オープンしたエキモ梅田


th_IMG_1523.jpg



ekimo(エキモ)梅田は、地下鉄御堂筋線-梅田駅の中改札と南改札を結ぶ通路沿いに誕生する、いわゆる駅ナカ商業施設です。大阪市交通局はサービス向上などのため『御堂筋線梅田・なんば・天 王寺駅「駅ナカ」事業』の運営管理者を募集し、2011年7月に南海電鉄グループの南海商事株式会社と東急不動産株式会社を選定しました。2013年4月18日(木)に開業したekimo天王寺を皮切りに、2013年秋のなんば駅、2014年春の梅田駅の順で、大阪市営地下鉄御堂筋線の3大ターミナルに、駅ナカ商業施設を順次開業していく計画です。


施設名称「ekimo(エキモ)」に は、これからは「駅も街の魅力をサポートする」「駅も街の機能や利便性をサポートする」「駅も街の情報発信をサポー トする」、“街のサポートステーション”という開発への想いが込められたほか、それぞれの駅の個性に合わせた“+α”を提案するという、「もっと」 「more」の意味も持たせたそうです。



→大阪市交通局が御堂筋線の梅田、なんば、天王寺の3駅で「駅ナカ」事業を展開!












th_IMG_1528.jpg 




4月に入り大阪を撮影する時間があったのでオープンしたてのエキモ梅田に行ってきました。こちらはエキモのエントランスのアイコンになっている真っ赤なアーチとエキモ時計の様子です。このエキモ時計は先にオープンしたエキモ天王寺エキモなんばにも設置されています。




















th_IMG_1540.jpg



エキモ梅田の様子です。うーん、以前の薄暗かった通路からは想像も出来ないほどの変貌振りです。
















th_IMG_1544.jpg




全体的なデザインは、先にオープンした
エキモ天王寺エキモなんばと同じテイストでまとめられています。











th_IMG_1538.jpg


エキモ梅田にあるSwatchの専門店です。














th_IMG_1547.jpg



ついにオープンしたエキモ梅田。以前は地味で通り抜ける利用者も少なかったこの通路が一気にメジャーになった感じがします。僕はホワイティからJR大阪駅に向かうときは串カツ屋のある小さい階段から地上に上がるルートか、中央コンコースまで歩くパターンが多かったですが、今後はエキモ梅田経由→御堂筋線梅田駅中改札前→エスカレータ→JR大阪駅御堂筋口のパターンになりそうです。

関連記事
[ 2014/04/21 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

エキモが、完成して今度は、谷町9丁目

やっと 梅田駅のエキモも出来て 改装前よりは、にぎやかになってますます発展しそうです。このまま 谷町9丁目の谷町線の八尾南行き方面コンコースから、近鉄のコンコースまで、エキモが出来たら良いかなって、思います。平日は、通勤客 休日は、奈良、伊勢志摩の観光客や買い物客など取り込めるようにしたいと思う。
[ 2014/04/25 08:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2420-0787edfc