カジノを設置したIR(統合型リゾート)の候補地は夢洲が有力、投資額は5000億円以上!

 th_IMG_4408.jpg



カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府と大阪市は、夢洲を軸とした大阪市内ベイエリアを候補地として推進してゆく事を決定、東京五輪が開催される2020年までの一部開業を目指すそうです。





カジノ誘致は「夢洲」軸に調整 鉄道延伸も検討 大阪府・市

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140422/waf14042218470030-n1.htm

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府と大阪市は22日、「夢洲(ゆめしま=同市此花区)を軸とした大阪市内ベイエリア」を候補地として推進していくことを決めた。東京五輪が開催される2020年の開業を目指す。松井一郎知事と橋下徹市長が出席した府市の「IR立地準備会議」で確認した。府市は開会中の通常国会でIR関連法案が通過することを見越し、大阪の候補地を具体的に打ち出すことで投資に関心を示す海外のIR事業者にPRする狙いがある。

夢洲地区は今後埋め立て整備する分も含めると約150ヘクタールと広大で、都心部から主要交通機関を使うと30分以内でアクセスできる利便性が評価された。

 この日の会議で、橋下市長はさらに利便性を高めるため、夢洲地区へ乗り入れる鉄道インフラ整備を検討するよう市担当部局に指示したことを明らかにした。大阪市営地下鉄やJRの延伸を軸に試算しているといい、1兆円規模の投資を目指すことも確認された。橋下市長は「IR誘致は国際都市間競争に勝っていくための象徴的な事業。国から与えられるのではなく勝ち取っていきたい」と意気込みを語った。








th_IMG_4409_2014042723473967b.jpg



大阪府・市が考えているIR(統合型リゾート)とは、全体面積の3~5%に過ぎないカジノなどのゲーミング部門が事業全体の50~80%の収益を上げ全体収益の核となることで、劇場やアリーナ、美術館、博物館、国際会議場、展示会といった採算性が不安定なエンターテインメント部門とコンベンション部門(MICE)を支える仕組みの事です。IRの代表的な成功例は、シンガポールのマリーナベイ・サンズが有名で、大阪府・市は大阪ベイエリアにマリーナ・ベイ・サンズに匹敵する巨大IRの誘致を目剤しています。













th_IMG_4417.jpg



マリーナ・ベイ・サンズがシンガポールにもたらした経済効果は物凄いです。少し古い統計ですが、横浜市が纏めたレポート(PDF)が解りやすかったので一部引用させて頂きました。


マリーナ・ベイ・サンズの直接雇用は9,000人、関連雇用効果で30,000
人、建設投資に5000億円。税収は2010年4月~1 2月の期間で力ジノ税と消費税だけで、4億4000万S$(約360億円)、シンガポール人と永住者に課せられる入場料はが1億3000万S$(107億円)です。通年なら合計670億円程度になります。これはリーマン・ショック後の経済が落ち込んでいた時期のオープン直後の数字なので、現在はさらに増えていると思います。また、付帯施設での消費、ホテルの宿泊費や食事代、シンガポール自体への来訪者の増加など経済効果は計り知れないです。これだけの収益が見込めるからこそ、マリーナ・ベイ・サンズの様なとてつもない施設が出来たのでしょうね。

※1シンガドル=82円で計算








th_IMG_4397.jpg



IR(統合型リゾート)の誘致を目指している夢洲の現在の様子です。ご覧のとおり広大な空き地が広がってます。松井知事と橋下市長の思惑通りIRの誘致が成功すれは、この広大な空き地が莫大な税収を生み出す、金の玉子を産む鶏に生まれ変わります。IRが生み出す経済効果を武器に交通インフラの整備や文化施設の整備、電柱電線の埋設など都市景観の整備などが一気に進むかもしれません。














th_IMG_4405.jpg


大阪府の松井知事は、これまでにマカオのカジノを運営するメルク・クラウン・エンターテインメントをはじめ、シンガポールのマリーナベイサンズを運営するサンズ、リゾートワールドセントーサを運営するゲンティン、ラスベガスのシザースの海外事業者4社と会談したそうです。全世界でも屈指の経済規模を誇る大阪・京阪神圏、広域では西日本全域をターゲットに出来る為、カジノ運営の大手は大阪への進出に非常に意欲的です。


カジノについてはマイナス面ばかりを強調して反対を唱える風潮がある事が気がかりです。高額な入場料(1回1万円程度)を設定し、敷居を高くする事で低所得者層の中毒者を排除し入場審査があるカジノは、駅前立地で子供でも誰でも自由に出入り出来るパチンコ屋に比べれば遥かに健全な施設なのですが・・・。カジノ批判をする人(有識者など)はまずパチンコ全廃を唱え、全力で運動した方が良いのでは無いでしょうか?


大阪のライバル都市となるシンガポールや香港(マカオ)、ソウルなどは普通にIRを持っています。東京もIRの誘致に声を上げ始めました。ライバル都市との国際競争に伍してゆくには、IRの誘致は必須条件であって、あって当然、無ければば勝負にならない、重要な施設だと僕は思います。


関連記事
[ 2014/04/29 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(25)

MGM osaka

海側から見た画像もあった!

http://www.innovategaming.com/wp-content/uploads/2014/09/mgm-osaka-render2-ss.jpg
[ 2014/09/09 19:08 ] [ 編集 ]

別方向からの画像あり。斬新なデザインの超高層タワーホテルだ。


MGMは大阪カジノを想定?
2014.09.07

https://www.pidea.jp/news/show/mgm%E3%81%AF%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%8E%E3%82%92%E6%83%B3%E5%AE%9A%EF%BC%9F/

9月4日、MGMリゾーツ・インターナショナルはウェブサイト上で、日本での統合型リゾートの開発プランを記したプレゼンテーション資料を発表した。
この資料は、4日に東京で開催された「MIZUHO Investment Conference」で、同社社長のビル・ホーンバックルがプレゼンを行う際に提出したもの。

「日本版統合型リゾートに向けた我々のビジョン(意訳)」と題されたこの資料は、日本版IRの完成予想図(写真)が含まれており、「MGM Osaka」と題して掲載している。
資料は、これを「日本独自のランドマーク」になるとし、「ラスベガスやシンガポールのコピーではない」と解説する。
また、IRの開発・運営に関しては「日本のリーディングカンパニーとの合弁により行う」とし、「MGMマカオ」を運営するMGMチャイナ(香港企業・信徳集団との合弁)と同じような進出形態を取ることを示している。
同時に、「周辺地域の観光地や商業施設、市民との共生」、「MICE(国際会議・展示会)機能の整備」、「クールジャパンの発信」など、日本がIRに期待する事項も数多く盛り込まれている。
なお、同資料では、日本版IRへの投資額は最低5,000億円とし、フルタイムの従業員数を約10,000人と算出している。

※画像はMGMリゾーツ・インターナショナルのプレゼンテーション資料「Our Vision For A Japan Integrated Resort」より抜粋
[ 2014/09/09 15:25 ] [ 編集 ]

焦点:大阪カジノ構想で目指す関西復権、海外も食指
2014年 05月 7日 20:14 JS

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DN0Q320140507
[ 2014/05/07 22:52 ] [ 編集 ]

こうしてまた大阪の負の遺産コレクションが増えていくのだった・・・
[ 2014/05/04 15:20 ] [ 編集 ]

カジノはパチ業界にとっては追い風かな、ターゲット層は被らないしカジノ法案が通ればパチ合法化も容認の流れが出来そう
カジノを熱心に推してる橋下のお得意企業マルハンはマカオにも進出しているしカジノ計画にもかんでくるのは間違い無い
[ 2014/05/03 02:16 ] [ 編集 ]

多くの人口がありながら首都圏ほど豊かな税収がなく諸問題を抱える大阪にこそカジノは必要不可欠だと思います。
この誘致に手を上げずしてどうやって大阪を運営していけというのか。これよりも有効な策などない。
関空・USJや都心の繁華街へのアクセス、そして旅行者を京都や神戸へもつなげていくためにも
場所は夢洲を含むベイエリアしかない。
[ 2014/04/30 10:58 ] [ 編集 ]

カジノ誘致で商都復活へ

IRはカジノだけでなく、見本市会場、会議場、ホテル他の複合施設である。
夢洲は港湾施設や物流施設で殺風景だが、150万㎡という広大な空き地があり、カジノに併設して世界基準の20万㎡を超える見本市会場を設立することも可能、インテックスは小さい、お台場、横浜、名古屋は10万㎡を計画中だが、中国では40万㎡があり、計画も多い。
更にはとん挫したパラマントの誘致も可能。一躍国内一の観光都市となり、見本市会場と大阪取引所が総合取引所として商品先物取引を行ない、連携すれば、情報が大阪に集まり、商都として復活する。行政も単に大阪を観光都市としてだけでなく、商都復活、金融都市としての再生を行うことを期待したい。そうなれば関連を含め、20万以上の雇用も期待できる。
その起爆剤となるカジノの誘致は絶対必要。
[ 2014/04/30 10:58 ] [ 編集 ]

確かに日本の場合、カジノを造っても中途半端でセコイものになりそうで期待できなそうです。
こういうエンターテインメント施設の充実度ではシンガポールや韓国に敵うとは思えない。日本にできるならとっくにやってるはず。
[ 2014/04/29 21:22 ] [ 編集 ]

まず、カジノが地域振興になると言う妄想は、捨てた方が良いと言うのが私見です。
確かに、色んなインフラが整備させるのは間違い無いでしょうが。

当方は、大阪が世界のOSAKAになる為の金の卵は、
グラフロの「ナレッジキャピタル」だと思ってます。
確かに大きな税収は生み出さないかもしれないですが、
素晴らしい人財(「人材」ではなく)や物が生み出されるポテンシャルを秘めていると思います。
[ 2014/04/29 20:58 ] [ 編集 ]

パチンコにはパチンコの良さがあるって言ったってどう考えても法整備しない限り違法賭博なんで。
[ 2014/04/29 19:07 ] [ 編集 ]

英語圏・中国語圏の客を呼び込んで金を巻き上げる、という話ではないのですね。
あまりのレベルの低さに失望しました。

まあスマホの課金ゲームで巻き取れないパチンコ中毒患者を、
正しく納税する賭博へ誘導するという価値は有るのかもしれませんが・・・
[ 2014/04/29 18:28 ] [ 編集 ]

>儲けを韓国に使うパチンコと国や地域経済に還元されるカジノとは雲泥の差がありますよ

こういう質の低い陰謀論はやめたほうがいいよ
[ 2014/04/29 18:13 ] [ 編集 ]

パチンコの三店方式は明らかに違法だよ。
今仮にに誰かがネット賭博でも野球賭博でも初めて、その際三店方式で金銭の授受を行っていたらどうなると思う。見逃してくれる?んなわきゃーない、絶対捕まるよ。
(あるいはヤクザ屋さんがやってきて”誰に断って云々・・”っていうハメになる)
今パチンコの状態は戦後の歴史的経緯とか警察の天下りとか色々あって見逃されてるっていう特殊な状況。
・一つは全廃
・もう一つは合法化。そうなればルールに則っていれば(例えば公営ギャンブルと同じに国や地方自治体に財政的貢献を義務化するとかetc)どんな会社・個人でもギャンブルの胴元を始められるようになる。

どっちの道でもいいし、どっちを選ぶかは民主主義的手続きに従えばいいけど、現状はフェアとはいえない、変えていくべき。
[ 2014/04/29 17:48 ] [ 編集 ]

そういう決めつけが印象操作でしょう
[ 2014/04/29 16:04 ] [ 編集 ]

儲けを韓国に使うパチンコと国や地域経済に還元されるカジノとは雲泥の差がありますよ
[ 2014/04/29 15:35 ] [ 編集 ]

ビルマニアはパチンコが再開発や都会的な景観に反するから批判の的にしがちですが
カジノもパチンコも娯楽として楽しいから成り立つものですよ。
その次に経済効果がついてくるんです。
カジノが一定所得者以上の娯楽なら、パチンコは気軽に楽しむ敷居の低い娯楽として住み分けは出来ます
逆にここではカジノを認めさせるためにパチンコのマイナス面ばかり強調してるように思いますが。

私はカジノにもパチンコにも賛成です。
そもそも互いに揚げ足の取り合いばかりして、安易に規制の風潮を広める事の方が残念でなりません。
[ 2014/04/29 14:50 ] [ 編集 ]

維新の政策は失敗続きだから信用出来ないんだよね
慎重にした方がいいよね
[ 2014/04/29 13:54 ] [ 編集 ]

パチンコ全廃大賛成派、カジノ賛成派、(競輪競馬容認派)です。
別に順序は拘らないです。出来る事からはじめたらいいと思う。

もしもカジノでパチンコに打撃が与えられるならそれに越したことはないし。
[ 2014/04/29 13:31 ] [ 編集 ]

概ね同じ意見だけど、カジノ自体は成功はしないと思う派
[ 2014/04/29 12:57 ] [ 編集 ]

そうですね。
カジノを誘致するのなら、電力を無駄に浪費し、車内置き去りなどの悲惨な事件を起こし、景観を壊す元凶であるパチ屋を全廃してからにすべきです。
[ 2014/04/29 12:35 ] [ 編集 ]

ちゃんと順を踏まないと。
まず、パチンコの全廃。次いで、カジノ。
この順を間違えたら意味ないだろうね。
[ 2014/04/29 11:33 ] [ 編集 ]

おっしゃるとおりだと思います。IR誘致は地盤沈下が続く大阪の起死回生の一撃になると思います。マイナス面もあるんでしょうが、アジアの大都市に大阪が生き残るために是非とも実現して頂きたい。梅キタ2期も控えてますし大阪が一気に飛躍することを願います!
[ 2014/04/29 07:55 ] [ 編集 ]

>カジノ批判をする人(有識者など)はまずパチンコ全廃を唱え、全力で運動した方が良いのでは無いでしょうか?


そのとおりだ
 大阪のIRを批判するものは、パチンコ業界の回し者か大阪が発展するのが嫌なやつか、どちらにしろまともな連中じゃない
  
[ 2014/04/29 05:03 ] [ 編集 ]

最初から決めつけるのは…

いかがなものか思いますよ、名無しさん。
[ 2014/04/29 02:14 ] [ 編集 ]

たぶん無理じゃないかな
[ 2014/04/29 00:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2444-b310846d