジました。)
ここは短い区間ですが人通りがあるのに老朽化が進んでいた地下通路でしたので、再都市化としてはなかなか有効な一手だったのではないでしょうか(^^)
[ 2014/04/05 23:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2376-dde22648