北陸新幹線-金沢駅 14.03

th_IMG_0150_2014040620031671d.jpg




北陸新幹線は、上信越・北陸地方を 経由して東京都と大阪市とを結ぶ整備新幹線計画で、1997年に東京駅から長野駅までの区間が部分開業しました。現在、長野~上越~富山~金沢間の延伸工事が進められており、2014年度末(2015年3月)の開業が予定されています。北陸新幹線の延伸区間が開通すると東京 - 富山間は約2時間10分、東京 - 金沢間が約2時間30分(現在約4時間)で結ばれる事になります。









th_IMG_0153_201404062003383e9.jpg



新幹線駅舎の様子です。クローラークレーンなどの重機は全て姿を消し、外観は完成状態になりました!












th_IMG_0193_201404062003152de.jpg


正面左側の新幹線駅舎の様子です。新しく建設されたこの部分は既存の
もてなしドームを拡張した様なイメージでデザインされており、とても自然な感で既存の施設に自然な感じで溶け込んでいいます。











th_IMG_0191_20140406200313052.jpg


駅正面「もてなしドーム」のゆるやかで優美な曲面屋根は、金沢のまちを流れる浅野川と犀川を表現し、開放的な大きな壁面でまちへの視界を確保しています。












th_IMG_0200_20140406200312e65.jpg


金沢までの延伸開業まで約1年。JR西日本が製造する北陸新幹線向け車両W7系は4月中旬に神戸港から海上輸送され石川県内の白山総合車両所に搬入されるそうです。また、姿を表した新駅舎や高架線を見ると、「ああ、新幹線がくるんやなぁ・・」という実感が湧いてきました。







【おまけ】







th_IMG_0027-001_20140406200310c63.jpg



駅の高架化以来の大規模なリニューアル工事が始まった金沢駅。土産物店が軒を連ねていた金沢百番街が工事に入り閉鎖された為、テナント店舗が中央コンコースに設けられた仮設店舗で営業を開始、日曜の夕方などは大変な混雑になっており、まるで天王寺駅のような人波でした! 
関連記事
[ 2014/04/06 20:00 ] 北陸・甲信越 金沢 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2391-8521cde0